2020年09月24日

ローズS、セントライト記念、阪神JS、オーバルスプリント結果

リアアメリアがまさか好位から競馬をできるとは思わなかった。新しい一面を見せて快勝。アルテミスS以来の重賞勝利で、ようやく力を取り戻したどころか、先行力という新たな武器も身に付け、これでデアリングハートを脅かす存在になってきたかもしれない。ただ残念なのは、前哨戦の中内田厩舎なので本番では人気を背負って飛ぶのではないか。
そして、リアアメリアを手放しで評価できない理由として、他の人気馬がふがいなかったのとひどい騎乗だった。開幕2週目で内が伸びて前も残れる馬場だというのに、クラヴァシュドール、リリーピュアハート、デゼルの3頭は大外を回して差し届かず。デゼルはそういう競馬しか経験がないし外枠なのでこの形は予想通りでそもそも低評価だったが、クラヴァシュドールも中内田厩舎らしくなくトライアルの安全運転、そして切れる脚はないのにリリーピュアハートの福永はさらに後ろからさらに外を回す謎騎乗だった。
それ以上にひどかったのはフアナ。それより後ろからの競馬で、4コーナーで馬群を捌けずに終わった。
そんな中で内からうまく立ち回って伸びたのは3着のオーマイダーリン。和田竜二らしい早めの仕掛けで、3コーナーから徐々に位置を上げていく積極的な競馬で後続の追い上げをしのぎきり、秋華賞の権利を手に入れた。
驚いたのは2着のムジカ。ただの1勝馬かと思いきや、直線では馬群を割ってデゼルにも劣らないような末脚で伸びて、クラヴァシュドール、オーマイダーリンを捕らえた。前走が休み明けで2着だったが、もしかすると休養を挟んで大きく成長しているのか。デゼルやクラヴァシュドールと比べれば内をロスなく立ち回ったおかげはあるとしても、秋華賞でもと思わせる末脚だった。

1枠1番リアアメリア川田54
1:59.9
7枠13番ムジカ秋山真54
2:00.2
4枠8番オーマイダーリン和田竜54
2:00.4
7枠15番デゼル54
2:00.4
5枠9番クラヴァシュドールデムーロ54
2:00.5
3枠5番リリーピュアハート福永54
2:00.5
6枠11番アカイイト藤岡佑54
2:00.6
1枠2番フィオリキアリ北村友54
2:00.6
8枠18番ラインオブダンス坂井54
2:00.6
7枠14番シャレード戸崎54
2:00.8
2枠3番フアナルメール54
2:01.0
5枠10番アブレイズ藤井54
2:01.1
2枠4番ヤマニンプティパ竹之下54
2:01.3
8枠16番シャムロックヒル団野54
2:02.3
3枠6番セウラサーリ池添54
2:02.3
6枠12番チャイカ松山54
2:02.3
8枠17番エレナアヴァンティ54
2:02.5
4枠7番ウーマンズハート藤岡康54
2:04.0

結果:-500円


クッション値やら含水率やらが当てにならない。重賞の上がりが37秒もかかるのに、良馬場の標準の硬さの馬場だというのなら、もはやこんな情報は何にも参考にならない。
そんなタフなレースで逃げきったのはバビット。距離延長でも最後までそのしぶとさは変わらず、4コーナーで後続を突き放すとそのまま押し切った。京都の時計勝負、上がり勝負には不安があるが、自分でレースを作ってしまえば菊花賞でもチャンスはあるかもしれない。
2着のサトノフラッグは外を回るロスのある競馬だったが、直線途中からはバビットと同じ脚色になってしまったように、物足りないレース。
3着のガロアクリークは勝負どころでバビットに置いていかれ、直線でも抵抗できなかった。キンシャサノキセキ産駒で不安視されていた距離の問題がそろそろ顕在化してきたか。
逆に距離が延びて怖いのはヴァルコスだろう。春と変わらないズブさのおかげで中山コースでは通用しなかったが、ゴール前の体勢決した後に突っ込んできた。広くて直線の長いコースなら今後活躍のチャンスがありそう。
フィリオアレグロはこれだけ休み休みの馬なので、まだまだ体質が弱かったりして、本格化は先になるのだろうか。

5枠6番バビット内田56
2:15.0
7枠9番サトノフラッグ戸崎56
2:15.3
6枠7番ガロアクリーク川田56
2:15.4
2枠2番ラインハイト北村友56
2:15.6
7枠10番ヴァルコス三浦56
2:15.6
8枠11番ココロノトウダイ丸山56
2:16.7
4枠4番フィリオアレグロデムーロ56
2:16.8
8枠12番サペラヴィ石橋56
2:16.8
6枠8番リスペクトルメール56
2:17.0
3枠3番マイネルソラス丹内56
2:17.1
1枠1番ピースディオン田辺56
2:17.6
5枠5番ダノンファスト横山典56
2:18.4

結果:ワイド890円的中 +490円


前走があれだけ強かったフォイヤーヴェルクがあっさりと負けてしまった。新潟専用機なのだろうか。直線でも伸びず7着で、道中前が詰まって仕掛けが遅れただけが敗因とは思えない負け方だった。
その一方で、タガノエスプレッソがレコード勝ち。デイリー杯2歳Sとの平地、障害両重賞制覇を達成した。しかも、2歳と8歳での重賞勝利という、最長間隔重賞勝利記録を打ち立てた。ただ京都HJで敗れているので距離がこれ以上延びると厳しいかもしれない。
2着のケイブルグラムは前走で一変してその力は重賞でも通用して2着。何があってこれだけ変わったのか分からないが、今後も重賞では軽視できない。レコード決着のハイペースのレースで最後まで脚色が劣らなかったので、距離が延びて通用するかも見てみたい。
3着のブレイクスピアーは障害重賞で連続して馬券圏内に来た。こちらも次でも怖い1頭。

1着:タガノエスプレッソ ○
2着:ケイブルグラム △
3着:ブレイクスピアー ▲
4着:サトノエメラルド △
5着:ヤマニンシルフ
結果:-500円


ノブワイルドがスタートから押して逃げるいつもの形だったのに対して、それを楽々と追走したのはベストマッチョ。そして無理せず外の好位に控えたサクセスエナジー。結局はスタートから前に付けたこの3頭での決着だった。
勝ったのはサクセスエナジー。58キロ、大外枠でも完勝で、力を出し切った時の強さはG1でも通用するレベルだと思うのだが、ムラがありすぎてなかなか安定して狙える馬ではない。
ノブワイルドの逃げを、サクセスエナジーと一緒に3コーナーで早々と捕らえに行ったのはベストマッチョ。ただ、外から上がってきたサクセスエナジーに交わされないよう動かざるを得なかったのかは分からないが、結果的に最後は失速してあわやノブワイルドに差し返されるのではという危うい2着だった。とは言え、浦和1400mでノブワイルドに先着したということは、地方交流重賞で通用するレベルだということ。あとはノブワイルドと違ってブルドッグボスのように大井で走れるかどうか。
サヴィは控える競馬で4着。自分の形の競馬ができず、しかも浦和で後ろからなら負けて当然。むしろよく4着に来られたと評価したい。
それに比べて5着に負けたトップウイナーはこれで地方交流重賞3戦して全て馬券外。改めて力不足だと明らかになっただろう。

1着:サクセスエナジー △
2着:ベストマッチョ ◎
3着:ノブワイルド ○
4着:サヴィ ▲
5着:トップウイナー △
結果:ワイド630円的中 +130円
posted by ナイト at 19:12| Comment(0) | 2020年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください