2020年10月31日

天皇賞秋予想3&JBCクラシック、JBCスプリント、JBCレディスクラシック予想1&WIN5予想

アーモンドアイが、今までより太いとかも言われているが、力の違いでなんとかやってくれないだろうか。
今週はそこそこ馬場が早く、どちらかというと外の馬が来ているので、アーモンドアイの外枠も不利にならないだろう。
相手は、ある程度前の馬で決着するならダノンキングリー、差しが決まる形ならクロノジェネシスかと思っている。
超スローペースの上がり勝負の時にスカーレットカラーの一撃を考えたりしているが、ジナンボーが逃げるだろうし、キセキが落ち着いてのんびり構えるとは思わないので、そこまで展開に恵まれることはないか。

1枠1番ブラストワンピース池添58
2枠2番カデナ田辺58
3枠3番ダイワキャグニー内田58
4枠4番ダノンキングリー戸崎58
5枠5番ウインブライト松岡58
5枠6番フィエールマン福永58
6枠7番クロノジェネシス北村友56
6枠8番キセキ58
7枠9番アーモンドアイルメール56
7枠10番スカーレットカラー岩田康56
8枠11番ダノンプレミアム川田58
8枠12番ジナンボーデムーロ58

三連複各100円 4-7-9 7-9-11 6-7-9 4-9-11
ワイド100円 9-10

自信度★★★☆☆


帝王賞の1、2、3着馬の力が抜けていると思うが、それに割って入れる馬がいるだろうか。もしも崩れるとしたらチュウワウィザードかと思うが、それを倒せそうなのはどの馬か。
実力的にはノンコノユメだが、前哨戦を使えず急仕上げということに不安がある。ならあとは、中央のロードレガリスか、デルマルーヴルか。
他の地方馬も気にはなるが、総大将のモジアナフレイバーがおらず、ノンコノユメに続くのがミューチャリーか、中央から移籍したアングライフェン程度では、このレースで馬券に絡めるとは思えない。

1枠1番オメガパフュームデムーロ57
2枠2番アングライフェン福永57
2枠3番ロードレガリス57
3枠4番サブノクロヒョウ西57
3枠5番クリソベリル川田57
4枠6番ダノンファラオ坂井55
4枠7番サクラアリュール藤岡康57
5枠8番サウンドトゥルー森泰57
5枠9番ブラックバゴ本田正57
6枠10番ノンコノユメ笹川57
6枠11番ミューチャリー御神本57
7枠12番センチュリオン今野57
7枠13番デルマルーヴル戸崎57
8枠14番チュウワウィザードルメール57
8枠15番マースインディ的場文57



今回の逃げ争いは、どれがハナに立つのかというだけで興味がある。最内枠に入ったヒロシゲゴールドが、何が何でもハナを主張するだろう。ただスピードで勝るモズスーパーフレアがその隣からダッシュよく飛び出した場合に、初ダートでもハナを奪いきれるかどうか。血統としてはマテラスカイと同じスパイツタウン産駒。ダートでも力を出せるような気もするがどうだろうか。そしてそのマテラスカイは、クラスターCで控えた競馬をして勝っているし、鞍上も変わらず武なので無理せず控えるのではないか。ただ、控えて勝った前走は得意の高速ダート。逃げるスタートダッシュのスピードを活かしてこその馬だと思っているので、このメンバー相手に逃げなければ勝負は厳しいと見ている。
さらに、ヒロシゲゴールド、モズスーパーフレアの隣には浦和1400mの鬼ノブワイルドが入って、これも間違いなく先手を主張するだろうから、内枠3頭でものすごい先手争いになるように思う。
どのみちハイペースにはなるだろうから、この3頭はどれも狙いにくく、まさかこれらが内から楽々と粘る展開とはならないだろう。順当に東京盃の1、2、3着馬、そして去年大敗したのにまたこのレースに挑戦してくるのが不気味なミスターメロディ。
東京盃は5着だったサブノジュニアはもう一度押さえるか迷ったが、捨てる。前走は14番枠で外だったが、結局3コーナーで内に入れて上手く立ち回っての5着だったので、交流重賞で相手が強いと少し力不足なのだろう。
あとはサクセスエナジー。このメンバーなら無理に逃げ争いには加わらないとして、上手く砂を被らない好位に取り付けるかどうか。外にマテラスカイがいるが、同じように逃げ馬を見る位置からレースを進めそうで、逃げ馬が脱落したところで前を捕らえて、先に後続を突き放すような競馬ができそうな枠とメンバー構成に思えてくるので少し不気味。

1枠1番ヒロシゲゴールド藤岡康57
1枠2番モズスーパーフレア松若55
2枠3番ノブワイルド左海57
2枠4番メイショウアイアン落合57
3枠5番トロヴァオ藤田凌57
3枠6番サブノジュニア矢野57
4枠7番サクセスエナジー松山57
4枠8番シャインヴィットゥ笹川57
5枠9番キャンドルグラスデムーロ57
5枠10番マテラスカイ57
6枠11番ジャスティン戸崎57
6枠12番ベストマッチョ森泰57
7枠13番コパノキッキング藤田57
7枠14番ブルドッグボス御神本57
8枠15番クルセイズスピリツ西57
8枠16番ミスターメロディ福永57



牝馬は、レディスプレリュードを完勝だったマルシュロレーヌで仕方ない。良馬場の大井が大丈夫かという不安点はあるが、それでも本命。強敵と思っていたファッショニスタではなく、こちらに川田が乗ることからも、こちらを本命にすべきだろう。
相手はそのファッショニスタに、いつも通りのプリンシアコメータ、マドラスチェックあたりだが、マドラスチェックは苦手とされている内枠に入ったのが不安。
レーヌブランシュ、シネマソングスはレディスプレリュードで力の差を感じたので、あとはローザノワール。中央の3勝クラスを勝ったのはシネマソングスと同じだが、向こうはハンデ戦、こちらは別定戦での勝ち上がりなので、少し期待できそう。
地方馬は、ダートで馬券圏内を外していないダノンレジーナが気にはなるが、一気にメンバーが強くなるのと、浦和の小久保厩舎が鞍上本橋を起用している馬で、交流重賞では活躍した記憶がないのが気がかり。

1枠1番レーヌブランシュ松山53×
2枠2番マドラスチェック森泰55
2枠3番ナムラメルシー石崎55
3枠4番マルカンセンサー笹川55
3枠5番プリンシアコメータ岩田康55
4枠6番ダノンレジーナ本橋55
4枠7番シネマソングス池添55
5枠8番サルサレイア福永55
5枠9番サルサディオーネ矢野55
6枠10番サンルイビル藤本55
6枠11番ヨミ丸山真55
7枠12番ファッショニスタ北村友55
7枠13番マルシュロレーヌ川田55
8枠14番ローザノワールルメール55
8枠15番レイチェルウーズ本田正53



2020年11月1日WIN5予想
1レース目:、7
2レース目:、11、14
3レース目:10、12
4レース目:7、8、14、15
5レース目:6、
計96点

結果:3レース的中
4連勝のメイショウカズサは本物か。タイムが良すぎるし、重賞でも狙えそう。
posted by ナイト at 15:50| Comment(0) | 2020年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください