2020年10月10日

京都大賞典、毎日王冠予想&南部杯予想1&WIN5予想

キセキ、キングオブコージ、グローリーヴェイズ、ステイフーリッシュ、ダンビュライト、パフォーマプロミス。実績のあるこの6頭が上位だと見ているが、パフォーマプロミスは雨は走らないので今回は厳しいか。
キセキはちゃんと走るかどうか。力を出せば、雨の助けもあって楽に勝てるメンバー。
キングオブコージは目黒記念はハンデも軽かったので、ここは不安の方が大きい。ただ、鞍上横山典弘が何をやってくるか。天才的な騎乗で大外枠から勝ってしまう場面は考えられる。
グローリーヴェイズは休み明け、雨と不安が大きい。
ステイフーリッシュは今年は切れ味勝負になった大阪杯以外はかなり安定していて、強い相手と好勝負をしている。雨、京都コースとも不安はない。唯一2400mは結果が出ていないが、どちらも苦手な直線の末脚勝負になったのが敗因だと思うので、雨で多少渋って時計のかかる馬場ならチャンスは大きい。
ダンビュライトは去年2着だったし、京都は結果を残せているので狙ってもいい。
長距離と言えばアルバートだがステイヤーズSの叩き台だろうし、モンドインテロもステイヤーズS以来で鞍上が嶋田では狙えない。そしてリッジマンも休み明けだし距離も短そうだし、鞍上が古川では狙いにくい。タイセイトレイルも鞍上川須で勝負気配を感じない。
休むことなく走り続けるノーブルマーズは、京都のG2は少し荷が重いか。
函館記念上位のドゥオーモは53キロのハンデだったので、ここでは厳しいか。雨は向きそうだが、京都2400mへの距離延長も不安がある。3着だったバイオスパークは1800mで勝ってきており、ここは距離が長そう。
他に、池江厩舎2頭、アイスバブルとシルヴァンシャーは、調教で先着しているシルヴァンシャーのほうか。
あとは穴と思っていたのは長距離馬ミスマンマミーアだが、16番枠では狙えない。

1枠1番ダンビュライト松若56
1枠2番キセキ浜中57
2枠3番シルヴァンシャー北村友56
2枠4番タイセイトレイル川須56
3枠5番ノーブルマーズ高倉56
3枠6番ステイフーリッシュ藤岡佑56
4枠7番リッジマン古川56
4枠8番カセドラルベル松山54
5枠9番モンドインテロ嶋田57
5枠10番アルバート岩田康56
6枠11番バイオスパーク和田56
6枠12番ドゥオーモ藤岡康56
7枠13番グローリーヴェイズ川田58
7枠14番アイスバブル56
8枠15番パフォーマプロミス福永56
8枠16番ミスマンマミーア池添54
8枠17番キングオブコージ横山典57

ワイド各100円 1-6 2-6 3-6 6-13 1-2 3-13
自信度★☆☆☆☆


サリオスの相手探しでいいだろう。
カデナ、ザダル、サトノインプレッサ、ダイワキャグニーの4頭が上位か。ただ、カデナは去年の新潟記念で3着の実績があると言っても、一瞬の切れで勝負するタイプなので直線の長いコースでは最後に失速するイメージがある。しかも今回は雨となれば、その切れ味も失われるのではないか。開幕週だし、前も簡単には止まらないと見る。
その前に行くのはコントラチェック、トーラスジェミニか。どちらもマイペースで逃げたいタイプだと思うので変に競り合わないか心配だが、内枠からするすると行ってしまうのが怖いコントラチェックは押さえておく。
他に気になるのは、このコースのメイS勝ちのアイスバブルは前走が見せ場がなく、巻き返せるかどうか。そして末脚勝負の馬なので雨も不安。
新潟記念3着のサンレイポケットはハンデが軽かったのと、外差し馬場で外枠を引けたのもプラスだった。
馬場次第だが、雨の鬼ワンダープチュックは押さえておいてもいいかもしれない。ただ、この馬が来るような重馬場なら、サリオスが来ないことまであり得る。

1枠1番コントラチェック丸山54
2枠2番ワンダープチュック柴田大56
3枠3番アイスストーム石橋56
4枠4番ザダル田辺56
5枠5番ダイワキャグニー内田56
6枠6番トーラスジェミニ木幡育56
6枠7番サンレイポケット荻野極56
7枠8番サトノインプレッサ戸崎54
7枠9番サリオスルメール54
8枠10番カデナ三浦56
8枠11番カイザーメランジェ武藤56

ワイド各100円 8-9 1-9 4-9 5-9
複勝100円 2

自信度★★★☆☆


中央馬の勝負だが、アルクトスは今年のメンバー相手なら力不足、ワンダーリーデルは後ろからなので盛岡は厳しいか。
インティ、サンライズノヴァ、ゴールドドリーム、ワイドファラオの4頭が上位だと思うが、盛岡のような時計の早いダートならモズアスコットもチャンスがありそう。ただなぜ横山武史が乗るのか。
本命は、時計の早いダートで強いサンライズノヴァ。去年勝っているように時計の早い盛岡は合うだろうし、先行力も出てきたので展開に泣いて崩れることも減った。
実績最上位のゴールドドリームは、南部杯は相性が悪い。出遅れた3年前、相手が強かった2年前は敗因が仕方がないものの、去年サンライズノヴァ、アルクトスに負けたのはコース適性のせいかもしれない。
インティは休み明けの不安が残る。

1枠1番リンクスゼロ関本玲57
1枠2番モジアナフレイバー繁田57
2枠3番インティ戸崎57
2枠4番イダペガサス赤岡57
3枠5番モズアスコット横山武57
3枠6番ナラ深澤55
4枠7番スカイサーベル高橋悠57
4枠8番パンプキンズ岩本57
5枠9番ワンダーリーデル横山典57
5枠10番キタノイットウセイ池田敏57
6枠11番サンライズノヴァ松若57
6枠12番モンサンルリアン坂口57
7枠13番ヒガシウィルウィン山本聡哉57
7枠14番アルクトス田辺57
8枠15番ワイドファラオ福永57
8枠16番ゴールドドリームルメール57



2020年10月11日WIN5予想
1レース目:、8、13
2レース目:5、12、13、14
3レース目:6、13、17
4レース目:6、13
5レース目:
計72点

結果:4レース的中
新潟メインで必要以上に買い目を絞ったのが失敗だった。
posted by ナイト at 23:47| Comment(0) | 2020年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください