2015年10月24日

菊花賞予想3&ブラジルC裏予想

どうしても長距離で母父サクラバクシンオーは狙えない。その固定概念にとらわれ過ぎてはいけないかもしれないと、ふと思った。サクラバクシンオー自体は、血統的に短距離馬というわけではない。
また、ディープインパクト産駒は初年度はマイル向きというのが通説であったが、リファールのクロスが付く母系だと長距離もこなすというデータがあり、初年度の通説を覆してきた。JCや有馬記念を勝ったジェンティルドンナ、菊花賞で3着に来たトーセンラー、ダービーを勝ったディープブリランテ。全てリファールのクロスが付いている。なら、もしディープインパクトの全兄ブラックタイドの産駒にリファールのクロスが付いていても同じようなことが言えるのではないだろうか。
もしや、もしやとは思うのだが、これに当てはまるキタサンブラックが3000mの菊花賞で大駆けし、北島三郎の熱唱が聞けるなんてこと、あり得ないとは言い切れない。馬体を見ても短距離馬のような筋肉質な馬体をしていないし、2200mのセントライト記念でも強い競馬をしている。ここでキタサンブラックが勝ったとすれば、もうそれは血統の歴史を大きく変えてしまうようなとんでもない出来事ではないだろうか。ただ、そんなことが起こりえないとは言い切れない。
あと、スピリッツミノルの逃げ残りはこのブログでは考えないが、実際の馬券では100円だけ押さえるだろう。
さあ、牡馬クラシック最後の1冠。菊花賞の予想はかくも楽しく、そして競馬はかくも難しい。

1枠1番ミコラソン武幸57
1枠2番サトノラーゼン岩田57
2枠3番タンタアレグリア蛯名57
2枠4番キタサンブラック北村宏57
3枠5番ベルーフ浜中57
3枠6番レッドソロモン武豊57
4枠7番スティーグリッツ内田57
4枠8番ミュゼエイリアン横山典57
5枠9番アルバートドック藤岡康57
5枠10番ブライトエンブレム田辺57
6枠11番リアルスティール福永57
6枠12番ワンダーアツレッタデムーロ57
7枠13番マサハヤドリーム和田57
7枠14番マッサビエル戸崎57
7枠15番ジュンツバサ石橋57
8枠16番タガノエスプレッソ菱田57
8枠17番リアファルルメール57
8枠18番スピリッツミノル酒井57

ワイド各100円 2-8 4-8 3-8 5-8 2-4
自信度★★☆☆☆


ドコフクカゼはなんで騎手がこんなコロコロ変わるんや。竹之下でよかったんちゃうんか。今回は大外でちょっと狙いにくいな。
菊花賞で東京の騎手が出払ってるんは分かるが、なんでマルカプレジオは荻野琢真なんや。それでも狙ってみたいわ。去年は直線詰まっての4着や。阪神2000で結果残してる馬やねんから、東京2100もこなせてええやろ。

◎マルカプレジオ 6
複勝700円 6


結果:-700円
大外でもドコフクカゼか。オープンやとこいつは強いわ。ただあのズブさに定評のあったトウシンイーグルが先行できるなんて想像できんて。
posted by ナイト at 20:37
"菊花賞予想3&ブラジルC裏予想"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]