2014年04月16日

皐月賞&中山GJ予想1

トーセンスターダム、イスラボニータ、トゥザワールド、ワンアンドオンリーあたりが主力かと冬ごろは思っていたが、ロサギガンティアあたりも結果を残して来て、かなり予想が難しいのが今年の皐月賞。
ワンアンドオンリーは東スポ杯でイスラボニータにあっさりと負けており、これを考えるとイスラボニータの力が抜けているようにも思える。ただ、不安材料は雨。日曜は雨の予報があり、早い時計の東京で圧倒的な強さを見せてきたイスラボニータが雨でどれほどやれるのかというのが分からないところ。
それなら、時計のかかる中山で結果を残したロサギガンティア、トゥザワールドあたりが注目か。ただトゥザワールドも前走は最後にワンアンドオンリーにハナ差まで迫られていたように、少し実力に不安があるし、ロサギガンティアは前走デムーロが上手く立ち回ったおかげの勝利という印象。
本命はトーセンスターダム。3戦とも外を回して直線勝負に徹してのレースで、狙いはダービーかもしれないが、それでも重馬場でも外から差し切るその強烈な末脚はこのメンバーでも通用すると見た。

◎トーセンスターダム


オースミムーン。中山初挑戦で落馬の不安はあるものの、障害の実力は現在のトップレベルだろう。昨年中山大障害を勝ったアポロマーベリックにも東京で楽勝している。

◎オースミムーン
posted by ナイト at 00:04
"皐月賞&中山GJ予想1"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]