2015年03月29日

高松宮記念&マーチS&日経賞&毎日杯&ドバイミーティング&ザBMW結果

今年も雨で内が壊滅。外しか勝負にならない馬場状態となった高松宮記念。
アンバルブライベンが押して逃げて、2番手からハクサンムーンに、好スタートを決めたエアロヴェロシティあたりが続いていく展開に。
さらにはミッキーアイルやコパノリチャードが続き、ストレイトガールはまさかの後方待機の競馬。
直線に向くと外に持ち出していたミッキーアイルやハクサンムーンに並ぶように、内のエアロヴェロシティも外に持ち出すとこの3頭の勝負に。前で粘るハクサンムーンに襲い掛かるエアロヴェロシティとミッキーアイル。最後は大接戦となったが、エアロヴェロシティがわずかに抜け出したところがゴール。香港を制したスプリンターの力はさすがだった。
2着に内で粘ったハクサンムーン。アンバルブライベンとの潰し合いになるかと思ったがあっさり控えて好位からの競馬がよかったのだろう。
3着にミッキーアイル。初の1200mだったが問題なし。やはりスピードはこのレベルのメンバー相手でも通用するだけのものを持っていたということだろう。
コパノリチャードは連覇ならず。この馬についてはそれほどスピードのある馬ではないと思っているので、1200mの早い時計勝負にはついていけないはず。去年に比べれば時計の早い勝負だっただけに、少しここは厳しかったのかもしれない。
ストレイトガールは後方待機でまったく伸びず。ペースも早くなかったので末脚勝負で通用するような展開でもなかったし、極端に切れる脚があるわけでもないので、今回は岩田の判断ミスではないだろうか。

1着:エアロヴェロシティ ▲
2着:ハクサンムーン
3着:ミッキーアイル ◎

4着:サドンストーム
5着:コパノリチャード
結果:ワイド1040円的中 +540円


サトノプリンシパルが飛ばしていったため、中山1800mらしく、前半がある程度早く上がりのかかるタフな勝負に。
そんなタフなレースでも好位のマスクトヒーローが抜群の手応えで直線に向かうと先頭に立つ。しかし、外から一気に差し馬が突っ込んで来て大接戦に。
差し切ったのはまさかのマイネルクロップ。京都専用だと思っていたが坂のあるタフな中山コースでも差し切りを決め、重賞連勝。ここにきて力をつけてきたか。
2着には中山得意のイッシンドウタイ。かなり出遅れて、アタマ差の2着だけにもったいない競馬だった。
マスクトヒーローはなんとか3着に粘った。
人気のソロルは8着。ハンデ57.5キロが響いたか。

1着:マイネルクロップ
2着:イッシンドウタイ △
3着:マスクトヒーロー ◎

4着:キクノソル
5着:ベルゲンクライ ▲
結果:ワイド740円的中 +340円


フラガラッハが逃げるというまさかの展開になった日経賞。結局、逃げ馬不在のレースということでスローでレースは流れ、後半に一気にペースアップするような展開に。
その後半の早い流れの中で、直線で一気に外から差し切ったのはアドマイヤデウス。日経新春杯に続いての重賞連勝。今回の瞬発力はかなりのもので、内から伸びてきたホッコーブレーヴ、ウインバリアシオンを簡単に交わして行った。これは本物と認めざるを得ないか。
サウンズオブアースはまさかの後方待機から大外を回して追い込み届かずの4着。乗り方次第で2着は十分にあったのではないかという内容だっただけにもったいない競馬だった。
クリールカイザーは好位から進んだものの、こういう上がりが早い競馬は苦手だろう。付いて行くことができず10着。
そして後方待機から全く伸びなかったフェノーメノは去年の冬から変わらず不調なのか8着。復活できるのかどうか。

1着:アドマイヤデウス
2着:ウインバリアシオン
3着:ホッコーブレーヴ ▲

4着:サウンズオブアース ◎
5着:フラガラッハ
結果:-300円


ミュゼエイリアンが2番手からというまさかの位置取りが見事にはまった。スローペースのレースで先行して見事に粘り切った。共同通信杯で強豪相手に4着と好走していたもののワンパンチ足りなかったが、展開の助けを借りて待望の重賞制覇となった。
2着には後方からすごい脚で追い込んだダノンリバティ。力不足かと思っていたここでも見事な末脚だった。
アンビシャスはかかり気味で大外を回っての3着。折り合いさえつけば勝っていてもおかしくなかっただけにもったいないレースだった。
アッシュゴールドはまさかの最下位。好位で進んで直線に向いたものの全く伸びなかった。やはりこの血統は気の難しいところがあるのだろうか。

1着:ミュゼエイリアン △
2着:ダノンリバティ
3着:アンビシャス ◎

4着:アルバートドック
5着:シュヴァルグラン
結果:ワイド940円的中 +540円


ドバイワールドカップはホッコータルマエが果敢に逃げる競馬。そしてエピファネイアは砂をかぶってやる気をなくしたか、後方からの競馬で3コーナーですでに脱落し最下位に。
ホッコータルマエはしぶとく粘って直線に向いてもまだ先頭。しかし、最後は力の差を見せられた。海外の一線級の末脚には対抗できず5着となった。


ドバイシーマクラシックはワンアンドオンリーが健闘。かかりながら先行して、直線に向いたところで馬群に飲まれかけたもののそこから再び盛り返しての3着。去年のJC、有馬記念の敗戦は、連戦の疲れだったと見ていいだろう。日本に帰ってきてからも東京コースなら期待していいだろう。
ハープスターは全く見せ場なしのブービー8着。後方待機の競馬で進んだものの直線で全く伸びなかった。本当にこの馬に関しては、厩舎が違えばもっと活躍していたのではないかと思えてしょうがない。とりあえず、早くマイル路線に切り替えてはどうだろうか。2000m以下でしか実績がないということを早く受け入れるべきだろう。


UAEダービーはゴールデンバローズが日本馬最先着の3着。これまでのフラムドパシオンの3着に並ぶ、日本馬最高着順に並ぶ結果となった。ただ、終始折り合いを欠いて僅差の3着だっただけに、2着は十分あり得たという惜しい結果となった。日本に帰って来て、ホッコータルマエの最大の敵となることを期待したい。
他の日本馬はタップザットは逃げ粘り5着、ディアドムスは8着だった。


ザBMWに出走したトゥザワールドは中団より少し後ろから。大外を回って抜群の手ごたえで4コーナーで先頭に並びかける。
しかし、終わってみればいつも通りのこの馬の競馬。4コーナーで先頭に立って直線でもそのまま伸びて来るかと思うものの、最後まで伸びきることができない。結局最後は勝ち馬に突き放され、後続に迫られての2着。本当に持続力のない馬なだけに、乗り方ひとつなのかもしれないが、レース選択も重要になってきそう。
posted by ナイト at 16:00
"高松宮記念&マーチS&日経賞&毎日杯&ドバイミーティング&ザBMW結果"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]