2020年01月16日

シンザン記念、フェアリーS結果

好位のプリンスリターンとサンクテュエールの一騎打ちを制したのはサンクテュエール。出遅れたものの巻き返して最内の好位をキープし、直前での叩き合いを制した。ただ、3、4着がサンクテュエールの後ろでラチ沿いを走ったコルテジアとオーマイダーリンなので結局は内枠先行馬天国。全く今回の成績はアテにならない。勝ちタイムが1分35秒9なのでなおさら。
人気のルーツドールはルメールが乗らなかった馬なので最初からいらなかったのかもしれないが、負けすぎ。それほど今の京都は外枠だと勝負にならないのかもしれない。

1着:サンクテュエール 〇
2着:プリンスリターン
3着:コルテジア
4着:オーマイダーリン
5着:ヴァルナ △
結果:-400円


スマイルカナが逃げて2馬身半差の楽勝。ただ中山マイルの1枠1番なので成績ほどの実力があるとは思えない。昔はゴスホークケンが朝日杯2歳Sを逃げ切ったりしたのたから、そのレベルかもしれない。
2着はチェーンオブラブ。前走はメンバー最速の上がりで末脚はしっかりしている馬だったが、中山でもその末脚は通用した。前残りのレースで唯一後ろから来たので高く評価したい。
3着のポレンティアは夏の札幌以来でも3着と力を見せた。
2戦2勝のシャインガーネット、アヌラーダプラは4、6着で、力不足だったのかもしれない。

1着:スマイルカナ △
2着:チェーンオブラブ
3着:ポレンティア
4着:シャインガーネット ▲
5着:ソーユーフォリア
結果:-300円
posted by ナイト at 22:18
"シンザン記念、フェアリーS結果"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]