2015年07月05日

CBC賞&ラジオNIKKEI賞結果

外有利が定石の中京で直線内を突いたウリウリが一気に突き抜け、後続の追い上げをしのぎ切る勝利。馬場状態が悪いというのが最大の不安要素ではあったが、見事にそれも克服。京都牝馬S以来、久々の重賞2勝目を決めた。岩田得意の内突っ込みが、まさか中京で決まるとは思わなかった。ただ、この馬がこの先スプリント戦線で活躍できるかというと疑問。今回は時計のかかる馬場だったが、もし小倉のようなスピード馬場となると、追走に苦労するのではないだろうか。
2着には外から追い込んだダンスディレクター。3着にはその後ろから来たサドンストーム。外が伸びるとはいえ、コーナーで大外にまで振られたのはさすがに痛かった。
ベルルミエールは今日は控える競馬だったが、外から良く伸びたが4着止まり。

1着:ウリウリ
2着:ダンスディレクター ▲
3着:サドンストーム ◎

4着:ベルルミエール ○
5着:セイカプリコーン
結果:ワイド600円的中 ±0円


ここはアンビシャスの力が違った。前残りの展開で、逃げたマルターズアポジー、ミュゼゴースト、ロジチャリスあたりが残るところで、アンビシャスが楽々と外から突き抜ける快勝。毎年ハンデ戦で混戦になる印象のあるこのレースで、見事に突き抜けた。このレースでこの着差の快勝は記憶にない。
あとは前残りだった。ロジチャリスは大外枠でよくがんばった印象だが、スッと切れる脚がなさそうなので、小回りコースは向かなさそうか。

1着:アンビシャス ◎
2着:ミュゼゴースト △
3着:マルターズアポジー

4着:ロジチャリス
5着:ブランドベルグ
結果:ワイド560円的中 +160円
posted by ナイト at 15:54
"CBC賞&ラジオNIKKEI賞結果"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]