2007年01月27日

京都牝馬S&根岸S予想

京都牝馬Sは別定戦。ハンデのおかげで勝ってきたような馬に見向きはしない。
54キロの香港帰りディアデラノビア。3着が多く、ここを54キロで走れるのはJRAからのプレゼントとしかいいようがない。エリザベスは56キロで3着。そこからマイナス2キロなら狙うしかない。
そのエリザベスで比べるなら、6、7、8着馬。ソリッドプラチナムはマーメイドをハンデ49キロで勝ったが、それ以降の成長がうかがえる。サンレイジャスパーは56キロから55キロに軽くなる。ならこの中から捨てるならレクレドール。当てにならない面もあるし、大外、それに藤田が乗れないのも嫌な点だ。
続いてアグネスラズベリ。騎手を変えてほしいと思っているのだが、力がある馬だとも思っている。ヴィクトリアマイル5着は侮れない。
昨年の覇者マイネサマンサだが、昨年ほどの勢いが感じられない。同じことがコイウタにも言える。オークスの競走中止で勢いが途絶えた感じだ。2頭ともオーロCで健闘したが、ダイワバンディットには勝ってくれないとここで勝負は厳しい。ただ、コイウタの鞍上ルメールは先週と同じく3枠で汚名返上となるか。それが怖い。

11スマイルフォライフ牝5和田54
12ピアチェヴォーレ牝6角田54
2
3ワディラム牝6高田55
2
4ディアデラノビア牝5岩田54
3
5コイウタ牝4ルメール55
3
6キープクワイエット牝6池添54
4
7ライラプス牝5武 幸55
4
8マルターズヒート牝6上村54
59サンレイジャスパー牝555
510アクロスザヘイブン牝4川田53
6
11アグネスラズベリ牝6本田54
6
12ダイワパッション牝4小牧56
713ウイングレット牝6田中 勝55
714ソリッドプラチナム牝4柴原54
815マイネサマンサ牝7安藤56
816レクレドール牝6柴山56

ここは軸信頼。自信度★★★☆☆
ワイド4点 4-11 4-9 4-14 4-5


ジョイフルハートが坂路でいい時計を出したのだが、鼻出血のため取消。これで固い2頭、シーキングザベストとリミットレスビッドの勝負となったか。斤量差の分だけシーキングだ。あと、リミットレスはローテーションがずっと厳しいが大丈夫だろうか。
ダイワバンディットやインセンティブガイのように、東京新聞杯が昔は日曜だったから登録を間違えてしまったと皮肉るしかないような馬達は捨てる。
後は押さえ探し。先週平安Sで向こう正面で仕掛けてペースを早める原因を作り、さらに4着に粘るまでのレースをしてアッといわせたタイキエニグマ。疲れがたまったかもしれない内容だが昨年2着馬。しかもジョイフルの取消で武騎乗。怖い。
他にもぱっと見渡して代わり映えのないメンバーということを誰もが思うだろう。その代表格がトウショウギア。東京なら十分に走るのだが、乗り難しそうな馬。それに最内も嫌だ。またオフィサーもそうだが、これは後方一気の馬。1600万は見事にはまったが、オープンはなかなかそうは決まらないだろう。
ならここは最近急成長をとげ、霜月Sでこれらのメンバーに最後は影も踏ませなかった追い込みを見せたボードスウィーパー。ハンデが軽かったというのもあるが、続いてのギャラクシーSでは57キロを背負ってシーキングザベストに迫る追い込みを見せた。
さすがにニホンピロサートは2走も中央で連続して健闘しないだろう。

11トウショウギア牡7柴田 善 吉田 豊56
12ヒカルウィッシュ牡5後藤56
2
3ヒシハイグレード牡4松岡55
2
4セレスダイナミック牡4吉田 隼55
3
5ダイワバンディット牡6北村 宏56
3
6ボードスウィーパー牡6秋山56
4
7タイキエニグマ牡6武 豊56
4
8オフィサー牡5横山 典56
59リミットレスビッド牡8蛯名58
510ビッググラス牡6村田56
6
11スナークファルコン牡5石橋 脩56
6
12シーキングザベスト牡6福永57
713マルカフレンチ牡5ペリエ56
714ニホンピロサート牡9勝浦56
815インセンティブガイ牡6四位56
816アルドラゴン牡6木幡 長谷川56

上位3頭はかなり信頼しているのだがどうなのか。自信度★★★☆☆
ワイド5点 9-12 6-12 6-9 7-12 12-15


日曜の注目馬

京都9RバイオレットS
全日本2歳優駿2着のトロピカルライトが無理をしたとしか思えない。こんな時期に58キロの斤量で挑戦してくる。下手に58キロで激走して故障されると困る。ここは強い馬がほかにもいるので、負けてもおかしくない。
posted by ナイト at 23:55
"京都牝馬S&根岸S予想"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]