2020年09月20日

セントライト記念、オーバルスプリント、WIN5予想

上がり馬をよく見れば、どれも1勝クラスを勝っただけの馬。かろうじて、ココロノトウダイは2勝クラスを勝ったが春の重賞の実績で見劣りする。
ヴァルコスはエンジンのかかりがかなり遅く、広いコース向きではないか。
ガロアクリークは実績上位で、距離も春はこなせていた。ただ後ろからのレースになると今の中山では厳しそうに思う。
ただ、サトノフラッグもフィオリキアリも後ろからの競馬になりそう。どれが差してくるだろうか。
そんなメンバーで前から行くのはバビット。福島では楽勝だったが、中山でもうまく逃げ切れるだろうか。雨の助けがなければどうなのかという不安があるのと、前走と比べて斤量、距離も不安がある。

1枠1番ピースディオン田辺56
2枠2番ラインハイト北村友56
3枠3番マイネルソラス丹内56
4枠4番フィリオアレグロデムーロ56
5枠5番ダノンファスト横山典56
5枠6番バビット内田56
6枠7番ガロアクリーク川田56
6枠8番リスペクトルメール56
7枠9番サトノフラッグ戸崎56
7枠10番ヴァルコス三浦56
8枠11番ココロノトウダイ丸山56
8枠12番サペラヴィ石橋56

ワイド各100円 7-9 6-9 4-9 9-11
自信度★★☆☆☆


中央馬3頭に、地方のノブワイルド、ベストマッチョの5頭の勝負だろう。
逃げ争いが激しくなりそうなメンバーだが、やはりスタートダッシュでノブワイルドが逃げる形になるだろう。それを差せる馬がいるのかどうかだが、地方移籍後2戦ともこの浦和1400mで好走しているベストマッチョは侮れない。
中央馬は、サヴィは連勝中なのでもちろん怖いが、トップウイナーは地方での2戦の結果が物足りない。サクセスエナジーは大外枠だし58キロは少し厳しい。

◎ベストマッチョ 6
○ノブワイルド 3
▲サヴィ 4
△トップウイナー 2
△サクセスエナジー 10
ワイド各100円 3-6 4-6 2-6 6-10 3-4
自信度★★★☆☆


2020年9月21日WIN5予想
1レース目:5、6、8、15
2レース目:2、5、13
3レース目:、6
4レース目:2、16
5レース目:7、9
計96点

結果:3レース的中
ラジオNIKKEI賞馬を1着指名はできなかった。
posted by ナイト at 21:33| Comment(0) | 2020年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください