2015年10月11日

毎日王冠予想&南部杯予想1&オパールS裏予想

今年も豪華メンバーが集結した毎日王冠。もともとはこのメンバーに加えてモーリス、サトノクラウン、デニムアンドルビーまで出走を予定していただけに、少し物足りなく感じてしまうが、それでもこれだけのメンバーが揃った一戦に注目せずにはいられない。
メンバーをざっと見渡して、マーティンボロ、リアルインパクトあたりは少しここでは厳しそうと見るも、残りは11頭。
東京1800mということを考えると、グランデッツァに適性があるようには思えない。京都の軽い高速馬場向きで、そして直線で早い上がりの決着は苦手なこの馬。直線の上がり勝負になりやすい東京コースは向いていないだろう。
続いて、この早い段階でG1馬ダノンシャークも切ってしまう。1800mは久々で不安があるし、休み明けはこの馬はあまり走らない。さらに去年マイルCSを勝ったことでこのメンバー相手に58キロの厳しい斤量。厳しい材料が揃っているここは捨ててしまう。
さらに思い切って、ヴァンセンヌもさっさと捨ててしまう。今年になって完全に覚醒したこの馬だが、強いと感じたのは京王杯SCと安田記念の2レース。どちらのレースでも、今までに見られなかったディープインパクト産駒らしい末脚の切れが見られた。これらのレースまでは、時計のかかる馬場で結果を残していた馬なだけに、この時はまだ時計の早い勝負への対応に不安があったが、それを完全払拭した。そうなると、この馬はやはりディープインパクト産駒らしく、良馬場の切れ味勝負に向いていると考えたい。それなら開幕週のここは絶好の狙い目なのではないかと思うのだが、では去年までのレースでどうしてこの末脚が見られなかったのかということが気になる。もちろん、今年に入って急成長したのだとは思うが、あまりにその成長度合いが急すぎることに不信感を覚える。そこで思ったのは、母はフラワーパークならこの馬は1400m、マイルあたりまでの馬なのではないだろうか。今回の1800mで勝負になるのか。そこにかすかな怪しさを感じた。
ディサイファは開幕週というのが不安。東京1800mは3勝と得意にしているが、切れる脚はなく上がり勝負は分が悪い。開幕週で33秒台前半の上がりが必要なレースでは通用しないだろう。去年も上手く立ち回っての4着。このあたりが限界の馬と見る。開催が進んで馬場が荒れるエプソムCや、前走のような洋芝札幌、時計のかかる中京がこの馬にとってはベストだろう。
アンビシャスは前走が楽勝だったとはいえ、メンバーが弱すぎた。どれぐらい弱かったかというと、ラジオNIKKEI賞後に勝ち星を挙げた馬が未だにいないほど。ひと夏超えての成長に期待はしたいが、ラジオNIKKEI賞の勝ちタイム、上がりともに翌週の1600万より遅かったとなると、いきなりの古馬との対戦でこのメンバーを相手にするのはかなり過酷だろう。
残り6頭。
扱いが一番難しいのはエイシンヒカリ。まずこの馬が逃げると考えていいのかどうかから分からない。武豊はこの馬を完全な逃げ馬とは考えていないようで、キズナもいなくなって天皇賞秋をこの馬でということになるのならば、それを見据えた競馬、つまり控える競馬を試してくる可能性はある。そうなると全くこの馬がどんな走りをするのかが読めない。ペースは意外と落ち着いて、スローの直線の瞬発力勝負になるかもしれない。ただ、京都で上がり32秒台を使ったことのあるこの馬。そんな瞬発力勝負に対応できる可能性もある馬なだけに、簡単に捨てることができない。
クラレントも捨てきれない。安田記念3着で、東京での強さは未だ健在ということを見せつけた。このレースも2年前に3着の実績がある。
格下に思えるであろうトーセンスターダム。ただこれも捨てない。1800mは3戦3勝。後方から一気に差し切ったきさらぎ賞、チャレンジCとも素晴らしい末脚だった。東京コースは直線でラチに激突したダービー以来で、左回りに若干の不安があるが、得意の1800mであの末脚を引き出せれば、ここで大物食いがあっても驚けない。ただ、雨が向いていないであろうことが不安。
イスラボニータは好位からのレースができるのが強み。やはり開幕週。前に行った方が有利になるだろう。開幕週のスピード決着、1800mという距離ともこの馬は得意にしていると言っていいだろう。あとは休み明けと雨がどうでるかだけ。
ステファノスは香港のG1で2着。去年の富士Sでの豪快な差し切り勝ちを考えても東京コースは合いそうだし、ここは軽視できない。
スピルバーグは休み明けの58キロが不安ではあるが、それでも得意の東京コース。去年は直線で前が詰まっての3着。まともなら勝っていただろう。左回りの追い込み専用馬と言っていいと思うが、サトノギャラントとはレベルが違うはず。

1枠1番グランデッツァ福永56
2枠2番マーティンボロ川田56
3枠3番クラレント三浦56
4枠4番ディサイファ四位57
4枠5番ヴァンセンヌ横山典56
5枠6番イスラボニータ蛯名57
5枠7番アンビシャスデムーロ54
6枠8番トーセンスターダム内田56
6枠9番ダノンシャーク岩田58
7枠10番リアルインパクトルメール58
7枠11番ステファノス戸崎56
8枠12番スピルバーグ北村宏58×
8枠13番エイシンヒカリ武豊56

ワイド各100円 3-13 8-13 6-13 11-13 12-13 3-8
自信度★☆☆☆☆


ベストウォーリアとワンダーアキュート、それに続いてタガノトネール。この3頭で中央はいいのではないか。アドマイヤロイヤルは地方で弱い。エーシンビートロンやダブルスターは少し格下の印象。
本命はベストウォーリア。マイルなら信頼できる。連覇を期待していいだろう。
ワンダーアキュートはかしわ記念でベストウォーリアに勝っているので十分強いとは思うが、最近はムラがありすぎる。3番手まで。
タガノトネールは距離延長が心配。
それならむしろ地方のポアゾンブラックとハッピースプリントのほうが狙える。
ナムラタイタンは去年6着で、今年は去年以上のメンバーが揃っているように思えるので狙いにくい。

1枠1番タガノトネール藤岡康57×
2枠2番アドマイヤロイヤル村上忍57
2枠3番エーシンビートロン武幸57
3枠4番ニシノカチヅクシ別府57
3枠5番エアラギオール南郷57
4枠6番ポアゾンブラック阪野57
4枠7番ワットロンクン山本聡哉57
5枠8番ナムラタイタン坂口57
5枠9番カネマサゴールド高松57
6枠10番コミュニティ山本政57
6枠11番オグリタイム石川倭57
7枠12番ベストウォーリア福永57
7枠13番ハッピースプリント宮崎光57
8枠14番ワンダーアキュート和田57
8枠15番ダブルスター関本57



オパールS、京洛S、京阪杯。この8週間の京都開催の中に、同じコースのオープンクラスのレースが3つもあるんや。何が何か分からんなるで。しかもその裏の福島民友Cは今年からダート1700mやで。せめて福島は芝1200のままにして、京都で同じレース3つもやるのやめろや。ほんまにJRAの番組作っとる奴らはアホばっかなんか。それで年明けたらにすぐに淀短距離S、シルクロードSやろ。見飽きたんや。
レース自体はバーバラかビッグアーサーか。この2頭なら今年のスプリンターズ出てもええ勝負やったんちゃうか。本命はビッグアーサーや。バーバラは平坦でさらに怖いんやが、夏から使い詰めやで。ここらで調子落ちあるやろ。
対抗はルチャドルアスールや。怖いんは開幕週の逃げ粘りやで。

◎ビッグアーサー 4
○ルチャドルアスール 15
ワイド500円 4-15

結果:−500円
ネロのせいで暴走ペースの先行争いになってしもたわ。それにしてもビッグアーサーが強すぎるわ。
posted by ナイト at 01:36
"毎日王冠予想&南部杯予想1&オパールS裏予想"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]