2019年12月15日

朝日杯FS、ターコイズS結果

順当に2頭で決まった。好位から突き抜けたサリオスと、中団から差してきたタイセイビジョン。
直線ではタイセイビジョンの脚色が良く、武豊がついに朝日杯FSを勝つかと期待したものの、サリオスに並びかけようかというところでサリオスが仕掛けると一気に後続を突き放した。終わってみれば2馬身半差で、サリオスの強さが際立ったレースだった。
タイセイビジョンと並んで外から追い込んで来たタガノビューティーが4着。初の芝で低評価だったが芝の適性も高かった。
3着にはその後ろから突っ込んで来たグランレイ。新馬は逃げて3着だったが、控える競馬をした未勝利は4馬身差の楽勝で、今回もメンバー最速の上がりで追い込んで来た。控える方が持ち味が出るのだろうか。
ただ、ハイペースでも前が残った阪神JFとは違って、朝日杯FSはハイペースで前がつぶれて外差しが決まる展開になった。サリオス以外の上位に来た馬は差してきた馬なので評価が難しい。他に前で残ったのは、逃げたビアンフェが7着で、これも評価しにくい。結局、抜けて強かったサリオス以外は高い評価はできない。むしろ、先週レコード勝ちしたレシステンシアが何だったのかと、あの異常な強さが改めて強調されたような気がする。

3枠6番サリオスムーア55
1:33.0
4枠8番タイセイビジョン55
1:33.4
5枠9番グランレイ池添55
1:33.6
7枠14番タガノビューティー和田55
1:33.6
7枠13番プリンスリターン原田55
1:33.8
1枠1番ジュンライトボルト岩田康55
1:33.9
1枠2番ビアンフェ藤岡佑55
1:33.9
8枠16番ラウダシオンルメール55
1:34.0
4枠7番ウイングレイテスト松岡55
1:34.3
6枠12番レッドベルジュールスミヨン55
1:34.3
2枠4番トリプルエースビュイック55
1:34.4
6枠11番カリニート55
1:34.9
3枠5番マイネルグリット国分優55
1:35.8
5枠10番エグレムニ福永55
1:35.8
8枠15番メイショウチタン松山55
1:36.5
2枠3番ペールエールマーフィー55
1:37.0

結果:ワイド620円的中 +120円


出走していた3歳馬4頭が上位を独占するまさかの結果に終わり、G3に出るレベルの、一線級から少し格下の古馬の牝馬のレベルの低さが浮き彫りになったレースだった。
逃げたコントラチェックはマイペースで気分良く逃げたことで、今年の春のような強さを発揮し、前半3ハロンが33秒9で外から無理やり先手を奪って逃げながらもそのまま押し切って完勝。
今回は好位に付けたエスポワールも、コントラチェックには届かなかったが直線で後続を突き放して強さを見せて2着。初のマイルで2着だったが、ベストは1800mとのことなので、中山牝馬Sや福島牝馬Sなら勝つチャンスは大いにありそう。
さらに今日は中団に付けたシゲルピンクダイヤも今までにない早めに動く競馬を見せて3着に粘った。ただ、得意のマイルだったので3着は少し物足りず、今までのような末脚を活かす競馬のほうが持ち味を発揮できるのかもしれない。
フィリアプーラは得意の中山マイルでいつも通り後方から末脚に懸ける競馬をしたが、ハナ差届かず4着。
来年の牝馬限定重賞は、この世代に注目すべきだろう。

1着:コントラチェック ◎
2着:エスポワール △
3着:シゲルピンクダイヤ △
4着:フィリアプーラ △
5着:メイショウグロッケ
結果:ワイド450円的中 -150円
posted by ナイト at 17:26
"朝日杯FS、ターコイズS結果"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]