2007年01月26日

東京新聞杯予想

JRAのCMで堂々と馬名まで表示されて写っているのはキャピタルSの10番ブラックバースピン。そのレースに勝ったのは4番のエアシェイディ。見事にそのキャピタルSと同じ馬番に両頭とも入った。これは見えすぎたサインで怖すぎる。
それでも富士Sを主体に考えて軸はスズカフェニックス。後ろから行き過ぎて2着のエアシェイディと最後方から行って届かず3着のスズカフェニックス、先行してうまく抜け出した1着のキネティクスでは、エアシェイディの斤量が1キロ増えることも考慮するとスズカフェニックスだ。武が今度は失敗しないと見る。キネティクスは8歳というのも嫌だし、勝浦は昨日地方で重賞を勝ったところだ。
関西馬で怖いのはグレイトジャーニーとペリエの一発。ダービー卿のような走りをしてくれれば本当に怖い。関東馬ではG1馬キストゥヘヴンの復活。末脚は東京で炸裂してもいい。
他では、イースターはちょっと足りないと見るし、サンバレンティンは佐藤哲三でこそと思っている。しかも柴田善予定だったが落馬負傷で後藤騎手に。後藤騎手はメテオバーストに騎乗予定だったが、急遽取消のためこちらに。いきなり同じレースなのに騎乗馬が替わるというのは対応しにくいと思いますね。雨が降れば話は別だが。
あとはホッコーソレソレーが怖いのだが東京マイルではどうなのか。
東京だが開幕週で先行有利に働く可能性も十分にある。それならばキングストレイルも怖い。ダービー卿2着もあることだし、展開が向けば面白いか。
このレースで気になるのは、G1馬キストゥヘヴンや上がり馬ホッコーソレソレーまで捨てて安藤がエアシェイディに乗ったこと。

11ダイワメンフィス牡6内田 博 武士沢56
12イースター牡4ルメール55
2
3メテオバースト牡6後藤56
2
4エアシェイディ牡6安藤57
3
5トールハンマー牡7木幡 石橋 脩56
3
6ホッコーソレソレー牡5蛯名56
4
7キストゥヘヴン牝4横山 典54
4
8キングストレイル牡5北村 宏56
59サンバレンティン牡6柴田 善 後藤56
510ブラックバースピン牡4田中 勝55
6
11グランリーオ牡7吉田 隼56
6
12スズカフェニックス牡5武 豊56
713ロードマジェスティ牡5柴山56
714グレイトジャーニー牡6ペリエ56
815シベリアンホーク牡7松岡56
816キネティクス牡8勝浦56

騎乗停止明けで今年も武が爆発するか。あとは素直にサインに従う。自信度★☆☆☆☆
ワイド5点 4-12 7-12 8-12 12-14 10-12
馬連1点 4-10
posted by ナイト at 21:10
"東京新聞杯予想"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]