2020年11月14日

エリザベス女王杯予想3&福島記念、WIN5予想

かなりの高速馬場で前残り。これなら先行馬を中心に狙いたい。ウインマリリンは、早い時計に対応できるか分からないが、前で競馬ができるのは良さそう。
逆に差し馬のノームコア、センテリュオの古馬2頭には不安があるが、ノームコアは早い時計には強いので末脚が活きる気もする。
あとは、高速馬場なら3歳馬はリアアメリアかソフトフルート、古馬ならサラキアあたりか。

1枠1番シャドウディーヴァ内田56
1枠2番サムシングジャスト松山56
2枠3番リュヌルージュ団野56
2枠4番ソフトフルート福永54
3枠5番リアアメリア川田54
3枠6番ノームコア横山典56
4枠7番ロサグラウカ56
4枠8番センテリュオ戸崎56
5枠9番ウインマイティー和田竜54
5枠10番カーロバンビーナ浜中56
6枠11番ラヴズオンリーユーデムーロ56
6枠12番ウインマリリン横山武54
7枠13番サラキア北村友56
7枠14番サトノガーネット坂井56
7枠15番ウラヌスチャーム斎藤56
8枠16番ミスニューヨーク加藤54
8枠17番エスポワール56
8枠18番ラッキーライラックルメール56

ワイド200円 12-18
ワイド各100円 6-12 4-12 8-12 6-18

自信度★★★☆☆


秋のG1シリーズだと言うのに、盛り上がりに水を差すような重賞だと毎年思っている。切れる脚のない馬の集まる福島記念。
例年通りマイネル、ウインの多頭出しは、マイネルが丹内、宮崎、藤井という、いつもとは違った顔ぶれが鞍上。ただ、変わらず丹内が乗ってくるので、マイネルのなかで狙うならマイネルサーパスだろう。ただ、それより安心のウインと松岡のコンビ、ウインイクシードのほうが期待できる。2500m、2600mで大敗した以外は、最近は安定した競馬を続けている。
前走いきなり重賞を勝って、覚醒したのかそもそも元からこの程度は走る馬なのか、よく分からないのはレッドアネモス。全く実態がつかめないうえに、吉田隼人が続けて乗るなら怖い。ただ2000mは実績がなく、稍重とは言えマーメイドSですら負けているので距離の不安が残る。
逆に吉田隼人が降りたアドマイヤジャスタは狙いにくい。この馬も、函館記念の復活は何だったのかと気になるが。
函館記念2、3、4着のドゥオーモ、バイオスパーク、トーラスジェミニあたりも狙っていいのかよく分からない。メンバーが弱すぎて、判断できない。ただ、函館記念のドゥオーモは展開に恵まれたし、バイオスパークは内ラチ沿いの絶好位を立ち回ったのにあまり伸びなかったので、力不足に感じた。狙うならトーラスジェミニの逃げ粘り。
福島巧者ヴァンケドミンゴは七夕賞3着で重賞でも通用した。メンバーがさらに落ちる今回は狙いたいところだが、七夕賞と違って開幕2週目で前が残りやすいのが福島記念だと思うので、不安もある。
他には、前走オクトーバーSを勝ったテリトーリアル。内枠、展開に恵まれた感じだったが、同じような感じで中山金杯3着の実績があるのと、寒い時期に結果を残しているので調子を上げてくる頃ではないかと警戒しておく。
実績だけなら断然デンコウアンジュだが、休み明けは走らないので捨てる。

◎ヴァンケドミンゴ 9
○ウインイクシード 11
▲トーラスジェミニ 2
△テリトーリアル 7
△マイネルサーパス 12
ワイド各100円 9-11 2-9 9-12 2-11 7-11
単勝100円 2

自信度★☆☆☆☆


2020年11月15日WIN5予想
1レース目:2、4
2レース目:7、16
3レース目:2、9、11、12
4レース目:8、12、13
5レース目:6、18
計96点

結果:3レース的中
1400mだったとはいえ、スマイルカナがこんなオープン特別で負けるようでは、この先あまり期待できなさそう。
posted by ナイト at 21:31| Comment(0) | 2020年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください