2021年02月21日

フェブラリーS、小倉大賞典、京都牝馬S、ダイヤモンドS結果

良馬場なのに時計が早すぎて訳が分からない決着になった。混戦と言われていたレースでこのタイムなので、相当馬場状態がおかしなことになっていたのだろう。
このよく分からないスピード決着は、ダートというより芝のような時計の早い勝負に対応できる馬にチャンスがあったのだろう。勝ったのは、日本とは質の違うダートで時計の早い決着になるアメリカ産馬、カフェファラオ。2着には芝で重賞3勝の実力馬エアスピネル。どちらも高速ダートの適性があったのだろう。それに加えて、カフェファラオはここ最近は走れていなかったが、色々と馬具を試したりして、今回は真剣に走ってくれたのだろう。
3着のワンダーリーデルは、横山典弘のおかげだろう。どんな乗り方をしてくるか分からない騎手だが、今回は好位の内に付けるまさかの騎乗。後方から末脚勝負しかしてこなかったこの馬で、抜群の位置取りを見せた。
雨で時計の早い決着に実績があったアルクトスは9着と惨敗。前有利の馬場状態でこれは情けない。やっぱりマイルより1400mの方が良いと思うのだが、陣営の自信満々のコメントに騙されて、捨てきれなかった。ただ、盛岡マイルの南部杯がベストの舞台なのは間違いなさそうだが。
オーヴェルニュはもっとひどい13着。こちらは馬体重マイナス16キロは、輸送に失敗したか。
先行馬が35秒台の上がりを出せる前有利の馬場状態では、サンライズノヴァに出番はなし。前残りの馬場で後ろから行って差せないのは、去年の南部杯でもやらかしたのに、同じ失敗を繰り返してしまったわけだが、そこは松若なので仕方ない。結局は一度南部杯を勝った馬ではあるが、あの時は地方の名手吉原が先行させたというのが大きな勝因だったようで、フェブラリーSは3回走って4、7、3着と微妙な結果しか残せない程度の馬だった。
その点、大外枠で初のマイルでも4着に来たレッドルゼルはよく頑張った。
インティはまさかの控える競馬から、さらにまさかの差し脚を見せて6着。エアアルマスが砂を被るのを嫌って逃げたので、もし外からインティもハナを主張していれば共倒れになっていただろうから、これは仕方なしか。控えても意外と差せるというのが何よりの驚き。

2枠3番カフェファラオルメール57
1:34.4
5枠10番エアスピネル鮫島克57
1:34.5
4枠7番ワンダーリーデル横山典57
1:34.8
8枠16番レッドルゼル川田57
1:34.9
1枠1番エアアルマス松山57
1:35.1
1枠2番インティ57
1:35.1
8枠15番ミューチャリー御神本57
1:35.3
7枠13番ソリストサンダー北村宏57
1:35.4
3枠6番アルクトス田辺57
1:35.6
6枠12番ヤマニンアンプリメ横山武55
1:35.6
5枠9番サンライズノヴァ松若57
1:35.7
6枠11番スマートダンディー秋山57
1:36.0
7枠14番オーヴェルニュ丸山57
1:36.5
4枠8番ワイドファラオ福永57
1:36.7
3枠5番サクセスエナジー酒井57
1:37.1
2枠4番ヘリオスデムーロ57
1:37.7

結果:-700円


こういう地方のローカルハンデG3は、同じ馬が勝ったらダメな内規でもあるのか。小倉大賞典はカデナ、函館記念はアドマイヤジャスタ、小倉記念はアールスター、福島記念はバイオスパーク、中日新聞杯はボッケリーニと、去年のローカル重賞勝ち馬5頭が揃っているレースで、今回勝ったのはテリトーリアル。今の馬場状態なので外差しの馬が人気していたが、得意のハイペースで、しかも早めに仕掛けて上手く4コーナーで外に持ち出す競馬ができ、直線では持ち味のしぶとさを発揮して粘りこんだ。
2着にボッケリーニ。中日新聞杯は完勝だったので、ここは力が上かと思っていたが、最後は前を捕らえ切れずに脚が止まったのはハンデ2キロ増の影響か。
3着にまさかのディアンドル。北九州記念で2着に来たような短距離馬だと思っていたら、1800mでまさかの逃げ粘っての3着。しかもトーラスジェミニが14着に大敗したように、競り落としての3着だからもしかしたらこの馬は強いのかもしれない。
デンコウアンジュは一瞬突き抜けるかという見せ場は作ったが、蛯名勝負のイン突きは失敗。やはり今の馬場ではインは伸び切れず、5着止まりだった。
物足りなかったのは8着だったフェアリーポルカだが、そもそも牡馬相手だとこの程度の実力だったのかもしれない。

1着:テリトーリアル
2着:ボッケリーニ ▲
3着:ディアンドル
4着:アールスター ◎
5着:デンコウアンジュ ○
結果:-600円


イベリスがスタートを決めて逃げ切り、完勝。それに対して、最内枠で絶好の逃げ切りの舞台と思われたカリオストロはスタートで立ち遅れて勝負にならず。本当に北村友の逃げは買えたものではない。去年レシステンシアで散々失敗をしたのに、今年はすでにモズスーパーフレア、カリオストロと続けて逃げ馬で惨敗。
2着には復活のギルデッドミラー。ここ2走の大敗は何だったのか分からないが、陣営が立て直してきたのだろう。NHKマイルC3着馬なので、調子を戻したのならこれくらい走って当然。むしろ、イベリスを差し切れなかったのでまだ調子が戻り切っていないくらいだと思う。
3着のブランノワールは、1400mだと追走に苦労して直線では差し切れないかと思っていたが、最後はしっかり差してきた。距離適性は低くても、実力差でなんとか上位にやって来た印象。距離が長いと一旦息を入れて落ち着ける必要があるが、距離が短いと意外と押し通しで走るので、エンジンのかかりの遅さが問題にならないのかもしれない。
逆に距離適性から狙えると思っていたシャインガーネットは、引っかかって直線で伸びず5着。この気性なら1400mでも長いのか。

1着:イベリス ◎
2着:ギルデッドミラー
3着:ブランノワール
4着:アイラブテーラー
5着:シャインガーネット ▲
結果:-500円


オーソリティが直線早々に抜け出して、格が違ったかと思いきや、直線に向いてからじりじりと長く脚を伸ばして、ゴール前でオーソリティをなんとか差し切ったのはグロンディオーズ。故障でなかなか勝ち上がれなかった馬だが、これだけの長距離に適性があったようで、重賞初勝利となった。
1、2着がクビ差で、3着とは5馬身の差が付いていたので、2頭の力が違った。3着のポンデザールは札幌や中山ならまた勝負になるのかもしれないが。
人気していたヒュミドールは5着。やはり、これまでのレースを見ても、今回のレースを見ても、直線で使える脚が短そうで、直線だけの上がり勝負のように、よほど展開が向かないと厳しそう。
力を出し切れば勝負になったかもしれないのはパフォーマプロミスだが、残念なことに骨折で15着。
さらに、最近全く走る気を出していないメイショウテンゲンは、横山典弘の力でも走らせることはできず最下位16着。

1着:グロンディオーズ ▲
2着:オーソリティ ○
3着:ポンデザール
4着:ナムラドノヴァン
5着:ヒュミドール
結果:ワイド950円的中 +250円
posted by ナイト at 18:55| Comment(0) | 2021年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください