2007年02月14日

フェブラリーS予想1

今年からG1予想3回のうち、1回目は本命馬だけ印をつけることにしました。
今まで、ダート王者はカネヒキリだった。そのカネヒキリが故障で戦線離脱して、JCダートは新興勢力アロンダイトが勝利した。G1では新興勢力、あるいはカネヒキリより強い馬が勝つという考えだ。
では新興勢力。これは間違いなくメイショウトウコン。札幌で初ダートを走ってから、無敵といっていい鬼脚での追い込み。鞍上は最近絶好調の武幸四郎。ただ、逆にそこまで幸四郎が勝てるとは思えないのだ。本命にはしない。マイルで案外ダメということもあるかもしれない。
ならば、カネヒキリより強い馬。というと誤解を生むので、カネヒキリに勝ったことのある馬を。
帝王賞で完璧にカネヒキリを打ち砕いたアジュディミツオー。これは確かに強かった。しかしこの馬は中央だと妙に弱い。このコースはスタート直後に芝がある。これがこの馬にとっては厳しいのだ。
ならば、この東京1600mダートでカネヒキリを下したことのある馬を本命にしよう。確かにそのときは、カネヒキリ出遅れや斤量差があったが、勝ったことに違いはない。武蔵野Sでカネヒキリを下したサンライズバッカス。前走は完璧にメイショウトウコンに刺されたように見えたが、賞金がどうしてもほしいトウコンが必死に追い込むのと違って、バッカスにはどうも、勝ちにこだわってムチをバチバチ入れるという姿勢が見られなかった。2着で満足。これはフェブラリーSに照準を合わしてのレースだったとしか思えない。
後は相手だが、どんなときも2着を守っていたシーキングザダイヤが東京大賞典でクーリンガーにさえ負けて3着というのは、衰えなのか。迷うところだ。
地方王者ブルーコンコルド。しかし東京ダートの相性は悪い。中央で勝つ格ではないということか。
1600mならメイショウバトラー。アジュディがいれば簡単には逃げられないだろうが、ペリエ騎乗で注意は必要。
シーキングザベスト。最近乗れていない福永騎手。前走の敗退は予想外だろう。9歳馬ニホンピロサートと僅差のレースということは、その程度の馬だったとしか思えない。同じレースに出走したリミットレスビッドも、距離が延びるのもマイナス材料で買いにくい。
その根岸Sを勝ったビッググラスは大穴を一発出しておしまいという印象が強い。
いくらなんでもオレハマッテルゼはないだろう。フィールドルージュも平安Sで不利があったとはいえ、JCダート3着で力を使い果たした感じ。マイルが合う印象もない。ルメールが期待しても、追い込みのインパクトではメイショウトウコンに完全に負けている。

◎サンライズバッカス
posted by ナイト at 20:03
"フェブラリーS予想1"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]