2020年09月03日

新潟2歳S、キーンランドC、小倉サマーJ結果

新潟らしい外に広がっての差し比べだったがショックアクションが好位から突き抜けた。新馬は敗れていたが未勝利が楽勝で、今回も完勝。新馬では本来の力が出し切れなかっただけで、これが真の実力と考えたい。
上位人気3頭での決着となったが、勝ったショックアクションの力が少し抜けていた。
2着のブルーシンフォニーは直線で全く付いて行けず、力の差を感じた。
3着のフラーズダルムは勝負どころでの反応が悪く、一旦置いて行かれてしまった。最後はよく伸びていただけに力はありそうだが、馬体重プラス12キロの影響があったのかもしれない。

1着:ショックアクション ▲
2着:ブルーシンフォニー ○
3着:フラーズダルム ◎
4着:ファルヴォーレ
5着:シュヴァリエローズ
結果:ワイド1020円的中 +420円


想像以上の大雨で、外枠の5頭での決着というあまりにも極端なレースだった。
その中でも実力のあるライトオンキューが早めに動いたが、それを最後に外から差し切ったのはエイティーンガール。シルクロードSで展開が向いたとは言えモズスーパーフレアを差していた馬なので、渋った馬場の末脚勝負はこの馬の得意な条件だったのだろう。
ただ、何よりも今回はとにかく特異な馬場状態で、今後の参考にはしにくいレースだった。

1着:エイティーンガール ◎
2着:ライトオンキュー ○
3着:ディメンシオン
4着:アスタールビー △
5着:ヤマカツマーメイド
結果:ワイド730円的中 +130円


スプリングボックスが重賞初制覇。前走は展開が向かなかっただけなので、重賞で安定してこのくらいの成績は出せるのだろう。
逆に1番人気のマンノグランプリは前走が展開に恵まれただけで、しかも後ろからの馬なので東京なら通用しても小倉ではなかなか勝負にならないのではないか。
2着のブレイクスピアーは前走不良馬場で大楽勝していたが、今回は良馬場でも重賞2着と、馬場の影響ではなく本当に力を付けていた。
3着はここに来てまさかの復活となったハルキストン。
2戦続けて4着となったマイネルレオーネは重賞ではここまでの馬かもしれない。2勝している福島でこその馬かもしれない。

1着:スプリングボックス ◎
2着:ブレイクスピアー
3着:ハルキストン
4着:マイネルレオーネ ○
5着:クリノライジン(同着)
5着:タガノグルナ(同着) ▲
結果:-500円
posted by ナイト at 21:00| Comment(0) | 2020年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください