2020年07月08日

CBC賞、ラジオNIKKEI賞、エクリプスS結果

想定していた前残り決着だとしても、前に行く馬が予想と違いすぎた。
ラブカンプーが、2年前のスプリンターズS2着以来の馬券に絡む活躍で逃げ切り勝ち。勝てないまま終わったと思っていた馬がまさかの重賞初勝利となった。こんなところで復活するなんて予想できない。
2着には久々の先行策のアンヴァル。こんなの、ラブカンプー以上に狙えない。
3着のレッドアンシェルは復調気配を見せた。
結局、内ラチ沿いを通った3頭での決着。雨での開催が続いたとは思えないくらい、馬場が荒れていないということだろう。
人気のタイセイアベニールは4着、5着には後方から直線だけの競馬に懸けたエイシンデネブ。どちらも直線で内を突いた馬なので、とにかく内を通った馬だけの勝負になってしまった。
前に行くことを期待していたグランドロワはスタートダッシュが付かず。1200mの重賞で逃げるほどのスピードはなかったか。雨で時計のかかる1400mくらいがベストか。
もう1頭、スピードはあると思っていたロケットは3コーナーの入り口で挟まれて位置を悪くした。

1着:ラブカンプー
2着:アンヴァル
3着:レッドアンシェル
4着:タイセイアベニール ◎
5着:エイシンデネブ
結果:-600円


福島も行った行った。ハナにこだわらないと思っていたが内枠なので包まれるのを嫌ったか、バビットが押して押しての逃げ切り。5馬身差の圧勝で、馬場と展開が味方したとしても圧勝だった。
2着にパンサラッサ。3番手追走から粘りこんだ。
パラスアテナ、ルリアン、サクラトゥジュールの人気馬は、前残りの馬場状態を考えて外から早めに動いていったものの、結局前が止まらなかったことと道中に脚を使ってしまったことで最後の伸びを欠いて4、5、6着止まり。
同じように早めに上がっていったグレイトオーサーは、仕掛けたのではなく折り合いを欠いて外から上がっていってしまったのだろう。途中で力尽きて10着だった。
3着には直線で内を突いて伸びたディープキング。勝ちを狙って動いた人気馬と、着を拾いに行った人気薄の馬との差だと思うので、実力というわけではない。
行った行ったを警戒して2頭を押さえていたのに、この2頭の組み合わせを押さえていなかったのは情けない。どうせ荒れる夏競馬なのだから、どちらかを軸にするくらいの思い切りが必要だったのも反省点。

1着:バビット △
2着:パンサラッサ △
3着:ディープキング
4着:パラスアテナ ○
5着:ルリアン ◎
結果:-500円


日本に続いてヨーロッパでも逃げ切りの競馬を見せられるとは思っていなかった。もしかすると、日本よりも前残りの馬場状態だったのではないか。
ガイヤースがエネイブル以下を抑えての逃げ切り勝ちを決めた。
エネイブルは6歳の衰えか、久々の緩みか分からないが、ジャパンを交わすので精一杯。いつもの圧倒的な瞬発力は影を潜め、必死に追われてゴール前でなんとか2番手に上がるだけだった。

1着:ガイヤース ○
2着:エネイブル ◎
3着:ジャパン △
4着:マジックワンド
5着:ディアドラ
結果:馬連210円  三連複250円的中 +160円
posted by ナイト at 20:13
"CBC賞、ラジオNIKKEI賞、エクリプスS結果"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]