2020年09月05日

小倉2歳S、新潟記念、WIN5予想

台風で開催されないと思っていたので、まともに予想していない。過去最大級と言われていても、JRAは無観客だからやってしまえという考えなのか。高速道路がストップしたりして、馬が厩舎に戻れないなんてトラブルが起きなければいいが。
アールラプチャー、セレッソフレイム、フォドラ、フリード、メイケイエール、モントライゼの6頭にはすぐに絞れた。
騎手とこれまでの成績を考えればモントライゼが本命でいいか。太宰、小牧は本命にする気にならない。
前走がレコード勝ちのフリードは新馬は1400mで負けており、雨が降ってタフな馬場になれば不安がある。
フォドラは函館2歳Sで逃げて粘れなかったので力不足な感じだが、そのキャリアがプラスに働くかどうか。この枠ならまたも逃げの一手だろう。
メイケイエールは良馬場での勝ちタイムが平凡だが、全く追わずに持ったままの楽勝だったので、真の実力はどれほどなのか。
しかし、もしモントライゼが勝つなら、新馬でこれに勝った話題のヨカヨカは九州産馬と思えないくらいの強さということになりそうで楽しみになる。

◎モントライゼ 9
○メイケイエール 8
▲セレッソフレイム 6
△フリード 10
△アールラプチャー 5
△フォドラ 2
ワイド各100円 8-9 6-9 9-10 5-9 2-9 6-8
自信度★★☆☆☆


驚くほど微妙な力関係のメンバー構成なので迷うのだが、先週のレースを見るとかなり外差し馬場になっているのではないか。とりあえず、後ろから行く馬に絞る。
アイスストーム、インビジブルレイズ、カデナ、ゴールドギア、サトノガーネット、サトノダムゼル、サンレイポケット、ピースワンパラディ、プレシャスブルー、ワーケア。
ここから、内に入ったインビジブルレイズ、ピースワンパラディ、サトノダムゼルを捨てて残ったのが7頭。
同じコースの新潟大賞典3着馬プレシャスブルーは熱中症で調子を落としたようで、ここは捨てて残ったのは6頭。
本命はこの中で一番外のサンレイポケット。ハンデも手ごろなので狙いたい。
対抗はワーケア。強いのかよく分からない馬だが、一応はダービーで3番人気になるレベルの馬なのだろう。コントレイル、サリオス以外の3歳のレベルの低さは気になるので本命にはできなかった。
末脚ならもちろんカデナが抜けているが、58キロのハンデが不安。それならエンジンさえかかれば末脚は驚異のサトノガーネット。
良馬場ならアイスストームだが、メイSは3、4コーナーでロスなく内を回って、直線も進路が簡単に見つかっての差し切り勝ち。しかもハンデが2、3着馬より1キロ軽く、そこまで評価できる内容ではなかった。それでいて今回は56キロのハンデを背負うし、鞍上が柴田大知と、あまり強調材料はない。
ゴールドギアは距離が長いかもしれないが一応押さえる。新潟のスピード勝負に対応できるかどうかも不安だが。
小倉記念を勝ったアールスターはハンデ3キロ増で通用するだろうか。小倉記念のレース回顧でも書いたが、3着馬と10レースの3勝クラスの勝ち馬が同じタイムだったような低レベルな小倉記念は信用できない。

◎サンレイポケット 16
○ワーケア 11
▲カデナ 14
△サトノガーネット 8
△アイスストーム 9
△ゴールドギア 13
ワイド各100円 11-16 14-16 8-16 9-16 13-16 11-14
自信度★★★☆☆


2020年9月6日WIN5予想
1レース目:2、3、、7
2レース目:、15
3レース目:1、
4レース目:、9
5レース目:11、14、16
計96点

結果:4レース的中
4レース的中は結構あるのに、5レース全部がなかなか当たらない。ブラヴァスは2番人気で外枠だし入れておくべきだった。
posted by ナイト at 23:22| Comment(0) | 2020年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください