2015年10月07日

白山大賞典&日本テレビ盃結果

メンバーを見ると中央馬4頭の争いかと思ったが、ソロルは1周目で早仕掛けをしたかと思いきや一旦控えたりと、よくわからない騎乗で自滅。結局3頭の争いに。
最後はエーシンモアオバーの3連覇を阻んだマイネルバイカが差し切って勝利。中央では実績が劣るこの馬だが、オープンで結果を残しているのは2000m以上の距離。力のいる地方のダートで、2100mという距離はこの馬にとって絶好の舞台だったか。
2着にはエーシンモアオバー。今年もマイペースに逃げたものの、最後に捕まってしまった。
ソリタリーキングは最後に詰めきれず3着。雨が降った方が強い馬で、時計の早い砂が得意の馬。良馬場の今回はこの程度でもしょうがないということだろう。

1着:マイネルバイカ △
2着:エーシンモアオバー ◎
3着:ソリタリーキング ○

4着:マヤノクレド
5着:ソロル ▲
結果:三連複860円的中 +260円


コパノリッキーとクリソライト。2頭が後続を離した逃げで完全にマッチレースのムードが漂い、その後ろに付けたラヴィアンクレールやサミットストーンも前に追いつける気配がない。
しかし、前半で飛ばし過ぎたのか、3、4コーナーでさらに後続を突き放すかとの思いきや、むしろその差は詰まっていく。その差を詰めてきたのは、道中中団にいたサウンドトゥルー。4コーナーで逃げる2頭を射程圏内に捕らえると、さらに直線でも自慢の末脚は止まらない。一気に直線で2頭を差し切って見せた。完全に2強ムードの中、見事な差し切り勝ちを決め、重賞初勝利を挙げた。
2着にクリソライト。
3着にはコパノリッキー。直線入り口ではすでに先頭争いから脱落していたが、休み明けの影響なのか、故障のせいで衰えてしまったのかが気になるところ。
それは5着のサミットストーンにも言えそうか。さすがにこちらも負け過ぎ。去年の東京大賞典3着の強さが戻ってくるのかどうか。

6枠7番サウンドトゥルー大野56
1:50.2
5枠6番クリソライト川田57
1:50.8
3枠3番コパノリッキー武豊58
1:52.2
8枠11番ラヴィアンクレール森泰56
1:53.0
2枠2番サミットストーン石崎駿57
1:53.3
7枠10番タイセイローマン張田56
1:54.3
6枠8番バトードール今野56
1:54.3
1枠1番サイモンロード丸野56
1:54.6
5枠5番タッチデュール佐藤54
1:54.8
4枠4番メイショウパーシー宮川実56
1:55.1
8枠12番エーシンイグアス森島56
1:57.4
7枠9番ガンバルデュラン中野54
2:02.0

結果:三連複300円的中 -100円
posted by ナイト at 20:40
"白山大賞典&日本テレビ盃結果"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]