2020年01月04日

京都金杯、中山金杯、WIN5予想

昔のような内の先行馬で決まらなくなっている京都開幕週の芝。
目立った実績馬はおらず、明け4歳馬カテドラルが中心だろうか。
同じ4歳でもエメラルファイトは去年もわざわざこの時期に京都遠征して勝ったので、コース相性はいいかもしれない。ただ休み明け2走が物足りない内容だし、スプリングS勝ち馬なのでハンデ56キロも不安。
他に、メイショウショウブは阪神Cで3着に来て中1週でのレースだが、短い距離のほうがいいだろう。それに枠も17番は厳しい。
京都が得意のダイアトニックもマイルへの距離延長が不安だし、それに57キロも厳しい。せいぜい押さえまで。
逆にテリトーリアルやブレステイキングは1800mのほうがいいだろう。
1800mがベストな感じだがマイルもこなせるとすればソーグリッタリングだが、こちらは大外18番枠では買う気にならない。
こうやって見ていくと、マイルで狙いたい馬がなかなかいない。
マイルのリゲルSで1、3着に来たストロングタイタン、サウンドキアラは力不足だろうか。ただ得意の京都で4勝しているサウンドキアラは押さえておきたい。本当に狙える馬なら武が乗り替わることはないと思うので、あくまで押さえ。
ドーヴァーは前走は不良馬場での勝利だったが、中山の良馬場でもオープン勝ちがある。あとは、京都の芝に対応できるのかどうか。
安定感のあるのはモズダディー。特にこの秋は3戦2勝だし、唯一負けた相手もNHKマイルC3着馬のレッドヴェイロンなら、ここで力不足ということもなさそう。ただ、戸崎、ルメールと乗って来て今回が酒井学でどうやって信頼すればいいのか。

◎カテドラル 13
○ダイアトニック 6
▲エメラルファイト 1
△サウンドキアラ 3
△モズダディー 15
ワイド各100円 6-13 1-13 3-13 13-15 1-3
自信度★☆☆☆☆


カデナ、クレッシェンドラヴ、トリオンフと、京都と違ってそれなりに実績のある馬がいるし、中山2000mならウインイクシードも得意のコースなので要注意だろう。
ただ、カデナ、クレッシェンドラヴは57キロのハンデ。トリオンフは58キロのハンデと、あまり狙いたくはならない。
他に、チャレンジCで前が詰まって勝負にならなかったギベオンは57.5キロのハンデが厳しい。
チャレンジC組では、8着だったノーブルマーズは内枠ならチャンスはある。
6着だったブラックスピネルは楽に逃げられればチャンスがあるものの57キロのハンデが厳しい。それなら55キロのタニノフランケルのほうが怖いが、こちらは外枠なので簡単にハナを取れなさそうでこれも不安。
まったく分からないのはザダルだが、石橋を下ろしてマーフィーを起用してきたところに勝負気配を感じる。
マイネルサーパスは33秒台の上がりがいらない中山2000mなら通用してもおかしくないが、16番枠は不安。17番枠のザダルに比べればマシかもしれないが、鞍上の差もあるのでこちらは捨てる。

◎ウインイクシード 8
○カデナ 15
▲ギベオン 9
△ノーブルマーズ 4
△ザダル 17
ワイド各100円 8-15 8-9 4-8 8-17 9-15
自信度★★☆☆☆


2020年1月5日WIN5予想
1レース目:4、
2レース目:1、2、6
3レース目:3、10、12、15
4レース目:8、15
5レース目:6、13
計96点

結果:2レース的中
58キロでも勝ったトリオンフは完全復活。これならG2、G1を狙える。
posted by ナイト at 10:40
"京都金杯、中山金杯、WIN5予想"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]