2020年11月13日

デイリー杯2歳S、武蔵野S、京都JS予想&エリザベス女王杯予想2

G1の前哨戦だと言うのに、たったの8頭立て。
本命はレッドベルオーブ。新馬は戸崎が仕掛けのタイミングを遅らせすぎて差し切れなかったが、メンバー最速の上がりで2着。続く未勝利は本領発揮のレコード勝ちなら、ここは力が上。
相手は2勝馬ホウオウアマゾン。開幕2週目の阪神なら、外回りのマイル戦でも前残りは警戒すべきだろう。
もう1頭の2勝馬カイザーノヴァは念のため押さえるが、今のところはモーリス産駒が瞬発力決着に弱いと言われている。上がり勝負になりやすい阪神外回りというのはかなり不安がある。前走のような時計のかかる洋芝こそがベストの舞台だったのではないかと感じる。念のためで押さえまで。
他には、新馬1戦1勝のスーパーウーパー。1200mからの距離延長が不安だし、森厩舎らしいバリバリのアメリカダート血統は、上がり勝負になる阪神マイルで来るとは思えない。なぜ武豊が乗っているのかと思えば、武豊にこだわるキーファーズの松島が馬主。もともと福島2歳Sのはずだったのに、ここに出走してきたのも武豊に乗ってもらうためだろうから、ここで勝ち負けできると見ての出走ではないと予想する。
それよりは、スーパーホープ。4戦目でようやく未勝利を勝ち上がった馬だが、3か月の休み明けでいきなり未勝利勝ちと言うのは、休養中の成長があったのではないか。馬体重プラス12キロがその成長分なのかもしれないが、もしかしたら休み明けでまだ緩い状態でも勝ってしまったのかと考えれば、さらなる上積みも期待できる。

1枠1番ホウオウアマゾン松山55
2枠2番レッドベルオーブ福永55
3枠3番スーパーホープ川田55
4枠4番シティレインボー池添55
5枠5番スーパーウーパー54
6枠6番カイザーノヴァ坂井55
7枠7番コスモアシュラ国分優55
8枠8番ビゾンテノブファロ55

馬連各100円 1-2 2-3 2-6
自信度★★★☆☆


前走ついにダート重賞勝ちを決めたタイムフライヤーに、サンライズノヴァ、モズアスコット、ワンダーリーデルとなかなかのメンバーが揃ったが、モズアスコットは59キロ、サンライズノヴァも58キロで少し評価を落とす。
そうなれば、本命はタイムフライヤーか。もともと、去年の武蔵野Sで2着、今年のフェブラリーSで5着と東京マイルは好走していたのに、この夏は北海道で連勝。完全に芝のG1馬からダート馬へと変貌を遂げたと思うので、その状態で元々好走していた東京マイルに出てくるのなら、ここは好勝負間違いないだろう。
ただ、ワンダーリーデルは東京マイルでタイムフライヤーに2戦2勝。この馬もなかなか崩れはしないだろう。
3歳馬は、デュードヴァンとケンシンコウ。ただ、ケンシンコウはレパードSが雨と内枠に恵まれた逃げ残りだったと思っていて、東京マイルではユニコーンSでデュードヴァンに負けているように少し力不足だと思う。そのデュードヴァンは東京マイルは4戦4連対ならここも要注意だろう。人気を考えて、本命はタイムフライヤーではなくこちらにする。
古馬で他に気になるのはレピアーウィット。ムラがありすぎていつ狙えばいいか分からないが、マーチS3着の実力があるので軽視はできない。
エアスピネルは前走で良馬場のダートは不安だと分かった。もしかしたら敗因が別かもしれないし、距離短縮は良いかもしれないが、晴れの今回は様子見。

◎デュードヴァン 13
○タイムフライヤー 11
▲ワンダーリーデル 8
△モズアスコット 2
△レピアーウィット 15
△サンライズノヴァ 6
ワイド各100円 11-13 8-13 2-13 13-15 6-13 2-11
自信度★★☆☆☆


少頭数のデイリー杯2歳Sよりも、さらに少ない、なんと6頭立ての障害重賞。他の馬はオジュウチョウサンから逃げたのだろうか。
今回は、オジュウチョウサンにとって久々の短距離障害レース、3140m。距離の長いコースの方がより強さを発揮できるので、ここらでついに連勝が止まったりしないだろうかと考えてはいる。
もし倒すとすれば、前走レコード勝ちのタガノエスプレッソだろう。春に同じ阪神3140mで勝っているのでコース実績もある。力を付けて来た今、この距離であれば、オジュウチョウサンと渡り合えないだろうか。
あとはブライトクォーツ、スズカプレストあたりが実績上位だが、どちらも長距離で時計のかかる障害レースが得意分野。それよりは前走初のオープン勝ちのビッグスモーキーの上積みに期待したい。

◎オジュウチョウサン 4
○タガノエスプレッソ 1
△ビッグスモーキー 2
馬連300円 1-4
三連複100円 1-2-4

自信度★★★☆☆


ラッキーライラックの相手探しだろうか。ただ、なんとなく本命にしたくない気持ちが強かったところに大外枠となれば、根拠はないが本命にはしない。これはかなり気分の問題。
古馬でラッキーライラックとやり合えそうな力があるのはノームコア、ラヴズオンリーユー、センテリュオだと思うが、ノームコアは2200mが不安だし、ラヴズオンリーユーはオークスの頃の調子には戻り切っていないと陣営も言っており、まだ強気に狙えるレベルではない。ならオールカマーを勝ったセンテリュオだが、今までの成績を考えると半信半疑になってしまう。3戦連続上がり最速とはいえ、マーメイドSでも差し切れなかったように内回りコースでは届かない不安がある。
府中牝馬S組では、サラキアは2200mは少し長いだろう。去年は直線で前が詰まったものの、その後も前が開いてから伸びなかったのは距離のせいと思っている。シャドウディーヴァは東京がベストで阪神内回りに変わるのはマイナス材料。
それなら前走は大敗したが叩き2走目のラヴズオンリーユーのほうがまだ狙ってみたい。
新潟牝馬Sという、新たな前哨戦を勝ったウラヌスチャームだが、スローの上がり勝負が得意なタイプだと思っていて、阪神内回り2200m、しかもG1となればそこまでスローの上がり勝負にはならないだろう。それでいて、時計のかかる馬場の方がいいので、まだ2週目というのも合っていなさそう。さらに、関東圏でしか好走していないので、輸送の不安もあるのではと思っている。
2着だったエスポワールは、それまでの結果を見ても、牝馬限定重賞で勝ち切れないタイプ。G1では力不足か。
全くの別路線組ではサトノガーネットだが、最後方から末脚に懸ける馬なので、直線の短い内回りコースは合わないだろう。
ならば結局3歳馬。オークス上位馬ウインマイティー、ウインマリリンか、秋華賞上位馬ソフトフルートか。ウインマイティーは最近ゲートを出ないのが、ゴールドシップ産駒らしく父の特徴を引き継いでいないかと不安がある。それなら叩き2走目のウインマリリン。切れる脚のないタイプで、阪神内回りで早めに押し切る競馬を狙えるだろう。ソフトフルートは秋華賞で出遅れて3着と健闘したものの、古馬相手に通用するレベルに届くのかと疑っている。
良馬場ならリアアメリアかと思ったが、2週続けてゆるい調教。中内田厩舎らしく、ピークはローズSだったのではないか。そこから雨の影響もあって秋華賞で大敗したダメージが残って、ここは調子落ちではないかと疑っている。

1枠1番シャドウディーヴァ内田56
1枠2番サムシングジャスト松山56
2枠3番リュヌルージュ団野56
2枠4番ソフトフルート福永54
3枠5番リアアメリア川田54
3枠6番ノームコア横山典56
4枠7番ロサグラウカ56
4枠8番センテリュオ戸崎56
5枠9番ウインマイティー和田竜54
5枠10番カーロバンビーナ浜中56
6枠11番ラヴズオンリーユーデムーロ56
6枠12番ウインマリリン横山武54
7枠13番サラキア北村友56
7枠14番サトノガーネット坂井56
7枠15番ウラヌスチャーム斎藤56
8枠16番ミスニューヨーク加藤54
8枠17番エスポワール56
8枠18番ラッキーライラックルメール56
posted by ナイト at 19:47| Comment(0) | 2020年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください