2015年07月01日

宝塚記念&東京JS&スパーキングレディーC結果

ゴールドシップが負けることは見えていた、というと言い過ぎではあるが、勝つ気がしなかった。ならばいったいどんな負け方をするだろうかと考えた予想が今年の宝塚記念の予想だった。しかし、まともに走ればゴールドシップが負けるわけはなかった。ならばもっと無茶苦茶な予想をすべきだった。
その無茶苦茶な現実が待ち受けていた。負けるとすればこういう負け方しかありえないという、歴史的な大出遅れで15着、見事な負け方を見せたゴールドシップ。
そのせいで、レース自体もボロボロになった。超スローペースの前残り。それを制したのはラブリーデイ。以前は時計のかかる馬場は苦手だったこの馬だが、それも克服しての勝利。今年だけで重賞4勝の大躍進となった。
2着にはデニムアンドルビー。この馬の適性は本当にわからない。これだけスローのレースでどうして後方一気の追い込みが決まるのか。単に時計のかかる馬場が得意というだけで済ませたいところではあるが、それなら去年の有馬記念はどうして伸びなかったのかという話になるし、2年前のJCの2着もいったい何だったのか。
3着には内をロスなく回ったショウナンパンドラ。外からヌーヴォレコルトもよく伸びてきてはいたが、このあたりは枠順の差だろう。
久々のトーホウジャッカルは見せ場を作った。中団外からじりじりと脚を伸ばし、最後は4着にまで追い込んだ。この先、完調に戻れば秋のG1戦線で期待できる。
ディアデラマドレはスローの瞬発力勝負なら強いと思ったが、思いのほか伸びず。直線で前が狭くなる場面があったが、それも影響したのかもしれない。
ワンアンドオンリーはスローペースならこの程度の馬。ある程度ペースが流れないと勝負にならないだろう。

8枠16番ラブリーデイ川田58
2:14.4
3枠6番デニムアンドルビー浜中56
2:14.4
1枠1番ショウナンパンドラ池添56
2:14.6
7枠14番トーホウジャッカル酒井58
2:14.7
6枠11番ヌーヴォレコルト岩田56
2:14.7
4枠8番ディアデラマドレ藤岡康56
2:14.7
6枠12番レッドデイヴィス松若58
2:14.8
7枠13番ラキシスルメール56
2:14.8
2枠3番ネオブラックダイヤ秋山58
2:14.9
5枠9番トウシンモンステラ和田58
2:15.1
4枠7番ワンアンドオンリーデムーロ58
2:15.1
1枠2番トーセンスターダム武豊58
2:15.2
3枠5番カレンミロティック蛯名58
2:15.4
5枠10番オーシャンブルー松山58
2:15.5
8枠15番ゴールドシップ横山典58
2:15.6
2枠4番アドマイヤスピカ58
2:15.7

結果:-400円


タマモプラネットがいつも通り後続を離した逃げに出るが、重賞の強豪相手に簡単には逃げ切れず、直線で後続に捕まってしまう。
その追い上げてきた後続から抜け出したのはオースミムーン。転厩初戦、休み明けも問題なし。久々でも変わらずの強さを見せた。
2着には好位から抜け出したウォンテッドが粘るところに、後方から一気に追い込んで来たタナトス。新馬戦を思い出すような、他馬を一斉に抜き去る末脚で一瞬のうちに2着にまで追い込んだ。
人気のエーシンホワイティはレース中に脚をぶつけたとのこと。飛越があまりうまくないことに不安があったが、重賞の1番人気の舞台でその不安が露呈してしまった。結果、直線での伸びを欠き9着。

1着:オースミムーン △
2着:タナトス
3着:ウォンテッド △

4着:オジュウチョウサン
5着:タマモプラネット ○
結果:-500円


断然の1番人気サンビスタが伸びを欠き、直線でトロワボヌールと並んだ位置から置き去りにされてしまう。
そのトロワボヌールは、逃げるサウンドガガを猛追。最後はきっちり差し切って、重賞2勝目を挙げた。
2着にサウンドガガ。サンビスタは3着。いつぞやのメーデイアのような絶対女王をイメージしてしまうが、ここ最近はワイルドフラッパーやサンビスタなど、少し安定感を欠くところがある。敗因は何なのかが分からないと、今後も予想しにくくなる。
メイショウマンボはスタートで出遅れ、そこから挽回して好位集団に取り付いて行くものの最後の直線で失速。ダート適性の問題もあるだろうが、最後は6着にまで後退してしまった。

1着:トロワボヌール ○
2着:サウンドガガ △
3着:サンビスタ ◎

4着:ピッチシフター △
5着:タッチデュール
結果:三連複570円的中 +70円
posted by ナイト at 20:33
"宝塚記念&東京JS&スパーキングレディーC結果"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]