2008年12月12日

中日新聞杯予想&阪神JF予想2

鳴尾記念があるのに、父内国産馬限定戦ではなくなったこのレースを残しておく意味はあるのか。メンバーの手薄さがひどい。ハンデ戦ということで予想も難しい。
トップハンデはアサカディフィート。この馬はハンデ関係なし。走る時は走る。走らないなら走らない。このメンバーなら走れば好走できる。
続いて57.5キロのマンハッタンスカイ。福島記念を勝った時から1.5キロも斤量が増えるとなると買いにくい。使われ過ぎているのも嫌だし、ここは捨てる。
これに続く56キロはオペラブラーボ。トウショウシロッコなどをオープンで破ってここに来た。連勝の勢いもあって、怖い1頭。
この後、55キロ以下となると、メンバーの質が一気に落ちる。3歳で55キロのヤマニンキングリーは、前走は完全に前残りのなか、中団からよく伸びてきて勝利。ハンデが1キロ増えても怖い1頭。
そして、そのレースで2着のダブルティンパニーを押さえる。ハンデはそのまま53キロで、今回も前残りになってもおかしくないメンバー。前走の再現は考えられる。
あとはシンゲン。前走は約1年ぶりのレースで勝利。ハンデも54キロでそこまで厳しくないし、藤田が続けて乗るとなれば狙ってもよさそう。
逆にダンスアジョイは1600万を57.5キロのハンデで勝ってきたとはいえ、今回が55キロでは厳しいか。アルゼンチン共和国杯5着の53キロから2キロ増えると考えると買いにくい。
53キロアルコセニョーラは、1年に2回も重賞を勝つとは思えないし、フサイチアソートは前走復活気配の4着だったが、そこからハンデが1キロ増えるのは気に入らない。

11イケトップガン牡4大野52
12ホッコーソレソレー牡6渡辺55
2
3ダブルティンパニー牡6上村53
2
4シンゲン牡5藤田54
3
5アサカディフィートセ10中舘58
3
6サクラオリオン牡6北村 友53
4
7ダンスアジョイ牡7秋山55
4
8ヤマニンキングリー牡3デムーロ55
59シゲルフセルト牡3川島53
510パープルイーグル牡6藤岡 康52
6
11オペラブラーボ牡4蛯名56
612アルコセニョーラ牝4武士沢53
713フサイチアソート牡3和田54
714マイネルスターリー牡3丸田53
815マンハッタンスカイ牡4芹沢57.5
816センカク牡6赤木53
817マイネルポライト牡5長谷川54

オープン級のレースだと思うが。自信度★☆☆☆☆
ワイド5点 4-11 8-11 3-11 5-11 4-8


抽選通過したメンバーを見て、印は大きく変わる。
順番に消去法でいくと、抽選なし組で消すのは、低レベルのサフラン賞を勝っただけのカツヨトワイニング、京王杯2歳で大敗したパドブレ、ファンタジーSで前とは離されたルシュクルとコウエイハート、ききょうS、小倉2歳Sと今回出走するメンバー相手に負けが続いたレディルージュ。
抽選突破組で消すのは、未勝利を勝ちあがるのに時間がかかったシゲルキリガミネとフキラウソング、上ですでに消したレディルージュに負けているチャームポット、前走はタイムが遅いし、上がりが平凡のメイショウボナール。
これでも残るのは9頭。まだ消さないといけない。
よってファンタジーSで前残りだったイナズマアマリリスとアディアフォーンを消す。イナズマアマリリスは展開が向いて、うまく抜けたという感じがあって信用しにくい。アディアフォーンはどんなメンバー相手にも安定感はある馬だが、今回はJpn1だし、中1週で出てくるのは気に入らない。
次に消すのは、ききょうSを勝ったショウナンカッサイ。2連勝している馬だが、どちらも展開に恵まれ、しかもタイムが遅い。ショウナンカンプ産駒で1600mも微妙に気になる。
よって残ったのは6頭。
抽選なしで賞金が足りていたメンバーでは、前回同様ワンカラットを強く推すが、残る抽選組を中心にしたい。
上で消していないのは2頭。ブエナビスタとミクロコスモス。本命馬ブエナビスタ。安藤勝己が抽選前から早々とアディアフォーンを捨てていたことからも、この馬の能力の高さが伺える。前走は実力どおりの勝利。2走前はあのリーチザクラウンと0.1秒差。しかもものすごい展開不利。しっかり走れば間違いなく強いだろう。一方武豊がほれ込んだという末脚で新馬戦を差し切ったミクロコスモスだが、鮫島に乗り替わりは気に入らない。

11カツヨトワイニング牝2江田 照54
12ダノンベルベール牝2後藤54
2
3レディルージュ牝2角田54
2
4アディアフォーン牝2小牧54
3
5イナズマアマリリス牝2吉田 豊54
3
6ルシュクル牝2デムーロ54
4
7ショウナンカッサイ牝254
4
8フキラウソング牝2小坂54
59ミクロコスモス牝2鮫島54
510コウエイハート牝2川田54
6
11デグラーティア牝2浜中54×
612ワンカラット牝2ホワイト54
713ブエナビスタ牝2安藤 勝54
714チャームポット牝2田中 克54
715パドブレ牝2松岡54
816メイショウボナール牝2佐藤 哲54
817ジェルミナル牝2福永54
818シゲルキリガミネ牝2秋山54



土曜の注目馬

阪神11RベテルギウスS
賞金不足でJCダートに出られなかったような強豪が揃う。武蔵野Sを勝ったキクノサリーレ、ダート変更で安定感のあるダークメッセージ、2連勝でようやく才能を開花させたマイネルアワグラス。さらには1年前には重賞、G1での活躍を期待されたシャーベットトーンもようやく復活してくる。楽しみな一戦。
posted by ナイト at 23:40
"中日新聞杯予想&阪神JF予想2"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]