2016年12月06日

クイーン賞予想&阪神JF予想1

トロワボヌールの相手探しかと思ったが、ヴィータアレグリアが距離は違えど2走前に船橋で勝っているので評価できるし、マイティティーはハンデに恵まれつつも牡馬相手に1600万を勝っているのだから牝馬同士なら通用する。この3頭が有力。
ただ、ヴィータアレグリアは休み明け、マイティティーは左回りに不安があるので本命にはしなかった。
あとは残る中央馬タイニーダンサーと、地方からは斤量の軽い3歳のミスミランダー。
兵庫のトーコーヴィーナスはレディスプレリュード2着と言っても前残りの馬場、展開に恵まれた印象。大井に比べて船橋は差しも決まりやすいのでここは捨てる。
そのトーコーヴィーナスに負けたララベルも気にはなるが捨てる。それに、JBCレディスクラシックを故障で除外になったのに、1か月後のここで万全の状態とは思えない。

◎トロワボヌール 12
○ヴィータアレグリア 11
▲マイティティー 7
△タイニーダンサー 5
△ミスミランダー 2
三連複100円 7-11-12
ワイド各100円 7-11 5-12 2-12

自信度★★☆☆☆


ソウルスターリングは藤沢厩舎。2歳の馬を仕上げてくるとは思えない。
デイリー杯2歳Sはレベルが低かったと思っているので、狙うのはアルテミスS勝ちのリスグラシューか、新潟2歳S勝ちのヴゼットジョリー。
本命はヴゼットジョリー。リスグラシューはハーツクライ産駒。晩成のイメージがあるので狙いたいのは来年以降。逆にヴゼットジョリーはロゴタイプで2歳実績のあるローエングリン産駒。

◎ヴゼットジョリー
posted by ナイト at 12:02
"クイーン賞予想&阪神JF予想1"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]