2014年04月30日

天皇賞春予想1

超高速馬場京都。ゴールドシップは当然狙いにくいとして、キズナの追い込みも届きにくそうな馬場状態。
さらにウインバリアシオンも追い込みが効きにくくなる。
そうなればこの馬場状態で強そうなのはフェノーメノなのだが、調子が上がらないらしく、昨年のような強い競馬は見られないか。
そうしてこの4頭を消してしまうと、どの馬を狙えばいいのかという問題になってくるが、高速馬場京都の鉄則は、ディープインパクト産駒。今年の京都の重賞の上位をほぼ独占している。
本命はラストインパクト。菊花賞は不良馬場での4着。良馬場になれば巻き返しが期待できる。小倉大賞典で見せた早すぎるまくりからの押し切りは、同じく平坦京都の高速馬場でなら再現があってもおかしくない。

◎ラストインパクト
posted by ナイト at 11:14
"天皇賞春予想1"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]