2021年01月09日

シンザン記念予想

牝馬が強い流れは続くのだろうか。ククナは実績があって当然怖い。ただし大外枠はマイナス。
マリアエレーナは前走の未勝利で一変して圧勝。重賞でどれだけ走るのか。ただタイムはいまいちだったのでここでは厳しいか。
牡馬ではバスラットレオンは朝日杯FS4着と実績は上位。札幌2歳S同様にハイペースの展開が向いていそうで、展開次第なところがありそうなのは気がかりだが、中京なら極端な上がり勝負にはならないだろうから、ここは狙えると思う。
朝日杯FSはバスラットレオンに負けたものの枠にも泣いたロードマックス。控える競馬で京王杯2歳Sは2着で、朝日杯FSも外から6着とよく追い込んだ。新潟2歳Sの敗戦は度外視できそう。ただ今回も外枠で、逆転の期待はしにくい。
ダディーズビビッドはサウジアラビアロイヤルCは不良馬場での敗戦なので、それを無視すれば十分狙える成績だと思う。あとは陣営の言っている折り合いの不安だけで、乗り替わりになるのはマイナスか。
ブルーシンフォニーは前走は1400mでの敗戦と考えれば、新潟2歳Sは2着なのでここでも怖いが、問題は新潟2歳S組のレベルが低そうだということ。
レゾンドゥスリールは33秒台の上がりで新馬を勝ったが、ペースが遅すぎたので参考にならない。そこまで強いと思える内容でもなかった。
セラフィナイトも良馬場の未勝利で33秒台の上がりを使っているが、この週の他の新馬や未勝利と比べて特に際立ったタイムや上がりでもない。
逆にピクシーナイトはモーリス産駒らしく時計の遅い新馬で勝利。末脚勝負になりやすいマイル戦に対応できるか不安。前走は出遅れでの敗戦なので度外視するとしても、距離延長の不安もありあまり強くは狙えない。
カスティーリャもモーリス産駒で、勝った前走が稍重というのは、同じように時計勝負に不安がある。ただ、内枠から先行できそうな馬だし、鞍上松山というのは警戒したい。好位抜け出しで前残りの期待できそうなメンバーと枠のように思う。
同じく内枠のモーリス産駒、ルークズネストは前走がギリギリでの勝利で、強さを感じなかった。

◎バスラットレオン 10
○ククナ 15
▲ダディーズビビッド 5
△ロードマックス 13
△カスティーリャ 4
ワイド各100円 10-15 5-10 10-13 4-10 5-15 13-15
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 19:05| Comment(0) | 2021年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください