2008年10月19日

秋華賞&府中牝馬S結果

エアパスカルが逃げるところに、プロヴィナージュが早めに仕掛けて3コーナーで先頭に立ち、後続を離していく。タップダンスシチーが最初に2着に来た有馬記念のような競馬を、佐藤哲三が再びするが、最後は内から伸びてきたブラックエンブレムの強襲にやられた。
そして、その外からすごい脚で飛んできたのはムードインディゴ。4コーナーで少し置いて行かれ、外に持ち出したが、そこからものすごい脚を使って伸びてきた。
人気どころは大外から伸びてきたものの、ペースもわりと落ち着いて、前で粘った馬、そして内をついた馬に負けてしまった。そんななか、休み明けのリトルアマポーラは出遅れ気味から一気に突っ込んで、大外から6着に来たすごい脚だった。
1000万馬券となったが、3着のプロヴィナージュは買えないとしても、1、2着は十分買える存在。ブラックエンブレムあたりまでの11番人気くらいまでが、単勝10倍台で混戦となるのが自然な流れだと思っていたが、混戦の3歳世代でレジネッタとトールポピーに人気が集まる方がおかしい。それと、やっぱりユキチャンが人気を吸い上げた。

2
4ブラックエンブレム牝3岩田55
1.58.4
11ムードインディゴ牝3福永551.58.5
715プロヴィナージュ牝3佐藤 哲55
1.58.6
510ブライティアパルス牝3藤岡 康55
1.58.6
3
5エフティマイア牝3吉田 隼551.58.7
4
7リトルアマポーラ牝3武 幸55
1.58.7
2
3ソーマジック牝3後藤55
1.58.8
817レジネッタ牝3小牧551.58.9
818オディール牝3安藤 勝551.58.9
6
11トールポピー牝3池添551.58.9
816メイショウベルーガ牝355
1.59.0
12ピサノジュバン牝3浜中55
1.59.1
612カレイジャスミン牝3北村 宏55
1.59.2
3
6レッドアゲート牝3内田55
1.59.2
59マイネレーツェル牝3川田551.59.2
713アロマキャンドル牝3三浦55
1.59.3
4
8ユキチャン牝3武 豊55
1.59.8
714エアパスカル牝3藤岡 佑55
2.00.8

結果:-600円


アサヒライジングが逃げて、その後ろにカワカミプリンセスがつけるまさかの展開。
直線に向くとそのままカワカミプリンセスが抜け出し、完勝ムードかと思ったところに、追い出しをぎりぎりまで我慢させていたといった感じのブルーメンブラットが自慢の末脚で最後は一気に差し切った。スローペースの競馬なら、33秒台前半の上がりタイムが出せるこの馬にとって、1800mでも脚を溜めさえすれば問題なかったということか。それにしても強かった。
そして同じように33秒台前半の上がりでベッラレイアも伸びてきたが、こちらは前2頭と少し離れて3着。
さらに4着には復活気配のレインダンス。ただ、前残りの競馬だけにまだまだわからない。
前にいたが大きく敗れたのはヤマニンメルベイユ。瞬発力があるとは思えない馬だけに、今の馬場では勝負にならないか。

816ブルーメンブラット牝5吉田 豊551.45.5
4
7カワカミプリンセス牝5横山 典551.45.6
12ベッラレイア牝4秋山551.45.8
6
11レインダンス牝4中舘55
1.45.9
713キストゥヘヴン牝5藤田551.45.9
2
4ヤマニンエマイユ牝5松岡55
1.46.0
714ハンドレッドスコア牝5村田55
1.46.0
510アルコセニョーラ牝4武士沢55
1.46.0
817ヴィヴィッドカラー牝4的場55
1.46.2
3
5ローブデコルテ牝4津村55
1.46.3
11ヤマニンアラバスタ牝7江田 照55
1.46.4
818ダンスオールナイト牝5小野55
1.46.4
4
8マイネカンナ牝4大野55
1.46.4
612ヤマニンメルベイユ牝6柴山551.46.5
59ニシノナースコール牝6北村 友55
1.46.5
2
3ニシノマナムスメ牝4勝浦551.46.7
3
6テンイムホウ牝6柄崎55
1.46.9
715アサヒライジング牝5柴田 善551.47.1

結果:ワイド830円的中 +130円


今週の結果

日曜京都10R清水S
ポルトフィーノが秋華賞を回避してこちらに回ったが、それが大正解。見事に勝利。この休養明けできっちり勝ちきるあたり、やはり潜在能力はすごいのだろう。
posted by ナイト at 17:23| Comment(1) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

秋華賞予想3&府中牝馬S予想

やっぱり人気があまりないムードインディゴ。そしてユキチャンに人気が集まる。
普通にワイド予想なら、安定感のあるレジネッタでよさそうなものだが、一発を狙っていきたい。もちろん勝つところまで期待しているが、スプリンターズSのようなことがあるので、そこまで強気になるべきでもないか。

11ムードインディゴ牝3福永55
12ピサノジュバン牝3浜中55
2
3ソーマジック牝3後藤55
2
4ブラックエンブレム牝3岩田55
3
5エフティマイア牝3吉田 隼55
3
6レッドアゲート牝3内田55
4
7リトルアマポーラ牝3武 幸55
4
8ユキチャン牝3武 豊55
59マイネレーツェル牝3川田55
510ブライティアパルス牝3藤岡 康55
6
11トールポピー牝3池添55
612カレイジャスミン牝3北村 宏55
713アロマキャンドル牝3三浦55
714エアパスカル牝3藤岡 佑55
715プロヴィナージュ牝3佐藤 哲55
816メイショウベルーガ牝355
817レジネッタ牝3小牧55
818オディール牝3安藤 勝55

本当に難しい牝馬クラシック3冠目。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 1-17 1-5 1-18 1-11 1-9 5-17


牝馬の古馬が勢ぞろいといった感じか。ウオッカとダイワスカーレット以外のだいたいの大物がそろった。ただ、逆にいえばこの程度のメンバーしかエリザベスには集まらないのだろう。
秋華賞にいい騎手が集まるなか、こちらで確保できている陣営。これが狙い目と見る。そして、このメンバーなら実績馬で勝負になるか。
G1を2勝しているカワカミプリンセス。同じ斤量で走れるならば、休み明けの影響さえなければ格が違う。幸四郎不在で早めに横山典弘をキープするというのは素早い見事な判断だったと言えるだろう。ただ、横山典弘が4枠で土曜日にメインレースを勝っている。同じことが連続で起こるとも思えないがどうなのか。
他にジーワン勝ちがある馬で言えば、キストゥヘヴン。これも強い。狙っていいだろう。ただ、毎日王冠を見る限り、今の馬場、そしてこのメンバーで差し馬は強気になれない。それでも続けて藤田が乗れるのは面白い。
もう1頭のジーワン馬はローブデコルテ。こちらは最近の成績だと買えない。しかも津村というのも気に入らない。
重賞を勝っているヤマニンメルベイユやアサヒライジング、ベッラレイアも十分怖い。ヤマニンメルベイユは妙に最近安定感があり、前残りが怖い。アサヒライジングは長期休養明けだが、このメンバーなら一発あるかもしれない。ベッラレイアは同じ1800mのローズを先行して粘ったのだから、この東京でも同じようなレースができるはず。それに、3頭ともきちんと主戦騎手が東京で乗ってくれる。秋山に至ってはわざわざ遠征もしてここに乗ってくるあたり、やはりベッラレイアの力があるということだろう。
アルコセニョーラ、マイネカンナも重賞を勝っているが、このメンバー相手で、しかも別定となれば厳しそうだし、展開も厳しそう。
重賞こそ勝っていないが、好走を続けるニシノマナムスメ、ブルーメンブラットあたりも狙いだろう。ただ、後者は距離が不安。そして2頭とも乗り替わりが気に入らない。
このあたりまで。ニシノナースコールは北村友が気に入らない。ヤマニンアラバスタ、レインダンスは復調の気配が見られない。ヤマニンエマイユは力不足だろう。

11ヤマニンアラバスタ牝7江田 照55
12ベッラレイア牝4秋山55
2
3ニシノマナムスメ牝4勝浦55
2
4ヤマニンエマイユ牝5松岡55
3
5ローブデコルテ牝4津村55
3
6テンイムホウ牝6柄崎55
4
7カワカミプリンセス牝5横山 典55
4
8マイネカンナ牝4大野55
59ニシノナースコール牝6北村 友55
510アルコセニョーラ牝4武士沢55
6
11レインダンス牝4中舘55
612ヤマニンメルベイユ牝6柴山55
713キストゥヘヴン牝5藤田55
714ハンドレッドスコア牝5村田55
715アサヒライジング牝5柴田 善55
816ブルーメンブラット牝5吉田 豊55
817ヴィヴィッドカラー牝4的場55
818ダンスオールナイト牝5小野55

復帰戦の馬が多く楽しみが多い。自信度★☆☆☆☆
ワイド7点 2-7 3-7 7-13 7-12 7-15 7-16 2-3
posted by ナイト at 23:02| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

デイリー杯2歳S&東京AJ結果

ホッコータキオンが逃げて、楽に粘る形のように見えたが、最後の最後に内からシェーンヴァルトが伸びてきた。前走は札幌2歳Sと遜色のないタイムで未勝利を勝っていたのは、軽量騎手で有利に働いたのではなく、本物だったか。タイムもレコードで、見事な勝利。北村友騎手初の重賞制覇となった。
2着に粘ったホッコータキオンもいいレースをした。単騎で逃げた分、ウオッカが捕らえられた毎日王冠のような形で差し切られたようなもので、実力はそこまで差がないだろう。

56シェーンヴァルト牡2北村 友55
1.33.3
710ホッコータキオン牡2飯田551.33.3
79キングスレガリア牡2福永551.33.4
11ピースピース牡2小牧55
1.33.6
4
4アラシヲヨブオトコ牡2武 豊551.33.8
2
2ワンカラット牝2藤岡 佑541.33.8
55トップカミング牡2551.33.8
812アローベアタキオン牡2武 幸551.33.8
811キングアレキサンダ牡2浜中55
1.33.9
3
3トップオブピーコイ牡2岩田55
1.34.2
6
7ナムラタイシ牡2角田55
1.34.4
68スウッシュ牡2池添55
1.34.6

結果:ワイド750円的中 +150円


なぜか東京の障害重賞は荒れる。
テイエムトッパズレがマイペースで逃げているように思えたが、最終コーナーでタイキレーザー、バトルブレーヴが並んでくる。しかし、人気のバトルブレーヴのほうがそこから伸びず、タイキレーザーにおいて行かれる形に。
そこに後ろから迫ってきたのはヴリル。しかし、最後までタイキレーザーが粘り切って勝利。重賞初勝利となった。
3着争いは、外でがんばるバトルブレーヴだったが、内からクルワザードが伸びてきて3着に入った。

11タイキレーザー牡5横山 義60
3.36.7
4
5ヴリル牡7穂苅603.36.9
2
2クルワザード牡6田中 剛603.37.9
4
6バトルブレーヴ牡6菊地62.53.38.5
610コスモラバンジン牡5宗像61
3.38.6
57ブラックレディ牝4五十嵐58
3.38.6
3
3テイエムトッパズレ牡5佐久間613.38.7
3
4ユウタービスケット牡4蓑島60
3.39.0
58トウカイハッスル牡7大庭60
3.39.8
711シュフルール牝6金子59
3.40.5
712エイシンペキン牡7西谷623.40.5
6
9バローネフォンテン牡8平沢60
3.41.1
813ローレルハンバーバ牡5浜野谷59
3.42.3
814テイエムヤマトオー牡7出津613.42.6

結果:-600円
posted by ナイト at 16:02| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

デイリー杯2歳S&東京AJ予想&秋華賞予想2

レベルが低そうな今年のレース。あまりに弱いので、対戦成績を見ても区別できない。
2敗しているキングアレキサンダは小倉での勝ち時計が遅い。
シェーンヴァルトは北村友騎乗で軽量騎手での勝利から、今回は重賞で普通の斤量になるので捨てる。
スウッシュはピースピースに負けているので捨てる。そのピースピースはトップカミングに負けている。
ナムラタイシはホッコータキオンに負けすぎているので捨てる。
トップオブピーコイは中央移籍後のカンナSで勝ったが、メンバーがあまりに弱かった。その前のフェニックス賞の負け方がひどい。
残った馬たちで考える。
本命はホッコータキオン。フェニックス賞の敗戦はわからないが、前走はレコード勝ち。信用していないが、あれだけ楽に勝つなら、距離延長が合っていたというのも考えられる。
2番手はアラシヲヨブオトコ。前走は阪神のスローペースとはいえ上がり33秒4はすごい。変な名前に思えるが、小田切氏の所有馬の場合は例外。オレハマッテルゼのようなものだ。
3番手にワンカラット。重賞5着というのがこのメンバーならすばらしい実績と言えてしまう。藤岡弟から兄に乗り替わるのも気になる。
あとは、新馬でそのワンカラットと接戦で、距離が延びて未勝利を勝ったトップカミング。前走距離延長の小倉でのレースが妙に強かったキングスレガリア。前走は馬体重プラス16キロのアローベアタキオン。このあたりで。

11ピースピース牡2小牧55
2
2ワンカラット牝2藤岡 佑54
3
3トップオブピーコイ牡2岩田55
4
4アラシヲヨブオトコ牡2武 豊55
55トップカミング牡255
56シェーンヴァルト牡2北村 友55
6
7ナムラタイシ牡2角田55
68スウッシュ牡2池添55
79キングスレガリア牡2福永55
710ホッコータキオン牡2飯田55
811キングアレキサンダ牡2浜中55
812アローベアタキオン牡2武 幸55

これが本当にJpn2なのか。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 4-10 2-10 5-10 10-12 9-10 2-4


ここ最近の成績からバトルブレーヴには逆らえない。そしてエイシンペキンも調子が悪くても実力は十分。障害転向で2連勝のヴリル。前走は落馬だったが、こちらも秘めた力はあるクルワザード。そして障害となると怖いテイエム勢の2頭。
このあたりが中心だろう。新潟JSは低レベルだったし、そのあとの中山でのオープンもレベルは高くない。テイエム2頭はどちらともその低レベルのレースで負けているが、どちらも休み明けの叩き台だった。
バトルブレーヴの62.5、エイシンペキンの62は重たいが、周りに58や57と恵まれている馬がいないので、そこまで気にすることもないだろう。
ということで、やはり最近強いバトルブレーヴが本命。2番手はエイシンペキンの予定だったが、東京の外枠不利なコース体系から、ヴリルに入れ替える。

11タイキレーザー牡5横山 義60
2
2クルワザード牡6田中 剛60
3
3テイエムトッパズレ牡5佐久間61
3
4ユウタービスケット牡4蓑島60
4
5ヴリル牡7穂苅60
4
6バトルブレーヴ牡6菊地62.5
57ブラックレディ牝4五十嵐58
58トウカイハッスル牡7大庭60
6
9バローネフォンテン牡8平沢60
610コスモラバンジン牡5宗像61
711シュフルール牝6金子59
712エイシンペキン牡7西谷62
813ローレルハンバーバ牡5浜野谷59
814テイエムヤマトオー牡7出津61

東京障害は荒れる印象が強いのだが。自信度★★☆☆☆
ワイド6点 5-6 6-12 2-6 3-6 6-14 5-12


人気を吸い上げてくれそうだったポルトフィーノが清水Sへ。
ムードインディゴ本命。これに変更の予定はない。2走前は大幅馬体増。前走は大幅馬体減。かなり迷うところだが、それでも前走はオークスよりも重い体重で、もうひと叩きして仕上げて出走させる余裕もまだあるのではないだろうか。出負けして、直線でもマイネレーツェルほど鞭を使わず接線の2着。十分評価できる。
相手はレジネッタ。桜花賞は人気薄で勝って、人気し始めると勝てなくなるというパターンは考えられるが、安定感は十分にある。
3番手が迷ったが、エフティマイア。鞍上変更は痛いが、終わってみれば前で抜け出して後ろがなかなかやって来ない間に、上位争いということになっていそう。
その3番手対象で迷ったトールポピーだが、ローズSであんなにあっさり負けていいものか。オークスは勝ったといえども、周りの馬が被害を受けていなければ、どうなっていたかわからないところがある。
人気しそうな馬で捨てるのは、リトルアマポーラとソーマジックの直行組。ソーマジックは怖い気がしているが、オークス8着はどうも物足りない。リトルアマポーラは調整が狂って一時は出走も危ぶまれたほど。そんな馬を狙いたくはない。
ブラックエンブレムも捨てる。ローズSの負け方では、簡単に立ち直れる気もしない。それに、関東には関東の秩序があるはずだ。それを乱して簡単に岩田を乗せたからと言って上位に来るようなものではないはず。
さらにレッドアゲートもいらない。特に不利もなく、オークスも紫苑Sも残念な結果に。フローラSは2着カレイジャスミンを考えると、そこまで力がないのかもしれない。悩むところだが、思いきって捨てる。
あとは、内回り2000mの前残りを考えてローズS組を絞ると、オディールは残す。苦戦続きだが、大敗したのは桜花賞だけ。まだ完全に力不足とは言えない。
そして、追い込み勢ではマイネレーツェルは残すがメイショウベルーガは捨てる。前走できっちり突き抜ける脚を持っていないと、前残りが多いこのコースでは厳しそうだし、南部杯を勝ったところの幸というのも気に入らない。
枠順を見てとにかく気になったのは「ブラック」エンブレムの2枠と「レッド」アゲートの3枠。両方捨てたがよかったのだろうか。

11ムードインディゴ牝3福永55
12ピサノジュバン牝3浜中55
2
3ソーマジック牝3後藤55
2
4ブラックエンブレム牝3岩田55
3
5エフティマイア牝3吉田 隼55
3
6レッドアゲート牝3内田55
4
7リトルアマポーラ牝3武 幸55
4
8ユキチャン牝3武 豊55
59マイネレーツェル牝3川田55
510ブライティアパルス牝3藤岡 康55
6
11トールポピー牝3池添55
612カレイジャスミン牝3北村 宏55
713アロマキャンドル牝3三浦55
714エアパスカル牝3藤岡 佑55
715プロヴィナージュ牝3佐藤 哲55
816メイショウベルーガ牝355
817レジネッタ牝3小牧55
818オディール牝3安藤 勝55
posted by ナイト at 21:37| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

秋華賞予想1

本命馬を探す。まずはローズS組。
勝ったマイネレーツェルは確かにいい脚を使えるが、マイネル軍団がクラシックで勝てるような気もしないし、混戦の3歳牝馬戦線でトライアルと本番を連勝するという雰囲気があまりない。
なら2着ムードインディゴ。春にも書いたがやっぱり金子HDの馬は怖い。
レジネッタ。桜花賞から書いているように、この馬は強い。ただ、小牧で牝馬2冠となるのだろうか。そこが疑問。
オディール。橋口厩舎はスプリンターズSで勝ったところなのでダメ。
メイショウベルーガ。四位が騎乗停止で乗り替わりでダメ。しかも幸はブルーコンコルドで勝ったばかり。
トールポピー。トライアルであっさり負けるような馬がJpn1を3勝もするとは思えない。
ブラックエンブレム。さすがに負けすぎた。
では、紫苑S組。
勝ったモエレカトリーナが屈腱炎。実力馬レッドアゲートは紫苑S3着では物足りなさすぎる。
クイーンSからの直行エフティマイアは蛯名騎乗停止の乗り替わりでダメ。しかも吉田隼人では不満。
オークスからの直行組。
まずソーマジックだが、桜花賞3着、オークス8着では少し実力が疑問。
リトルアマポーラは中間の調整があまりうまくいかなかったらしいのでこれもダメ。
オークス直行以上に休養が長い馬、桜花賞取り消しのポルトフィーノもいるが、さすがにこれは厳しいだろう。

◎ムードインディゴ
posted by ナイト at 12:10| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

南部杯結果

コンゴウリキシオーが逃げて、キングスゾーン、メイショウバトラー、ブルーコンコルド、ワイルドワンダーと続く形。有力馬は全て前からの競馬。
3コーナーでコンゴウリキシオーが脱落し、メイショウバトラーが一気に先頭に立ち、直線半ばまでそのまま逃げ切る手ごたえで進む。しかし、最後の最後、一気に外から突っ込んできたのはブルーコンコルドだった。
結局、この勝利は日本タイ記録ずくめとなった。最多ジーワン勝利記録7勝。最高齢平地ジーワン勝利記録8歳。さらには同一ジーワン連覇記録3連覇。これがすべてタイ記録となる。さらに、もう1走ジーワンに出走すれば、ジーワン出走数タイ記録にも並ぶ。すごい記録の持ち主である。ただ、その出走のほとんどが地方競馬というのは、流石はダート馬といったところか。
2着メイショウバトラーも8歳。完全に今年は終わった馬だと思っていたが、まだまだいい走りが出来ることを証明した。
キングスゾーンは4着。この馬はいつも連に絡みそうで絡まない。この微妙な安定感はなんなのか。
そしてコンゴウリキシオーは大きく離れてブービー。成績にムラがありすぎる。
これでついに今年の地方競馬は大台の20戦20勝。ただ、今回も三連複ではあまりに安かった。キングスゾーンあたりに来てもらって、配当を高くしてもらう予定だったが、中央勢で決まってしまえばそれは不可能だ。

814ブルーコンコルド牡8571.37.3
4
6メイショウバトラー牝8武 豊55
1.37.6
3
3ワイルドワンダー牡6岩田571.37.9
813キングスゾーン牡6安部 幸571.39.0
712スウィフトカレント牡7勝浦57
1.39.9
11ダンストンリアル牡4村上 忍57
1.40.1
57ソーユアフロスト牡7高松57
1.40.2
2
2メタモルキング牡6村松57
1.40.4
711ヤマニンエグザルト牡8板垣57
1.40.4
6
9クィーンロマンス牝7佐藤 友55
1.40.4
3
4ブラーボウッズ牡10菅原 勲57
1.40.7
610トーホウライデン牡6高橋 悠57×1.41.9
58コンゴウリキシオー牡6藤田571.42.5
4
5ジュリア牝5齋藤55
1.42.6

結果:三連複260円的中 -140円
posted by ナイト at 20:19| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

南部杯予想2

このメンバーなら2頭軸で固そうか。三連複で行く。
相手だが、ここまでメンバーが弱いと岩手の馬もやっぱり押さえておくことにする。地元トーホウライデン。そして、キングスゾーンも少し評価をあげておく。
三連単でもいいが、ワイルドワンダーとブルーコンコルドのどっちを上位にするかを決めきれないため、点数が増えすぎるのでやめておく。

11ダンストンリアル牡4村上 忍57
2
2メタモルキング牡6村松57
3
3ワイルドワンダー牡6岩田57
3
4ブラーボウッズ牡10菅原 勲57
4
5ジュリア牝5齋藤55
4
6メイショウバトラー牝8武 豊55
57ソーユアフロスト牡7高松57
58コンゴウリキシオー牡6藤田57
6
9クィーンロマンス牝7佐藤 友55
610トーホウライデン牡6高橋 悠57×
711ヤマニンエグザルト牡8板垣57
712スウィフトカレント牡7勝浦57
813キングスゾーン牡6安部 幸57
814ブルーコンコルド牡857

初ジーワン制覇か、ジーワン最多勝記録に並ぶか。自信度★★★☆☆
三連複4点 3-8-14 3-13-14 3-6-14 3-10-14
posted by ナイト at 16:07| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

京都大賞典&毎日王冠結果

馬体重大幅減でアドマイヤジュピタは惨敗。その後ろにいたアルナスラインは行き場をなくして直線に向いても最後方。そこからすごい脚で伸びてきても届くはずがない。
結局、アルナスラインより早めに仕掛けたアドマイヤモナークが外から一気に伸びてくるが、4コーナーでうまく内をついて差してきたトーホウアランがわずかに勝利。
3着には前で粘ったアイポッパー。

55トーホウアラン牡5鮫島57
2.26.9
89アドマイヤモナーク牡7安藤 勝582.27.0
3
3アイポッパー牡8上村57
2.27.0
2
2メイショウカチドキ牡8浜中57
2.27.0
4
4アルナスライン牡4和田572.27.1
810マンハッタンスカイ牡4四位572.27.1
11ポップロック牡7内田572.27.2
78マキハタサイボーグセ658
2.27.6
66アドマイヤジュピタ牡5岩田592.28.0
77テキサスイーグル牡4柿原57
2.29.3

結果:-500円


逃げ馬不在で誰が逃げるのかと思えば、スローペースを見越してか、武豊ウオッカがスタートから逃げていく。
直線に向いても楽な手ごたえで完全にそのまま逃げ切りかと思ったところ、先行していたからスーパーホーネットが伸びてきて差し切った。
3着争いはこちらも前で残ったアドマイヤフジ。サクラメガワンダーとカンパニーの強襲に耐えて粘り切った。
それにしても、アドマイヤフジはいつも人気しない。サンライズマックス、キャプテンベガ、トーセンキャプテンより人気がないとは考えられない。

12スーパーホーネット牡5藤岡 佑58
1.44.6
2
3ウオッカ牝4武 豊571.44.6
3
5アドマイヤフジ牡6川田571.44.9
11サクラメガワンダー牡5福永57
1.45.1
59カンパニー牡7横山 典581.45.1
4
7オースミグラスワン牡6蛯名571.45.4
4
8ハイアーゲーム牡7柴田 善57
1.45.4
815トーセンキャプテン牡4池添57
1.45.5
714チョウサン牡6北村 宏58
1.45.5
612フィールドベアー牡5秋山571.45.6
713ドリームパスポート牡5三浦571.45.6
510リキッドノーツ牡7後藤57
1.45.7
2
4キャプテンベガ牡5村田57
1.45.8
816サンライズマックス牡4藤田57
1.46.0
3
6アグネストレジャー牡6吉田 隼57
1.46.1
6
11エリモハリアーセ8吉田 豊57
1.46.4

結果:ワイド740円的中 +40円
posted by ナイト at 16:05| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

京都大賞典&毎日王冠予想&南部杯予想1

出走が10頭とはあまりにも少ない。
地方で強いテキサスイーグルなんかはいらないだろうし、メイショウカチドキもこのメンバーなら無理。となると、考える馬は8頭。
マキハタサイボーグ。ステイヤーズSを勝っているので実力はありそうだが、休み明け、58キロではこのメンバー相手に太刀打ちできるかどうか疑問。
続いてトーホウアランも捨てる。朝日CCは前でうまく岩田が乗って、展開も向いての2着。鮫島への乗り替わりも気に入らないし、ここは厳しそう。
あとは本当に怖いが、アイポッパーも捨てる。阪神大賞典の2着は展開有利として、やはり8歳馬では厳しいはず。上村騎手に乗り替わるが、スリープレスナイトに加えてこの馬でも活躍するというのは考えにくい。
残ったのは5頭。アドマイヤジュピタ、アドマイヤモナーク、アルナスラインが特に気になる3頭だが、この中で斤量が1番軽いアルナスラインが本命。
押さえの2頭だが、ポップロックは春の2戦の敗戦は原因不明だが、一気に衰えたとも考えにくい。まだ復活の可能性はある。そしてマンハッタンスカイ。前残りを警戒するのみ。

11ポップロック牡7内田57
2
2メイショウカチドキ牡8浜中57
3
3アイポッパー牡8上村57
4
4アルナスライン牡4和田57
55トーホウアラン牡5鮫島57
66アドマイヤジュピタ牡5岩田59
77テキサスイーグル牡4柿原57
78マキハタサイボーグセ658
89アドマイヤモナーク牡7安藤 勝58
810マンハッタンスカイ牡4四位57

秋、アドマイヤ軍団の始動。自信度★★☆☆☆
ワイド5点 4-6 4-9 4-10 1-4 6-9


毎年豪華な毎日王冠。今年もかなりメンバーがそろった。重賞ウイナーは12頭。
実績のあるところから。まずは宝塚記念組。
4着サクラメガワンダー。これは重馬場が味方した感じがある。3歳のころ期待されたほど活躍できず、その後はオープンでも勝ちきれないときがあるような馬が、ここで急に成長してくるとは思えない。それに、遠征競馬は苦手と言われ続けていて、東京では厳しそう。ただ、サクラメガ「ワン」ダーの1枠1番は怖い。
続いてカンパニー。宝塚は距離が長すぎた。この距離なら狙えてもいい。ただ、恐ろしい末脚の追い込みで勝負していた昔ですら東京競馬場では好走できていない。最近は先行策で成功しているが直線の長い東京で成功するのだろうか。案外東京は苦手なのではないだろうか。そして、7歳秋で衰えはないのだろうか。押さえまで。
アドマイヤフジ。春は決して得意とは言えない長距離レースと、宝塚での苦手な重馬場で敗れたが、どちらも大敗していない。6歳になってもまだ力をつけている。この距離なら休み明けの鳴尾記念で3着に来たように問題ない。展開を考えても中団につけるだろうし、いい競馬ができそう。
ドリームパスポート。宝塚は大敗したが、出遅れから4コーナーで大外を回る競馬で参考外。長距離だとひっかかる時もあるこの馬は距離短縮でかなり注目している。大阪杯でダイワスカーレット、エイシンデピュティ、アサクサキングスに次ぐ4着ということは、馬の力もまだまだ衰えていない。メイショウサムソンと互角に渡り合った馬なのだから、もうひと花咲かせるチャンスはあるはず。ただ、三浦が土曜に勝ちすぎたし、自殺した三浦容疑者とも重なって雰囲気が悪い。
続いて安田記念組。
勝ったウオッカは人気を集めそうだが、本命にはしない。牡馬と同じ57キロを背負い、今年重賞で不調の武豊、そして安定感を欠く成績。やはりいまいち信用できない。安田記念は強かったが、岩田の好騎乗という印象が強く、ムラのある成績から、同じようなレースが再びできるのかは疑問。
続いてスーパーホーネットだが、ここは天皇賞への距離確認程度のレースではないだろうか。58キロを背負うのも嫌って、ここは捨てる。
ならばハイアーゲーム。東京が得意で、マイルよりは距離が長いほうがよさそうで、ここは最適コースだろう。東京ならまだ狙ってみたい1頭。
あとはG1での実績はないが、今後の活躍に注目したい馬たち。
キャプテンベガはG3で勝ちきれないレースが続いている。それに今回は村田騎手。これは買いにくい。
函館記念ではトーセンキャプテンが勝利。しかし、2着フィールドベアーとはハナ差で、しかも1キロ斤量が軽かった。今回は同じ斤量になるなら逆転の可能性が高くなるか。フィールドベアーは最近の安定感からも、着実に力をつけていて怖い存在。
サンライズマックスの決め手は抜群。ただ、ヒカルオオゾラをぎりぎり差し切った程度のエプソムCとは格が違いすぎて捨てる。
個人的に好きなオースミグラスワン。前残りの考えられる今回のレースでも、大外一気で勝ってしまう恐ろしい末脚の持ち主。川田に捨てられてさえいなければもっといい印をつけたが、それでもあの末脚がまた炸裂するのではないかと期待する。

11サクラメガワンダー牡5福永57
12スーパーホーネット牡5藤岡 佑58
2
3ウオッカ牝4武 豊57
2
4キャプテンベガ牡5村田57
3
5アドマイヤフジ牡6川田57
3
6アグネストレジャー牡6吉田 隼57
4
7オースミグラスワン牡6蛯名57
4
8ハイアーゲーム牡7柴田 善57
59カンパニー牡7横山 典58
510リキッドノーツ牡7後藤57
6
11エリモハリアーセ8吉田 豊57
612フィールドベアー牡5秋山57
713ドリームパスポート牡5三浦57
714チョウサン牡6北村 宏58
815トーセンキャプテン牡4池添57
816サンライズマックス牡4藤田57

アドマイヤに全く人気がないのはなぜなのか。自信度★☆☆☆☆
ワイド7点 5-13 3-5 5-7 5-12 5-8 5-9 3-13 


ワイルドワンダー、ブルーコンコルド。この2頭の一騎討ちムードが強いが、なんとなくあっさりこの2頭で決まらないような雰囲気を感じる。ただ、かしわ記念のように、はっきりとボンネビルレコードのような存在が浮かび上がってこない。それならワイルドワンダー本命。ブルーコンコルドは8歳でそろそろ衰えてもよさそう。
これに割って入るとすればコンゴウリキシオー、キングスゾーンの逃げ粘り。そして、メイショウバトラーのしぶとさ。しかし、やはり2強を両方とも倒す存在には見えない。しいて言うならコンゴウリキシオーか。
残る1頭の中央馬スウィフトカレントは復活の兆しが見えない。
地元岩手で強そうな馬は少しいるが、岩手勢はマーキュリーCやクラスターCですら勝負になっていないのに、このJpn1で勝負になるとも思えない。

11ダンストンリアル牡4村上 忍57
2
2メタモルキング牡6村松57
3
3ワイルドワンダー牡6岩田57
3
4ブラーボウッズ牡10菅原 勲57
4
5ジュリア牝5齋藤55
4
6メイショウバトラー牝8武 豊55
57ソーユアフロスト牡7高松57
58コンゴウリキシオー牡6藤田57
6
9クィーンロマンス牝7佐藤 友55
610トーホウライデン牡6高橋 悠57
711ヤマニンエグザルト牡8板垣57
712スウィフトカレント牡7勝浦57
813キングスゾーン牡6安部 幸57
814ブルーコンコルド牡857
posted by ナイト at 23:34| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

土曜の注目馬

東京11RペルセウスS
ユニコーンSで信じられない圧勝劇を演じたユビキタスが秋の初戦を迎える。それを迎え撃つ古馬は、2連勝で勢いに乗るバンブーエール。松岡が騎乗停止のため三浦に。この2頭が中心で問題なさそうだが、怪しい3歳馬、スプリングソングやダンツキッスイ、さらにはハートオブクィーンまでもが参戦。ダート界の新星誕生となるのか。
◎バンブーエール
posted by ナイト at 00:00| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

東京盃結果

タイセイアトムが大きく出遅れて、ヴァンクルタテヤマが楽に逃げる展開となったように見えた。しかし、1200mは苦手なのか、勝った馬の地力が違ったのか、昨年のJBCスプリント覇者フジノウェーブが内から差し切った。
さらに、外から一気にディープサマーが突っ込んできて2着に。地方馬が上位に入った。
中央勢は3着にヴァンクルタテヤマが粘り切り、4、5着争いにアグネスジェダイとリミットレスビッド。この距離なら上位2頭の地方馬に分があったか。ただ、今年のJBCスプリントは1400mなので、勢力図が大きく変わってくるだろう。
これで今年の地方競馬は19戦19勝。

11フジノウェーブ牡6御神本581.11.6
58ディープサマー牡6川島 正561.11.8
2
3ヴァンクルタテヤマ牡6赤木561.11.9
3
4アグネスジェダイ牡6小牧571.12.6
712タイセイアトム牡5吉田 豊561.12.7
4
7リミットレスビッド牡9内田571.12.7
814ベルモントサンダー牡7石崎 駿56
1.12.7
713フーバーダム牡6戸崎56
1.12.8
3
5コアレスタイム牡10本橋56
1.13.1
6
10ケイエスゴーウェイ牡5水野56
1.13.6
611キングオブライヒ牡5前住56
1.14.4
2
2キングビスケット牡6坂井56
1.14.5
815シルヴァーゼット牡7柏木56
1.14.6
59ダイワインディアナ牡7高野 毅56
1.15.0
4
6チヨノドラゴン牝5真島 大54
1.15.3

結果:ワイド940円的中 +340円
posted by ナイト at 20:32| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

東京盃予想

ヴァンクルタテヤマ、リミットレスビッド、アグネスジェダイ、タイセイアトム。さすがにこの交流重賞軍団が出てくるなら、地方馬はあまり考える必要はない。昨年のJBCスプリントの覇者フジノウェーブと、この距離なら地方馬の中では好勝負できるディープサマー。このあたりだろう。
では、本命を選ぶ。地方のトップ、フジノウェーブは斤量58キロでは厳しそう。リミットレス、ジェダイも57キロで重い。
残る2頭。距離を考えるとタイセイアトムか。しかしガーネットSを勝った今年最初の勢いがなく、前走も3着なら不安がある。それならば勢いのあるヴァンクルタテヤマ。1400mでの連勝で、1200mに不安はあるが、大敗はないだろう。

11フジノウェーブ牡6御神本58
2
2キングビスケット牡6坂井56
2
3ヴァンクルタテヤマ牡6赤木56
3
4アグネスジェダイ牡6小牧57
3
5コアレスタイム牡10本橋56
4
6チヨノドラゴン牝5真島 大54
4
7リミットレスビッド牡9内田57
58ディープサマー牡6川島 正56
59ダイワインディアナ牡7高野 毅56
6
10ケイエスゴーウェイ牡5水野56
611キングオブライヒ牡5前住56
712タイセイアトム牡5吉田 豊56
713フーバーダム牡6戸崎56
814ベルモントサンダー牡7石崎 駿56
815シルヴァーゼット牡7柏木56

赤木が何度も勝てるのか?それが一番疑問。自信度★★☆☆☆
ワイド6点 3-7 1-3 3-12 3-4 3-8 1-7
posted by ナイト at 19:26| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

白山大賞典結果

3歳馬スマートファルコンが逃げ切って完勝。斤量差があるとはいえ、楽な勝ち方だった。
2着はヤマトマリオン、3着はサカラート。斤量の重い2頭だったが、実力差で上位入線。しかし、サカラートは少し夏の勢いを失っているかもしれない。ヤマトマリオンに負けるようではいけない。
穴馬に地方馬を多めに挙げてみたが、結局マルヨフェニックスの4着が限界だった。そのせいで、今年の地方競馬18戦18勝といっても、かなり安い配当となった。7着までほとんど完璧な印の付け方だが、印をつけすぎた。

811スマートファルコン牡3岩田542.14.1
6
6ヤマトマリオン牝5572.14.6
79サカラート牡8藤岡 佑592.15.0
67マルヨフェニックス牡4尾島562.15.5
2
2ダイナミックグロウ牡4太宰56
2.16.2
55マヤノグレイシー牡9宇都562.18.1
810トミノダンディ牡4東川562.18.5
4
4サムソンリンリン牡8古性56
2.18.8
11マヤノオスカー牡8吉原56
2.19.0
78マツノショウマ牡4桑野56
2.22.5
3
3ホーマンブラヴォー牡6中川56
2.22.7

結果:ワイド440円的中 -260円
posted by ナイト at 19:00| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

白山大賞典予想

中央からは4頭。サカラートが実力としては抜けているが、59キロは重すぎる。そしてヤマトマリオンの牝馬で57キロも重すぎる。よって残った本命候補はダイナミックグロウとスマートファルコンだが、小倉の直接対決の結果を信用してスマートファルコンに。
残る地方馬は、帝王賞4着の実績があるマルヨフェニックス、2連勝中のトミノダンディ、中央移籍後がんばっているマヤノグレイシー。

11マヤノオスカー牡8吉原56
2
2ダイナミックグロウ牡4太宰56
3
3ホーマンブラヴォー牡6中川56
4
4サムソンリンリン牡8古性56
55マヤノグレイシー牡9宇都56
6
6ヤマトマリオン牝557
67マルヨフェニックス牡4尾島56
78マツノショウマ牡4桑野56
79サカラート牡8藤岡 佑59
810トミノダンディ牡4東川56
811スマートファルコン牡3岩田54

3歳馬が勝てるのか?自信度★☆☆☆☆
ワイド7点 9-11 7-11 2-11 10-11 6-11 5-11 7-9
posted by ナイト at 22:55| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

スプリンターズS結果

スリープレスナイトが最高のスタートを決めるが、ウエスタンビーナスやエムオーウイナーが押して逃げる展開に。
4コーナーで外からスリープレスナイトと一緒にキンシャサノキセキが上がっていく。そして直線に向くとスリープレスナイトが抜け出し、そのまま突き抜けての完勝。上村騎手悲願のG1初制覇となった。
そして同じように抜けてきたキンシャサノキセキが2着に。真ん中からビービーガルダンが3着に入った。
結局、意外にペースが落ち着いて、先行馬の決着となった。外からスズカフェニックスも伸びてくるが4着まで。
本命にしたトウショウカレッジだが、内を突こうとするところにジョリーダンスが入ってきて、最後方から外に持ち出すことになってしまった。それでもそこから6着にすごい脚で追い込んできた。もちろん上がりはメンバー最速。不利を受けずにいけば、勝っていたとは言わないものの、2着争いには確実に来たと思われるだけに、かなりもったいないレースだった。
馬券予想は、一発狙いではずしてしまったが、勝ち馬の予想としては◎、○、▲の3頭にまで絞って、的中しているので満足。

714スリープレスナイト牝4上村551.08.0
815キンシャサノキセキ牡5岩田571.08.2
713ビービーガルダン牡4安藤 勝57
1.08.2
6
11スズカフェニックス牡6横山 典571.08.3
11アポロドルチェ牡3勝浦55
1.08.3
59トウショウカレッジ牡6池添571.08.4
4
7カノヤザクラ牝4小牧551.08.4
612タニノマティーニ牡8吉田 隼57
1.08.5
4
8ウエスタンビーナス牝5郷原55
1.08.5
12ファイングレイン牡5571.08.5
3
6スピニングノアール牡7蛯名57
1.08.6
3
5シンボリグラン牡6福永57
1.08.7
2
3ジョリーダンス牝7内田551.08.7
2
4プレミアムボックス牡5三浦57
1.08.8
510エムオーウイナー牡7柴田 善57
1.08.9
816タマモホットプレイ牡7石橋 脩57
1.09.2

結果:-1200円
posted by ナイト at 16:05| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

スプリンターズS予想3

予想1で書いた本命予想だが、あくまでも「勝ち馬」として、JRAの流れやいろいろな面から予想した。
それならば、堂々と馬単1着固定勝負でもいい。そうはいっても、やはりまだ何頭か勝ち馬候補で気になる馬はいる。穴馬トウショウカレッジでそこまでリスクを冒す必要があるだろうか。普段通りのローリスク、ローリターンの6点前後の予想でもいいのではないだろうか。
しかし、たまには点数を増やして狙ってみたい。昨年も本命アストンマーチャンが1着に来ているこのレース。今年は少し点数を増やしてみる。一発狙いの馬単と保険のワイドを合わせて勝負。土曜の両レース的中も後押しして、少々点張りする。

11アポロドルチェ牡3勝浦55
12ファイングレイン牡557
2
3ジョリーダンス牝7内田55
2
4プレミアムボックス牡5三浦57
3
5シンボリグラン牡6福永57
3
6スピニングノアール牡7蛯名57
4
7カノヤザクラ牝4小牧55
4
8ウエスタンビーナス牝5郷原55
59トウショウカレッジ牡6池添57
510エムオーウイナー牡7柴田 善57
6
11スズカフェニックス牡6横山 典57
612タニノマティーニ牡8吉田 隼57
713ビービーガルダン牡4安藤 勝57
714スリープレスナイト牝4上村55
815キンシャサノキセキ牡5岩田57
816タマモホットプレイ牡7石橋 脩57

本当に一発あるだろうか。自信度★☆☆☆☆
馬単6点 9-2 9-14 9-15 9-11 9-7 9-3
ワイド6点 2-9 9-14 9-15 9-11 7-9 3-9
posted by ナイト at 23:14| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

シリウスS&札幌2歳S結果

ユキチャンが楽な手ごたえで4コーナー先頭に立つかと思ったが、そこから全然伸びず馬群に飲み込まれた。そこに外から来たのはワンダースピード。やっぱりこの馬が強いのかというところに、さらに外からマイネルアワグラスが突っ込んできて見事に差し切った。
そして3着にはラッキーブレイクが内で粘るところに、ダークメッセージが交わしていった。穴馬△が炸裂というわけにはいかなかった。
ダークメッセージは初のダートだと思っていたが、過去にダートで圧勝していた。それならここでも久々のダートで好走してもおかしくなかった。

510マイネルアワグラス牡4吉田 稔542.03.8
714ワンダースピード牡6小牧572.03.8
3
6ダークメッセージ牡5佐藤 哲56
2.04.0
6
11ラッキーブレイク牡7赤木552.04.3
12ドラゴンファイヤー牡4福永562.04.7
4
8マイネルマニセス牡4川島51
2.04.9
815ゲイルバニヤン牡556
2.05.1
2
4ユキチャン牝3四位52
2.05.3
2
3ダノンビクトリー牡7川田54
2.05.5
11メイショウシャフト牡5石橋 守56
2.05.5
59イイデケンシン牡3池添54
2.05.6
3
5ウイントリガー牡3浜中51
2.05.7
713ナリタブラック牡6中村51
2.05.7
4
7マイネルテセウス牡5鮫島53
2.05.8
816ドラゴンウェルズ牡5岩田56
2.06.0
612プロヴィナージュ牝3酒井48
2.06.6

結果:ワイド630円的中 -70円


先行して外からきっちり差し切る。すでにレースの形がちゃんと作れているような感じがしたロジユニヴァース。今後の成長次第だが、これからもなかなかいい勝負ができそうに思えたのだがどうだろうか。
ただ、2、3着馬が両方地方馬なので、これではまだ比較しにくい。中央の強い馬と当たってどこまでやれるか、少し楽しみな馬か。
それにしても、他の中央馬は情けなかった。

3
4ロジユニヴァース牡2横山 典551.49.1
57イグゼキュティヴ牡2津村551.49.3
2
2モエレエキスパート牡2山口 竜551.49.5
813テーオーストーム牡2藤岡 佑551.50.1
610ピロートーク牝2大野54
1.50.3
712ダノンヒデキ牡2藤田55
1.50.4
58メイショウイエミツ牡2中舘551.50.8
711フォーレイカー牡2柴田 善55
1.50.9
814メジロチャンプ牡2菊沢55
1.51.2
11アグネスクイック牡2三浦55
1.51.3
6
9ステイマックス牡2長谷川55
1.51.3
4
5ナムラカイシュウ牡2武 英55
1.51.4
3
3アドマイヤサムライ牡2安藤 勝551.51.6
4
6イーサンモヘス牡2田辺55
1.52.1

結果:ワイド1470円的中 +870円
posted by ナイト at 15:56| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

シリウスS&札幌2歳S予想&スプリンターズS予想2

このコースのレコードホルダーのワンダースピードが強いし、本命にしようかと思った。しかし調教があまり良くないらしく、トップハンデであっさり勝ってしまうような馬にも思えない。
となると次に実績のあるドラゴンファイヤーだが、エルムから一気に調子を上げてくるのだろうか。見据えるは先の大きいところではないのだろうか。
となると、それ以外に重賞で活躍する常連というような馬が見当たらないので、ユキチャンを本命に。上の2頭が完調でなければ出番があるかもしれない。あの関東オークスの圧勝は本当に強かったのか、メンバーが弱すぎたのかわからないが、期待と楽しみを込めての本命とする。
あとは押さえを検証してみる。
イイデケンシン。2000mで走るとは思えないのと、ムラがありすぎるのとを嫌う。
ウイントリガー。地方ダートで2着はあるが、出遅れたナンヨーリバーに完敗しているのだから、古馬相手の重賞では厳しそう。
ダノンビクトリーはハンデ54キロなら狙えない。1600万でいい勝負だった馬が重賞でも同じようなレースが出来るとは思えない。
ダークメッセージ、ドラゴンウェルズは芝馬のはず。
マイネルアワグラス。平安S5着と力はある。夏は休み明けと、トップハンデ2戦で敗れただけ。今回は3.5キロもハンデが軽くなり、54キロでのレースなら一発あってもいい。
メイショウシャフトは連闘だし、2000mというのもあまり走っている印象はない。
ラッキーブレイク。ハンデ55キロならまだ走れてもいいのではないだろうか。東海S2着のような激走をする馬だし、簡単には捨てられない。去年の2着馬でもある。

11メイショウシャフト牡5石橋 守56
12ドラゴンファイヤー牡4福永56
2
3ダノンビクトリー牡7川田54
2
4ユキチャン牝3四位52
3
5ウイントリガー牡3浜中51
3
6ダークメッセージ牡5佐藤 哲56
4
7マイネルテセウス牡5鮫島53
4
8マイネルマニセス牡4川島51
59イイデケンシン牡3池添54
510マイネルアワグラス牡4吉田 稔54
6
11ラッキーブレイク牡7赤木55
612プロヴィナージュ牝3酒井48
713ナリタブラック牡6中村51
714ワンダースピード牡6小牧57
815ゲイルバニヤン牡556
816ドラゴンウェルズ牡5岩田56

楽しみの本命だけに、馬券はワンダースピードからも広げる。自信度★★☆☆☆
ワイド7点 4-14 2-4 4-10 4-11 2-14 10-14 11-14


2歳戦はとにかく分からないので消去法。
まず、ダート勝ち上がりの2頭ナムラカイシュウとイーサンヘモスを消去。
三浦に捨てられたステイマックスも続いて捨てる。そしてその三浦が乗るアグネスクイックも、前走はまだ2キロ減量騎手だった。タイムも遅く、先週三浦の調子が良すぎたので今週は捨てる。さらに新馬戦でそのアグネスクイックに負けているピロートークも捨てる。
そして安藤勝に捨てられたフォーレイカーを捨てる。
前走は展開有利ながら逃げて4着に敗れたメジロチャンプ、展開有利でぎりぎり粘っただけのダノンヒデキは捨てる。
残った馬は6頭。本命を探す。
地方馬が2頭。モエレエキスパートは前走まさかの勝利で今回も怖いが、前走のメンバーを考えると強気になれない。イグゼキュティヴはexecutiveのことだろうが、こんなカタカナ表記は気持ち悪い。
メイショウイエミツは前走、稍重の割にタイムがいいので残したが、藤田に捨てられているので本命ではない。
アドマイヤサムライ。名前を真剣につけられた感じがしない。
テーオーストーム。鞍上弱化。
よって残ったロジユニヴァース。横山典弘に任せる。

11アグネスクイック牡2三浦55
2
2モエレエキスパート牡2山口 竜55
3
3アドマイヤサムライ牡2安藤 勝55
3
4ロジユニヴァース牡2横山 典55
4
5ナムラカイシュウ牡2武 英55
4
6イーサンモヘス牡2田辺55
57イグゼキュティヴ牡2津村55
58メイショウイエミツ牡2中舘55
6
9ステイマックス牡2長谷川55
610ピロートーク牝2大野54
711フォーレイカー牡2柴田 善55
712ダノンヒデキ牡2藤田55
813テーオーストーム牡2藤岡 佑55
814メジロチャンプ牡2菊沢55

小倉より新潟より函館よりも分からない。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 3-4 4-13 4-8 2-4 4-5 3-13


前回の予想で最初に書いた馬はアポロドルチェ、カノヤザクラ、キンシャサノキセキ、ジョリーダンス、シンボリグラン、スズカフェニックス、スリープレスナイト、タニノマティーニ、トウショウカレッジ、ビービーガルダン、ファイングレイン。ここから考える。
アポロドルチェ。アイビスSDは斤量がちょっと軽すぎた感じがするし、それでいて3着。続くセントウルで大敗しているし、去年もこのレースに3歳馬が来たので、今回は捨てる。
カノヤザクラ。やはり勢いは怖い。ただ、短距離路線で重賞3連勝なんていうのは、めったにできないこと。
キンシャサノキセキ。まともに走れば強いに決まっている。高松宮記念でもいいレースをした。キーンランドは展開とスタートが原因の敗戦。問題は気性だけ。
ジョリーダンス。1200mで復活か。前走がフロックとも思えないし、中山も走るので押さえる。
シンボリグラン。夏にいくらなんでも走りすぎ。サマースプリントシリーズ5戦中4戦出走は使いすぎ。前走2着は展開有利。
スズカフェニックス。出遅れなければ豪脚炸裂となりそうか。ただ、横山典弘は今年はすでに春に勝ちすぎた感じがする。
スリープレスナイト。本当にめちゃくちゃ強いかもしれない。それでもカノヤザクラ同様、短距離で、しかも1200mだけで重賞3連勝なんてめったにできない。それにダートのオープンも含めれば1200m戦5連勝。そんなことができるのだろうか。とはいっても、未勝利を勝ったの時からブログに書いているこの馬。応援の気持ちが入って、評価は高めにしておく。
タニノマティーニ。8歳馬が何度も好走しないだろう。本当に強ければ展開も向いた前走セントウルでちゃんと走っているはず。
ビービーガルダン。本当に強ければ前走タニノマティーニは負けなかっただろう。
ファイングレイン。高松宮記念の覇者なのだから強いに決まっている。ただ、中山の坂は気になる。
結局、本命はトウショウカレッジ。
血統や調教師、騎手などから予想1では本命にしたが、今回はちゃんと競馬面から考えてみる。今年はカノヤ、シンボリ、ウエスタン、エムオー、タニノ、ビービー、スリープレス、キンシャサと先行馬がそろっているので差し馬に出番があってもいいのではないだろうか。そうなるとファイングレインやスズカフェニックスもいるのだが、セントウルであっさり負けすぎたのが気に入らない。トウショウカレッジの前走は先行して自滅。ちゃんと控える競馬をすれば、函館スプリントSで2着に来たようないい脚をもっているのだから、期待してみたい。

11アポロドルチェ牡3勝浦55
12ファイングレイン牡557
2
3ジョリーダンス牝7内田55
2
4プレミアムボックス牡5三浦57
3
5シンボリグラン牡6福永57
3
6スピニングノアール牡7蛯名57
4
7カノヤザクラ牝4小牧55
4
8ウエスタンビーナス牝5郷原55
59トウショウカレッジ牡6池添57
510エムオーウイナー牡7柴田 善57
6
11スズカフェニックス牡6横山 典57
612タニノマティーニ牡8吉田 隼57
713ビービーガルダン牡4安藤 勝57
714スリープレスナイト牝4上村55
815キンシャサノキセキ牡5岩田57
816タマモホットプレイ牡7石橋 脩57
posted by ナイト at 19:55| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

スプリンターズS予想1

今回は本当に迷った。
実力と勢いから本命を考えてもよさそうかと思うのは、アポロドルチェ、カノヤザクラ、キンシャサノキセキ、ジョリーダンス、シンボリグラン、スズカフェニックス、スリープレスナイト、タニノマティーニ、トウショウカレッジ、ビービーガルダン、ファイングレイン。
アポロドルチェ。父オフィサーというのがマイナーすぎてG1では買いにくい。
カノヤザクラ。小牧が今年は勝ちすぎ。レジネッタ、スマイルジャックで十分。
キンシャサノキセキ。馬主吉田和美の夫がノーザンファーム代表、義理の兄が社台ファーム代表。ちょっと中途半端な立場だし、オーストラリア産馬というのもあまり買いたくなる材料ではない。それに、G1を勝つような名前には思えない。
ジョリーダンス。初騎乗内田で買いにくい。
シンボリグラン。父グランドロッジというのが日本ではマイナーすぎる。
スズカフェニックス。初騎乗横山典弘で買いにくい。
スリープレスナイト。橋口厩舎のカノヤザクラがサマースプリントシリーズ優勝。そして同じく橋口厩舎のスリープレスナイトがスプリンターズS優勝となったら、いくらなんでも勝ちすぎ。そこまではなさそう。
タニノマティーニ。8歳では厳しい。
トウショウカレッジ。ラストタイクーン産駒のアローキャリーが池添騎乗で桜花賞を制している。同じくラストタイクーン産駒、池添騎乗という点は怪しいし、スイープトウショウやシーイズトウショウに続いて池添とトウショウのつながりというのも怪しい。そして、函館スプリントS2着から次走7着、そしてスプリンターズSへ挑戦というのは、昔に勝ったダイタクヤマトと同じ。どうも怪しい。
ビービーガルダン。ビービーの冠名はG1で活躍するレベルにいたっているとは思えないし、ガルダンは戦隊モノのキャラの名前か何かだろうが、そんな名前も気に入らない。
ファイングレイン。幸英明が怖い。幸が乗って勝ったG1馬は2頭。スティルインラブとブルーコンコルド。しかもスティルインラブは3勝、ブルーコンコルドは6勝。幸が乗ってG1を勝った馬は、複数回G1を勝つというのが今のところ続いている。これに乗っかってもいいか。
ということで、トウショウカレッジとファイングレイン。この2頭でかなり迷っている。しかし、まだ水曜日予想なので、どうせなら穴馬を指名しておく。

◎トウショウカレッジ
posted by ナイト at 12:33| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

神戸新聞杯&オールカマー結果

中団から少し早めに前に進出を開始したディープスカイ。その分、最後は後続に詰められる形に。内からブラックシェル、外からオウケンブルースリがすごい脚で追い込んでくる。しかし、やっぱり強い。自分から動いて早めの先頭に立っておいて最後まで粘り切ってディープスカイが勝利。
ただ、今回の馬体重がマイナスだったディープスカイ。これでは次走を狙っていいのか。これ以上の良化が見込めるのか。5連勝とは行かなさそうに思える。そして、キングカメハメハと同じローテーションで来て、同じように連勝しているが、本当に同じようにここで故障して引退しないことを祈る。

11ディープスカイ牡3四位562.25.3
510ブラックシェル牡3武 豊562.25.3
612オウケンブルースリ牡3内田562.25.4
816ベンチャーナイン牡3武士沢562.25.7
12ロードアリエス牡3鮫島56
2.25.7
59ナムラクレセント牡3和田56
2.25.8
2
3ミッキーチアフル牡356
2.26.0
4
7ヤマニンキングリー牡3柴山562.26.0
6
11スマイルジャック牡3小牧562.26.1
818モンテクリスエス牡3川田56
2.26.1
713アインラクス牡3福永56
2.26.3
3
5フローテーション牡3藤岡 佑562.26.5
4
8ハンターキリシマ牡3野元56
2.26.5
817エイシンブイダンス牡3浜中56
2.27.1
2
4ヤマニンリュバン牡3酒井56
2.27.1
3
6スエズ牡3池添56
2.27.2
715メイショウクオリア牡3角田56
2.27.6
714ヒルノラディアン牡3上村56
2.41.0

結果:ワイド470円的中 -130円


シャドウゲイトが控えたせいで超スローペース。まさかの逃げはキングストレイル。それに続いてマツリダゴッホ。結局、そのままマツリダゴッホが突き放して勝利。2着に粘ったキングストレイル。
エアシェイディは3コーナーで周りの馬と同じように進出して行ったのだが、途中でマツリダなどにおいていかれる形に。直線に向いて前が開いたときにはすでに失速。昨年同様、休み明けはダメなのかもしれない。3着には内からトウショウシロッコが出てきた。
今回は、わざわざマツリダに逆らってみたが、そんな必要はなかったようだ。

711マツリダゴッホ牡5蛯名592.12.0
610キングストレイル牡6横山 典57
2.12.3
3
4トウショウシロッコ牡5吉田 豊57
2.12.4
57マイネルキッツ牡5松岡572.12.6
4
6エアシェイディ牡7後藤582.12.8
11エリモハリアーセ8北村 宏57
2.12.8
3
3スウィフトカレント牡7勝浦572.12.9
2
2シャドウゲイト牡6田中 勝58
2.12.9
6
9ミストラルクルーズ牡5柴田 善57
2.12.9
814アドマイヤタイトル牡6安藤 勝572.13.0
4
5スクールボーイ牡8木幡57
2.13.1
58コスモプロデュース牡6石橋 脩57
2.13.3
813ブラックアルタイルセ6吉田 隼57
2.13.3
712ゴーウィズウィンド牡9江田 照57
2.14.2

結果:-700円
posted by ナイト at 16:09| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする