2020年06月24日

ユニコーンS、函館スプリントS、帝王賞結果

カフェファラオが強すぎた。レッチェバロックが予想通り逃げて、直線では2頭が並んで一騎打ちかと思ったが、レッチェバロックは距離が長かったようで失速。そこからカフェファラオの独走。最後は流して5馬身差、勝ちタイムは1分34秒9のレースレコードで、圧倒的な力の差を見せつけた。ルヴァンスレーヴ、クリソベリルと2年続けてダートの大物がいたが、今年もそれに勝るとも劣らない活躍を期待できる。
2着以降は差し馬が上位に来ているので、レッチェバロックのハイペースの逃げで先行馬には厳しい展開になったにもかかわらず1頭だけ前で競馬をして残ったのだから相当に強い競馬だった。
2着のデュードヴァンはいつもよりも後ろからの競馬で大外を回すレースになったが、それでもよく伸びてきた。さらに3着には人気薄のケンシンコウ。これも後ろからの追い込みだった。
追い込みで結果を残していたタガノビューティーはせっかく展開が向いたのに、向こう正面で躓くアクシデントがあって13着と大敗。今回の結果は度外視。

1着:カフェファラオ ○
2着:デュードヴァン △
3着:ケンシンコウ
4着:サンダーブリッツ
5着:キタノオクトパス
結果:-600円


前残りの馬場で、ダイアトニックが楽に2番手を追走。逃げるダイメイフジを泳がせて、後続を牽制しながらのレース運びはさすが武豊といった感じだった。直線に向くと簡単にダイメイフジを捕らえて2馬身差の完勝。58キロでも完勝だった。
2着のダイメイフジは楽に先手を取れて、道中も後ろからのプレッシャーなく走れたのが好走の要因で展開に恵まれたことは間違いない。
3着のジョーマンデリンは好位からの競馬でも3着止まり。こちらも展開に恵まれての競馬だったが、ダイメイフジを捕らえる力は無く、最後は後続に迫られてのゴールで、函館巧者ではあるが重賞ではこのあたりが限界だった。
フィアーノロマーノは1200mは短かったか4着。ライトオンキューは休み明けも影響したか、伸びを欠いて6着。
そんな中、相変わらず後方から大外を回してすごい脚で突っ込んで来て5着に入ったのはシヴァージ。この末脚はいずれ重賞でも勝ち負けできそうなほどの脚なので、警戒しておきたい。
エイティーンガールも最後は良く伸びていたが、内枠で馬群をさばくのに少し手間取った。

1着:ダイアトニック ◎
2着:ダイメイフジ
3着:ジョーマンデリン ○
4着:フィアーノロマーノ △
5着:シヴァージ
結果:ワイド580円的中 +80円


ストライクイーグルとクリソベリルのキャロットファーム2頭がワイドファラオに後ろに付けて、ゆっくりとしたペースでレースを進め、直線でクリソベリルが抜け出して完勝。ダービーのノースヒルズ隊列を思い出すようなキャロットの2頭が組み立てたレースで、クリソベリルが中東遠征から帰ってきての状態の不安を一掃した。今のダート界のトップなのは疑いようのないところだったが、帰国後初戦のレースでもその実力を見事に発揮した。
2着にオメガパフューム。得意の大井2000mなので崩れはしなかったが、クリソベリルとは力の差を見せつけられた。スローペースと見て早めに動いて行ったが、ペースが上がった4コーナーで他の馬と同じ脚色になり、直線ではしぶとく脚を伸ばしたがクリソベリルには付いて行けなかった。
3着にチュウワウィザード。得意の重馬場でも3着と、安定感はあるもののダートのトップレベルの差はここでも埋まらなかった。去年に続いてオメガパフュームには敗れたし、チャンピオンズCで負けたクリソベリルにも及ばず。力関係がはっきりしているという意味では分かりやすくて助かるが。
ワイドファラオは4着に粘ったが、キャロット2頭がかわいがってくれたおかげで、レースの上がりが大井2000mなのに36秒台という超スローペースに恵まれたおかげなのは間違いなく、この距離で今後も同じような活躍を期待するのは厳しいだろう。
これだけペースが遅くなると、後ろからレースをしたノンコノユメやケイティブレイブには厳しかった。
ルヴァンスレーヴは10着と、前走に続いての大敗。全くの見せ場がなく、今後の復活を期待するのが難しくなってしまった。

5枠8番クリソベリル川田57
2:05.3
7枠11番オメガパフュームデムーロ57
2:05.7
4枠6番チュウワウィザードルメール57
2:05.9
3枠4番ワイドファラオ福永57
2:06.0
6枠9番ノンコノユメ真島大57
2:06.3
8枠14番ケイティブレイブ長岡57
2:06.3
3枠3番ミツバ和田57
2:06.5
4枠5番ストライクイーグル御神本57
2:06.5
5枠7番サブノクロヒョウ西57
2:07.3
2枠2番ルヴァンスレーヴレーン57
2:07.5
7枠12番ヒカリオーソ山崎誠57
2:07.7
8枠13番キャッスルクラウン岡村健57
2:08.1
1枠1番モジアナフレイバー繁田57
2:08.5
6枠10番フレアリングダイヤ楢崎57
2:08.7

結果:ワイド330円的中 -170円
posted by ナイト at 20:20
"ユニコーンS、函館スプリントS、帝王賞結果"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]