2013年02月16日

ダイヤモンドS予想&フェブラリーS予想2

今回はイケドラゴン、エーシンジーライン、ラッキーバニラ、ネコパンチ、ケイアイドウソジン、メイショウカドマツといった逃げ馬が揃い、ペースは早くなるかどうかわからないが、落ち着いたスローペースにはならないだろうと予想する。
そうなると、実績では文句なしのジャガーメイルを本命にしにくくなる。昨年も天皇賞春で4着と、まだ大きくは衰えていないだろう。しかし、この馬はスローペースの瞬発力勝負が得意な馬で、途中でペースが変わって激しく入れ替わるような競馬は不向き。58.5キロという厳しいハンデも少し狙いにくい。
本命は抜群の安定感を誇るアドマイヤラクティ。切れる脚が使えず、毎回3着程度までしか来ていない馬だが、その分、切れる脚が求められない距離延長は向くのではないだろうか。
対抗にエーシンミラージュ。前走は57.5キロのハンデを背負いながら1600万を勝利。長距離を中心に使われており、スピード決着が苦手そうな戦績は、今回のメンバー構成なら期待ができる。ただ、鞍上丸田という点で少し割引な印象。
それから、ステイヤーズS2着のファタモルガーナ。長距離適性を前走で十分に示し、ここでもその力を発揮できるか。
3年前の覇者フォゲッタブルはいつまで経っても復活しないし、マカニビスティーは東京の高速馬場よりは、時計のかかるパワーのいる馬場のほうが合っているだろう。
1600万から勝ち上がってきたサクセスパシュートやノーステアだが、前者は前走がぎりぎりの勝利だったし、後者は2走前にエーシンミラージュに負けているのが狙いにくい。
穴はモンテクリスエス。4年前の覇者で、このコースのレコードホルダー。激しく前が入れ替わるような展開となれば、後方待機のこの馬の末脚が久々に爆発してもおかしくない。

1枠1番ケイアイドウソジン吉田豊56
1枠2番サクセスパシュート吉田隼54
2枠3番マカニビスティー石橋脩56
2枠4番ノーステアビュイック55
3枠5番フォゲッタブル蛯名56
3枠6番ジャガーメイルベリー58.5
4枠7番エーシンジーライン太宰57
4枠8番エーシンミラージュ丸田55
5枠9番ネコパンチ江田照56
5枠10番ラッキーバニラ田辺54
6枠11番モンテクリスエス柴田善55×
6枠12番イケドラゴン伊藤50
7枠13番コスモヘレノス松岡56
7枠14番ファタモルガーナ川島55
8枠15番アドマイヤラクティ内田56
8枠16番メイショウカドマツ武豊54

ワイド5点 8-15 14-15 6-15 11-15 8-14
自信度★☆☆☆☆


本命はイジゲン。
展開を考えると、タイセイレジェンドとカレンブラックヒルがハナを主張するだろうから、ある程度ペースは早くなるだろう。
ペース次第だが、この距離ならまだエスポワールシチーは警戒しておきたい。衰えは隠せないとしても、昨年も地方でマイルジーワンを2勝。まだ簡単には捨てられない。
そして、昨年のようにペースが早くなって差し馬に出番があるとすれば、やはりテスタマッタとシルクフォーチュンの追い込み勢も警戒しておきたい。
それから、実力上位のワンダーアキュートと、東京マイルで抜群の強さを見せるナムラタイタン。
他にも、セイクリムズンやガンジスはベストは1400mのように思えるし、グレープブランデーは逆に少し距離が短いか。
それなら、全くダート未知数のカレンブラックヒルのほうが面白い。新馬は重馬場で楽勝しているので、ダートでも通用しておかしくない。

1枠1番マルカフリート福永57
1枠2番グレープブランデー浜中57
2枠3番セイクリムズン藤岡佑57
2枠4番ナムラタイタン太宰57
3枠5番タイセイレジェンド田辺57
3枠6番エスポワールシチー松岡57×
4枠7番ガンジス内田57
4枠8番イジゲンベリー57
5枠9番ヤマニンキングリー武豊57
5枠10番ワンダーアキュート和田57
6枠11番カレンブラックヒル秋山57
6枠12番ダノンカモンビュイック57
7枠13番エーシンウェズン蛯名57
7枠14番テスタマッタ岩田57
8枠15番ガルボ石橋脩57
8枠16番シルクフォーチュン横山典57
posted by ナイト at 00:23
"ダイヤモンドS予想&フェブラリーS予想2"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]