2020年06月26日

東京JS予想&宝塚記念予想2

ここはトラストの力が抜けている。相手探しのレースだろう。
トラストと平地力ならいい勝負ができるのはケイティクレバーだろう。障害のオープンも勝っているのでこれは外枠でも外せない。
重賞でも常連のハルキストン、アズマタックンの2頭からは、ハルキストンを押さえる。アズマタックンは過酷なレースだった中山GJの疲労が不安。
その中山GJの悲劇があったシングンマイケルと同じ、シングンオペラ産駒で金子光希鞍上のシングンオフビートは、オープン勝ちの内容が平凡。ここも勝てば感動的な勝利になりそうだが少し難しいか。
怖いのはフォワードカフェ。その中山GJでオジュウチョウサンが威厳を示したが、その鞍上石神はオジュウチョウサンに限らずここ数年障害で大活躍している。安定感抜群のこの馬が唯一勝った未勝利戦の鞍上が石神だったし、その時は普段の勝ち切れない善戦マンのイメージを覆す2秒1の差を付けての完勝。石神マジックはここでも警戒したい。
もう1人、最近の障害で外せないのは森一馬。しかしスプリングボックスは最近森一馬が乗っても3連敗と精細を欠いており、こちらは狙いにくい。
スプリングボックス同様に1番人気を裏切っているプラチナアッシュはあまりにも負けすぎで、こちらも見送る。
未勝利の着差を考えるならマンノグランプリ。ただスマートファルコン産駒でダート適性がありそうなので、最後の直線が芝の今回は見送る。ここ2戦の好走はどちらも最後がダートだった。あとは着差が大きいと言っても、勝ちタイムが遅い。
穴は前走がオープン勝ちのヤマニンシルフ。タイムが翌日の未勝利よりも遅かったものの、8ヶ月ぶりのレースだったことを考えれば評価してもいい。転厩初戦でいきなり初のオープン勝ちだったので、馬が一変している可能性もあるし、2走目でさらに上積みもあればここでもチャンスがありそう。

◎トラスト 7
○フォワードカフェ 11
▲ケイティクレバー 13
△ハルキストン 8
△ヤマニンシルフ 3
ワイド各100円 7-11 7-13 7-8 3-7 11-13
自信度★★☆☆☆


このブログでのジーワン予想で、この宝塚記念は相性のとことん悪いレース。回収率の低さは皐月賞、桜花賞に次ぐ3番目なのだが、それよりもひどいのが2012年のオルフェーヴル以来、7年連続外れっぱなしということ。
何よりこの宝塚記念が鬱陶しいのが、梅雨の時期で毎年馬場状態が分からないこと。馬場傾向から内枠有利かと思いきや外枠がよく来る。
サートゥルナーリア、ブラストワンピース、クロノジェネシス、ラッキーライラック。この4頭のレースだと思っていたが、雨の影響がなければブラストワンピースの代わりにワグネリアンやグローリーヴェイズも考える必要があるし、逆に大雨ならキセキやメイショウテンゲンが怖くなってくる。
どうやら良馬場の可能性は低そうで、雨の場合を考えておきたい。穴狙いはメイショウテンゲンだが、そこまでの大雨にはならなさそうなので、キセキを押さえるまでにとどめておく。
グローリーヴェイズは実力は間違いないが、香港以来のレースで仕上がりが不安だし、平坦コースでの成績がいいので坂のある阪神で重馬場となればかなりパワーが必要になるのが不安。
ワグネリアンも雨のJCで3着とはいえ、雨が得意なタイプとは思えない。そしてマカヒキほどではないがG1ではそこそこな成績止まりで、内回りコースも得意とは思えない。
印を付けたものの、ラッキーライラックも雨は不安。ただ充実した最近の内容なら雨もこなせそうで押さえには入れる。
雨で訳の分からない荒れ方をするとしたら、トーセンカンビーナみたいな馬も考える必要があるのだろうか。そこまで荒れることはないと思っているが。

1枠1番トーセンカンビーナ浜中58
1枠2番ペルシアンナイト和田58
2枠3番グローリーヴェイズレーン58
2枠4番アフリカンゴールド藤井58
3枠5番サートゥルナーリアルメール58
3枠6番トーセンスーリヤ横山和58
4枠7番ワグネリアン福永58
4枠8番レッドジェニアル酒井58
5枠9番アドマイヤアルバ西村淳58
5枠10番メイショウテンゲン松山58
6枠11番ラッキーライラックデムーロ56
6枠12番モズベッロ池添58
7枠13番ダンビュライト松若58
7枠14番キセキ58
7枠15番スティッフェリオ58
8枠16番クロノジェネシス北村友56
8枠17番カデナ鮫島克58
8枠18番ブラストワンピース川田58
posted by ナイト at 21:48
"東京JS予想&宝塚記念予想2"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]