2006年10月21日

菊花賞予想3

◎アドマイヤメイン5
○メイショウサムソン12
▲ドリームパスポート13
△マルカシェンク7
△トウショウシロッコ16
△ソングオブウインド18
△トーホウアラン1
ですが、マルカはやはりローテーションが厳しいのと、ドリパスも同じくいえることだが、距離に不安もあるということ。
さらに馬主、データなどいろいろ考えていくと、菊花賞を勝つのはメイショウサムソンかアドマイヤメインかドリームパスポートだと根拠なく思うのです。不安はあるが、ドリパス横山典弘はセイウンスカイの皐月賞を乗り替わりでの勝利。さらに長距離得意の騎手ということで気になる。ダービーのときはメイショウサムソンかマルカシェンクといって、本命をマルカシェンクにして外れました。今回は本命をアドマイヤメインに。
ということで、どれかが勝つという方式のダービー以来の予想ですが、これを本命アドマイヤメインにしたからには大胆に1着固定するべきです。ただ、サムソン、ドリパスとの組み合わせは馬連で。ここは怖い。
相手は上記で。2着ということを考えるならソングオブウインドはいらない気がするのですが、6点に収まるのならはずさなくてもいいでしょう。
石橋守が3冠?武豊は不調?自信度★★☆☆☆
馬連2点 5-12 5-13
馬単4点 5-7 5-16 5-18 5-1
posted by ナイト at 20:09
"菊花賞予想3"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]