2020年07月18日

中京記念、函館記念、WIN5予想

ギルデッドミラーとプリンスリターン。古馬がふがいなさそうなので3歳馬2頭を狙う。
古馬は前走の内容を見ればソーグリッタリング、ラセットあたりか。ただ、土曜の阪神は未だに前が残る馬場状態だった。それならベステンダンクだろう。
矢作厩舎の2頭出しは気になるが、ミッキーブリランテは強いと思わないし、エントシャイデンは大外枠が不安。
ケイアイノーテックはここ3走の内容が悪くない。ただこうやって狙えるような状態になって人気が出た時に来るような馬ではなさそうな気もする。

◎ベステンダンク 1
○プリンスリターン 10
▲ギルデッドミラー 15
△ケイアイノーテック 7
△ソーグリッタリング 11
△ラセット 13
ワイド各100円 1-10 1-15 1-7 1-11 1-13 10-11
自信度★★☆☆☆


これ、この中に本当に勝ち馬がいるのだろうか。それくらいメンバーが弱い。
まだ狙ってもいいと思えるのは、小回りコース全勝、大回りコース全敗と分かりやすい成績のカウディーリョくらい。
実績のあるニシノデイジーは枠が悪い。最近の成績を見ると、そよ枠の不利を跳ね返しても勝てるほどの強さは感じない。
そうなれば、ハンデも考えてバイオスパーク、プレシャスブルーあたりになるのか。
藤沢和雄3頭出しのどれかとも考えたがどれもイマイチ。騎手を見ればレイエンダなのだとは思うが。
去年2着のマイネルファンロンは去年のような前残りに恵まれるかどうか。
もしかしたらで気になっているのはアドマイヤジャスタ。2桁着順続きだったが前走は6着。G1で2着の実績馬が復活の兆しを見せたのか、それともたまたまなのか。最近ローカルで勝ち星を稼いでいる吉田隼人が鞍上なのも怖い。ただ、これだけの外枠ではやはり狙いにくい。
穴はベストアプローチ。前走は2年ぶりのレースだったが、3コーナーで上がっていく脚は見どころがあった。2年ぶりの前走を叩いたここは勝負のレースではないか。

◎ベストアプローチ 8
○カウディーリョ 5
▲プレシャスブルー 12
△バイオスパーク 2
ワイド各100円 5-8 8-12 2-8 5-12 2-5
自信度★☆☆☆☆


2020年7月19日WIN5予想
1レース目:5、7、10、13
2レース目:
3レース目:5、8、12
4レース目:1、7、15
5レース目:、13
計72点

結果:2レース的中
訳の分からない福島を1点で当てられたので十分満足。
posted by ナイト at 21:05| Comment(0) | 2020年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください