2020年10月18日

秋華賞、府中牝馬S、東京HJ結果

デアリングタクトが文句なしに強かったことの他は、極端な外差し馬場で内を通った馬は全くダメだったので実力を評価するというよりは通ったコースで決まった印象。
ただ、2着のマジックキャッスルは2000mもこなせたことに驚いた。前走紫苑Sで伸びきれなかったので、ここでは距離が長いのだと思っていた。
3着のソフトフルートはスタートで出遅れて最後方からの競馬が幸いしたのではないか。これだけ外差しの馬場だったら、スタートが決まって好位からの競馬になれば大敗していたかもしれない。ただそうは言っても、最後方から3着にまで追い上げる末脚があったことは確かで、前走4馬身差で楽勝していた力は本物だったか。
逃げたマルターズディオサはこの馬場状態と展開で7着なら上出来。内に閉じ込められたミヤマザクラ、クラヴァシュドールは今回は参考外。ウインマリリンは久々の影響だろうか。
リアアメリアは3コーナーで川田が上手く外に持ち出したが、全く伸びなかった。桜花賞も大敗したし、渋った馬場状態がダメなのだろうか。

7枠13番デアリングタクト松山55
2:00.6
6枠12番マジックキャッスル大野55
2:00.8
4枠8番ソフトフルート藤岡康55
2:00.9
8枠16番パラスアテナ坂井55
2:00.9
7枠15番ミスニューヨーク長岡55
2:01.5
7枠14番オーマイダーリン55
2:01.5
2枠3番マルターズディオサ田辺55
2:01.6
4枠7番ムジカ秋山真55
2:01.7
3枠5番ウインマイティー和田竜55
2:01.9
6枠11番フィオリキアリ北村友55
2:02.1
8枠18番アブレイズ藤井55
2:02.2
3枠6番ダンツエリーゼ太宰55
2:02.2
1枠2番リアアメリア川田55
2:02.4
1枠1番ミヤマザクラ福永55
2:02.9
8枠17番ウインマリリン横山武55
2:03.1
5枠9番サンクテュエールルメール55
2:03.2
5枠10番クラヴァシュドールデムーロ55
2:03.8
2枠4番ホウオウピースフル池添55
2:04.8

結果:-500円


8頭立てで、6、7、8番人気が上位に来るなんて、当たるわけがない。
とりあえず、サムシングジャストなんかが3着に来たのだから、上位人気馬が勝手に崩れたと思っているが、今回だけ崩れたのか、それともラヴズオンリーユーあたりは完全に調子を崩して今後も狙えないのかは判断がつかない。
ただ、3馬身差の楽勝だったサラキアは、昔は苦手だった雨を克服できるまでに成長したのだと評価したい。そして2着のシャドウディーヴァも善戦した。
逆に、ダノンファンタジーこそ雨はダメだったか。好位追走からペースが緩んだところで逃げるトロワゼトワルとの差を縮めに行ったが、逆に直線で脚がなくなって捕まえることができないまま失速してしまった。

4枠4番サラキア北村友54
1:48.5
6枠6番シャドウディーヴァ内田54
1:49.0
8枠8番サムシングジャスト松山54
1:49.2
7枠7番トロワゼトワル横山典54
1:49.2
5枠5番ラヴズオンリーユーデムーロ55
1:49.3
2枠2番ダノンファンタジー川田54
1:49.6
1枠1番シゲルピンクダイヤ54
1:49.9
3枠3番フェアリーポルカ和田竜54
1:49.9

結果:-300円


道中は3番手を追走したメイショウダッサイが直線で前を捕らえて危なげなく勝利。ここでは力が違った。
2着にヒロシゲセブンだが、今までの実績を考えると今後の期待は低い。
それよりは3着に入ったマイブルーヘブン。1年以上ぶりのレースだったが、復帰初戦で逃げてしぶとく粘った。新潟専用かと思っていたが東京でも結果を出せたし、まだ6歳なら今後も重賞で狙える。
2番人気のネプチュナイトは途中の飛越で躓いてから立て直せなかったか、最下位だった。

6枠6番メイショウダッサイ森一60
3:31.1
5枠5番ヒロシゲセブン高田60
3:31.4
1枠1番マイブルーヘブン難波60
3:31.7
4枠4番スズカプレスト北沢61
3:32.3
2枠2番コウユーヌレエフ平沢60
3:32.6
3枠3番セイウンフォーカス中村60
3:32.6
8枠8番トップアスリート西谷60
3:33.8
7枠7番ネプチュナイト小坂60
3:33.9

結果:-300円
posted by ナイト at 20:41| Comment(0) | 2020年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください