2017年04月29日

天皇賞春予想3&クイーンエリザベス2世C予想&谷川岳S裏予想

京都の外回りG1で波乱になるのは大逃げだが、キタサンブラックのような先行馬の有力馬、しかも鞍上が武豊となればそんな前を楽に逃げさせてしまうような失態を犯すこともないだろう。
そうなると、キタサンブラックを差せる馬がいるかどうかというのが焦点になる。もちろんサトノダイヤモンドが外枠でもその候補筆頭で、それに続くとすれば去年3着のシュヴァルグラン、菊花賞2着のレインボーラインあたりだと思っている。
シャケトラはそんなに切れる脚はないので、前走のような早めに動く競馬をしないと勝負にならないと思うが、京都外回りでそんなレースはゴールドシップ級でないと通用しない。
アルバートやトーセンバジルのような後方待機から差し切るには強烈な末脚が必要になるが、これも京都コースで飛んでこれるほどの脚があるとは思えない。
そうなると、中団、あるいは少し前に付ける馬で怖いところでファタモルガーナを押さえておきたくなる。
ただ、こう考えれば考えるほど、2強に割って入りそうな、狙いたくなるような馬が見当たらない。やはり2頭が中心でいいのではないだろうか。
もしも何かあった時のために、馬券としてはファタモルガーナは前残り想定なのでキタサンブラックと合わせて、シャケトラが来るとすれば前が厳しくなってスタミナ勝負になった時を想定しているのでシュヴァルグランかレインボーラインあたりと一緒に抱えておくとおもしろいのではないか。

1枠1番シャケトラ田辺58
1枠2番ラブラドライト酒井58
2枠3番キタサンブラック58
2枠4番スピリッツミノル58
3枠5番ファタモルガーナ浜中58×
3枠6番シュヴァルグラン福永58
4枠7番アルバート川田58
4枠8番タマモベストプレイ吉田隼58
5枠9番ディーマジェスティ蛯名58
5枠10番アドマイヤデウス岩田58
6枠11番プロレタリアト杉原56
6枠12番ゴールドアクター横山典58
7枠13番トーセンバジル四位58
7枠14番ワンアンドオンリー和田58
8枠15番サトノダイヤモンドルメール58
8枠16番レインボーラインデムーロ58
8枠17番ヤマカツライデン松山58

三連複各100円 3-6-15 3-15-16
ワイド各100円 3-5 1-6

自信度★★★☆☆


デザインズオンロームにブレイジングスピードは香港でもおなじみの古豪だが、もはや7歳と8歳。そろそろ香港のこの路線も世代交代なのではないか。特にデザインズオンロームの近走はひどいレースが続いており、復活の気配が見えない。
世代交代候補筆頭は、去年のこのレース覇者で年度代表馬のワーザーだろう。ここは素直に本命。
それに続くのが、香港カップでモーリスの2着に入ったシークレットウェポンだが、面白いのはパキスタンスター。まだキャリアの浅い4歳だが、この馬の強烈な末脚を一度見て一瞬で心を動かされた。特に新馬戦はマンガのようなレースだった。
この地元3頭に、ネオリアリズムがどこまで食い込めるか。香港カップで毎年日本馬が上位に来れるように、香港はスプリント王国だけあって中長距離は手薄。ネオリアリズムもこの距離で折り合いさえつけばという期待はある。そして、香港勢があのJ.モレイラを確保しておらず、ネオリアリズムに騎乗するということは、香港勢がそこまで強くないとも考えられる。

◎ワーザー 1
○ネオリアリズム 5
▲パキスタンスター 8
△シークレットウェポン 2
ワイド各100円 1-5 1-8 1-2 2-8
自信度★★★☆☆


いつ走るかわからんキンカメ産駒のアルバタックスとダノンリバティ。どっちも新潟実績あるし、どっちかは来るんちゃうやろか。という時に限ってどっちも来んのやろ。分かるで。
ダノンリバティは芝ダート兼用で、ヴァーミリアン、キングスエンブレムみたいにこの一族の血を受け継いどる。つまり、若いころは芝で通用しても年取って一線級相手になったら芝やと通用せんくてダートで走るっちゅうことちゃうやろか。芝、しかもスピードのいる開幕週の今回は見送りや。
替わりの馬を探すわ。せっかくの新潟の長い直線で見ごたえのあるレースが見たいっちゅう時に限って、特に入れ替わりなく先行した馬が残るのは興ざめなんや。マイネルちゅうのはたいていそういう馬が多いんや。

◎マイネルラフレシア 7
○アルバタックス 11
複勝各200円 7 11

結果:複勝920円的中 +520円
丹内のアホ、後ろから行ってどないすんねん。アルバタックスはなんでこんな人気なかったんやろ。
posted by ナイト at 19:09| Comment(2) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

青葉賞予想&天皇賞春予想2&天王山S裏予想

ダービー馬候補と評判のアドミラブル。これまでの実績を考えればここでも楽勝してダービーに進んでもらいたい。相手が弱すぎるので、ここはなんとしても勝たなければいけない。
その相手は本当に難しい。一番気になっているのはトリコロールブルー。スプリングSでは11頭立てとは思えないほどの大外を回って5着まで来たのは評価できる。
それからベストアプローチ。毎回追い込みの脚は堅実。東京2400mならこれまで走ってきたコースよりも差しが決まりやすいのではないか。
アドマイヤウイナーはどうして鞍上秋山なのか。アドマイヤに秋山というのはこれまでに記憶がない。
マイネルスフェーンは東京2400mの差し勝負になりやすいこの青葉賞で通用するとは思えない。そんなに切れる脚はないだろう。
他にも500万の勝ち上がりが何頭かいて、どれが来てもおかしくないとは思うが、そこまで強いと思える勝ち方ではなかったので思い切って絞った。強いて言えばイブキか。

1枠1番スズカロング蛯名56
2枠2番サーレンブラント柴山56
3枠3番アグネスウイン川又56
4枠4番ポポカテペトルルメール56
5枠5番ダノンキングダム内田56
5枠6番アドマイヤウイナー秋山56
6枠7番マイネルスフェーン柴田大56
6枠8番タガノアシュラ北村宏56
7枠9番ベストアプローチ岩田56
7枠10番アドミラブルデムーロ56
8枠11番トリコロールブルー戸崎56
8枠12番イブキ田辺56

馬単各100円 10-9 10-11 10-6
自信度★★★☆☆


2強対決。シュヴァルグラン、シャケトラ、レインボーラインあたりが3着候補か。菊花賞で京都長距離実績があるレインボーラインが一番怖いと思っていたのだが、枠が最悪なのでシュヴァルグランが3番手評価。
シャケトラは日経賞を勝ったと言っても中山2500mと京都3200mでは全然適性が違うのではないか。京都2400mの日経新春杯で軽ハンデながらミッキーロケットに負けたあたり、京都適正に不安があるし、日経賞から斤量が3キロも増えるのはどうなのか。ただ、1枠というだけで警戒せざるを得ない。
他の人気馬は捨てる。
ゴールドアクターは去年の大敗でコース適正、距離適性に不安を感じた。それに最近の不調もあり狙いたいと思えない。
アルバートはG1だと少し力及ばないレースが続いているあたり、アンビシャスや同じアドマイヤドン産駒のアドマイヤデウスと似ているように感じる。G2やG3のぬるい流れのレースなら最後にものすごい脚を見せるのだが、厳しい流れになるG1だと他の馬と同じような脚色になってしまうか、そこまで飛び抜けた脚を使えず前を捕えられない。今回はそれに加えて京都の長距離戦という、後方一気ではめったに勝負にならないコースなので厳しいと見ている。怖いのは、鞍上川田への乗り替わりで思い切った先行策に出てそれがはまる可能性があるかもしれないということ。
他には、2年前の菊花賞回避の雪辱に燃えるトーセンバジルだが、この馬も差しに徹しそうで、しかも枠が外なので厳しいだろう。四位が内を突くような積極的な競馬をするとは思えないし、外から飛んでくるほどの末脚を持っているとは思えない。唯一怖いのは、藤原厩舎の休み明け2走目ということだけ。ただこの馬がストレイトガール、ステファノス級かというとそうは思えない。
ディーマジェスティは京都3200mが合うのかどうか。菊花賞の敗因は調子のせいなのか、距離のせいなのか、それがよくわからないだけに、本調子ならもしかするとという気もする。ただ、距離、京都コースともこの馬には全く合わないと思っているので、今回は自分を信じる。
最後に、大穴はファタモルガーナだが、今回そこまで印を回す必要があるだろうか。枠がいいので一応印はつけておく。去年は4枠ながら気が付けば馬群の外にいたという、内田らしい騎乗だったが京都であれは完全に騎乗ミス。それでいながら最後はアルバートやフェイムゲームと同じ脚色で追い込んでの7着。末脚よりも前前でレースを運んでしぶとく粘る競馬が合っていそうなだけに、ステイヤーズSのように好位でうまく立ち回って、キタサンブラックに付いて行くような競馬ができれば3着争いも可能かもしれない。終わってみれば3200m戦でもディープインパクト産駒なんてことになるかもしれない。

1枠1番シャケトラ田辺58
1枠2番ラブラドライト酒井58
2枠3番キタサンブラック58
2枠4番スピリッツミノル58
3枠5番ファタモルガーナ浜中58×
3枠6番シュヴァルグラン福永58
4枠7番アルバート川田58
4枠8番タマモベストプレイ吉田隼58
5枠9番ディーマジェスティ蛯名58
5枠10番アドマイヤデウス岩田58
6枠11番プロレタリアト杉原56
6枠12番ゴールドアクター横山典58
7枠13番トーセンバジル四位58
7枠14番ワンアンドオンリー和田58
8枠15番サトノダイヤモンドルメール58
8枠16番レインボーラインデムーロ58
8枠17番ヤマカツライデン松山58



スマートアヴァロンとコウエイエンブレムは1200大丈夫なんやろか。1200の実績で考えたらブルドッグボスやで。

◎ブルドッグボス 9
複勝500円 9

結果:-500円
コウエイエンブレム強すぎやろ。もしかしたら1200やとめちゃくちゃ強いんか。タイムも良馬場でこれはすごいわ。
posted by ナイト at 19:07| Comment(0) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

天皇賞春予想1

2強対決。どちらが本命でもいいのだが、キタサンブラックは菊花賞、天皇賞春とも勝ってはいるがどちらも僅差。それに対してサトノダイヤモンドは菊花賞、阪神大賞典の長距離戦でどちらも完勝。着差を考えれば単純にサトノダイヤモンドのほうが長距離戦での強さは際立っているように見える。

◎サトノダイヤモンド
posted by ナイト at 13:46| Comment(0) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

マイラーズS&フローラS&福島牝馬S結果

スローの上がり勝負になりそうなところを早めに動いたのはヤングマンパワーの松岡。この馬の苦手な瞬発力勝負にはならぬよう、期待していた通りに坂の下りでスパート。逃げるサンライズメジャーを捕らえにかかる。
それでも好位追走のエアスピネルとイスラボニータもそれに付いていき、さらに32秒台の上がりを出せばそれには歯が立たず、ヤングマンパワーは3番手に下がる。
前の2頭の争いは内外の差が出たか。勝ったのは、外枠ながら内に潜り込んでロスなく立ち回ったイスラボニータ。1頭だけ57キロを背負っていて勝ったのだから、まだまだ衰え知らずでG1でも期待できる。
エアスピネルは外を回して安全騎乗で僅差の2着なら、やはりマイルならG1級の素質があるということか。結局はマイルでも一線級相手ではあと一歩止まりの善戦マンになってしまうのか。
ブラックスピネルは今回は後方から追い込むも4着。プロディガルサンは7着。スローペースなので展開が向かなかったことは間違いないが、どちらも力不足感はある。ブラックスピネルは最後の脚色が前の2頭と同じになってしまった。プロディガルサンは東京なら変わり身があるかもしれないが、どのみち後ろからしか行かない馬なので展開の助けが必要になるだろう。
フィエロは抜群の手ごたえに見えたのだが直線で反応が鈍かったのは、高松宮記念を使ったせいでマイル戦に戸惑ったのだろうか。それでいて福永お得意の前が詰まるシーンまで見せられてはどうしようもない。
最近馬券の調子が悪いので、ヤケになって本命をヤングマンパワーにして、さらにブラックスピネルもプロディガルサンもダッシングブレイズも全部捨てると、びっくりするほど予想通りの形になった。たまにはこういうヤケクソ予想でも当たるのだということが分かったのは大きな収穫。金曜日の段階ではエアスピネルが本命でヤングマンパワーを捨てる予想を書いて、下書き保存までしていたのだから、この当たりには自分でも驚くしかない。

8枠11番イスラボニータルメール57
1:32.2
4枠4番エアスピネル56
1:32.3
6枠6番ヤングマンパワー松岡56
1:32.4
7枠8番ブラックスピネルデムーロ56
1:32.4
1枠1番サンライズメジャー松若56
1:32.5
3枠3番フィエロ福永56
1:32.7
6枠7番プロディガルサン川田56
1:32.8
5枠5番ダッシングブレイズ浜中56
1:33.0
2枠2番アクションスター佐藤56
1:33.1
7枠9番クルーガー松山56
1:33.1
8枠10番シェルビー四位56
1:33.6

結果:ワイド2030円的中 +1630円


ヒモ荒れと読んで穴馬に11番人気のレッドコルディスを指名したが、惜しくも前後賞。
勝ったのは12番人気のモズカッチャン。2着には10番人気のヤマカツグレース。どちらも前走好走しており狙えない実績ではないが、東京コースでしかも開幕週の牝馬戦でハービンジャー産駒のワンツー決着は考えられなかった。いい加減にハービンジャー産駒は適性をはっきりさせてほしい。苦手と思っていた東京でこの成績なら、もう残っている特徴は早熟ということくらいではないか。
ただ、今日は雨が少し残っていたことが、ハービンジャー産駒が東京でも通用した原因と考えればいいのではないか。そして、勝ったモズカッチャンのように早く乾く内側を通ったという位置取りも味方して、たまたまハービンジャー産駒のワンツー決着になったのではないか。
フローレスマジックは勝ってもおかしくない展開だったのに3着。人気ほどの実力がないということなのか、それともラキシスではなくサトノアラジン寄りでマイル馬なのか。

1枠1番モズカッチャン和田54
2:01.3
4枠7番ヤマカツグレース横山典54
2:01.3
7枠14番フローレスマジック戸崎54
2:01.3
3枠6番タガノアスワド国分恭54
2:01.6
8枠16番レッドコルディス北村宏54
2:01.6
7枠13番アロンザモナ柴田善54
2:01.8
5枠9番アドマイヤローザ岩田54
2:01.9
3枠5番ホウオウパフューム田辺54
2:01.9
6枠11番ビルズトレジャー田中勝54
2:01.9
7枠15番ニシノアモーレ大野54
2:02.0
1枠2番ザクイーン池添54
2:02.0
2枠3番キャナルストリート蛯名54
2:02.1
4枠8番ドリームマジック石川54
2:02.2
6枠12番ディーパワンサ内田54
2:02.4
2枠4番レッドミラベル吉田豊54
2:02.5
8枠18番ピスカデーラ荻野極54
2:02.5
8枠17番ラユロット木幡育54
2:02.7
5枠10番メイショウササユリ武士沢54
2:03.4

結果:-300円


例年通りの逃げ残りを許さないとばかりに、デンコウアンジュとクロコスミアが早めに逃げ馬を捕らえに行って勝負を仕掛けるが、クロコスミアは疑う余地のない重馬場巧者。良馬場の今回は、直線で後続に飲み込まれてしまう。
デンコウアンジュも2頭で上がっていったこともあり、オーバーペースに。最後は力尽きる。
その2頭を目がけて後ろから伸びてきていたのは人気のクインズミラーグロ。しかし切れる脚のないこの馬では最後の差し比べは分が悪く、また外を回るロスもあったか、フロンテアクイーンに交わされていく。
そんな2頭で決まりそうなところを、後方から直線一気でまとめて交わし去ったのはウキヨノカゼ。3歳のクイーンCで見せた豪脚は相当インパクトに残るものだったが、2年前のキーンランドでその豪脚を再び発揮したことで、てっきり短距離馬になったのかと思っていた。しかし、その末脚は距離不問だった。ピッチ走法で小回りコースのコーナーを勢い良く回って追い込んでくるその魅力は未だに健在。驚異的な切れ味で他馬を圧倒し、気が付けば重賞3勝の名牝に。やはり3歳の頃に強烈なインパクトを残した馬というのは、それだけの素質がある馬だということか。
ただ、例年通りのことだがウキヨノカゼを含めてこの上位勢がヴィクトリアマイルで勝負になるかというと、厳しいのではないだろうか。驚いたのはデンコウアンジュがまくる競馬で4着に粘ったことだが、一発の魅力でいえば雨限定だが同じように動いて失速したクロコスミアのほう。

1着:ウキヨノカゼ
2着:フロンテアクイーン
3着:クインズミラーグロ ◎
4着:デンコウアンジュ
5着:リーサルウェポン
結果:複勝140円的中 -160円
posted by ナイト at 21:37| Comment(0) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

マイラーズC&フローラS予想

ふつうにエアスピネルから流して、それでエアスピネルが着外というのが容易に予想できるので本命にしたくないが、東京新聞杯から斤量が1キロ減ることを考えればここで狙うのは当然の流れ。
ただ、軸は人気薄のヤングマンパワーにする。前走のようなスローの上がり勝負はこの馬は合わないと思っているが、京都の下り坂からじわっとペースが上がって最後まで流れ込むような展開になればチャンスがあるのではないか。
プロディガルサンは東京でないと走らないのではという気もするが、東京新聞杯の強烈な末脚はインパクトに残っている。
ブラックスピネルの前走は完全に展開がはまっただけだが、京都金杯2着をどう評価すべきか。ハンデに恵まれたか、実力か。

1枠1番サンライズメジャー松若56
2枠2番アクションスター佐藤56
3枠3番フィエロ福永56
4枠4番エアスピネル56
5枠5番ダッシングブレイズ浜中56
6枠6番ヤングマンパワー松岡56
6枠7番プロディガルサン川田56
7枠8番ブラックスピネルデムーロ56
7枠9番クルーガー松山56
8枠10番シェルビー四位56
8枠11番イスラボニータルメール57

ワイド各100円 4-6 3-6 6-11 3-4
自信度★★★☆☆


フローレスマジックは姉ラキシスのように距離をこなせるのか、兄サトノアラジンのように距離がこなせないのか。まさに半信半疑で本命には推せない。
よく分からないので、本命は2連勝中のホウオウパフューム。素直に人気に従う。
対抗は穴で同じハーツクライ産駒のレッドコルディス。前走は外々を回ってメンバー最速の上がりでよく追い込んだ。

1枠1番モズカッチャン和田54
1枠2番ザクイーン池添54
2枠3番キャナルストリート蛯名54
2枠4番レッドミラベル吉田豊54
3枠5番ホウオウパフューム田辺54
3枠6番タガノアスワド国分恭54
4枠7番ヤマカツグレース横山典54
4枠8番ドリームマジック石川54
5枠9番アドマイヤローザ岩田54
5枠10番メイショウササユリ武士沢54
6枠11番ビルズトレジャー田中勝54
6枠12番ディーパワンサ内田54
7枠13番アロンザモナ柴田善54
7枠14番フローレスマジック戸崎54
7枠15番ニシノアモーレ大野54
8枠16番レッドコルディス北村宏54
8枠17番ラユロット木幡育54
8枠18番ピスカデーラ荻野極54

ワイド各100円 5-16 5-14 14-16
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 15:37| Comment(0) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

福島牝馬S予想&オアシスS裏予想

わざわざ武が福島に行くのだからクインズミラーグロは本格化したのではないか。
あとは弱すぎて予想する気も出ない。逃げ残り警戒でウエスタンレベッカとペイシャフェリスあたりが面白そうか。
フロンテアクイーンもメイショウサムソン産駒ならそんなに信頼できるものでもない。
ウキヨノカゼは1800mでも飛んでくるのだろうか。

◎クインズミラーグロ 9
○ペイシャフェリス 4
▲ウエスタンレベッカ 12
複勝各100円 9 4 12
自信度★☆☆☆☆


マーチSの2、3着馬が中心やろ。特に人気でもディアデルレイには逆らいにくいわ。このコースで3戦3連対やからな。

◎ディアデルレイ 8
複勝700円 8

結果:-700円
3コーナーで終わっとるやんけ。京都10Rでディバインコードは乗り替わりられて勝つし、もうヨシトミは引退やろ。
posted by ナイト at 18:47| Comment(0) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

東京スプリント結果

ダノングッドが好スタートを決めるも、キタサンサジンがハナを主張しそのまま逃げ切り。
2着には後ろから追い込んだブライトライン。1200mに不安はあったが最後はすごい脚を見せた。
3着にはレーザーバレット。4着にはダノングッド。
ドリームバレンチノはスローの前残りの展開で差しを狙うも前が開かず、外に出している間に前に置いて行かれて5着。
今年の地方交流重賞は9戦して1回しか当たっていない。しかもその1回もトリガミ。本当に、腹が立つほど当たらない。地方競馬がどんどん嫌いになっていく。

1着:キタサンサジン ○
2着:ブライトライン ▲
3着:レーザーバレット △
4着:ダノングッド △
5着:ドリームバレンチノ ◎
結果:-400円
posted by ナイト at 20:20| Comment(0) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

東京スプリント予想

このメンバー構成なら、ドリームバレンチノを狙うことになってしまうのか。ロードカナロアに函館スプリントSで勝ったのはもう5年近くも前のこと。おそらくアサカディフィート、トウカイトリック、ルールプロスパー以来となる、中央の10歳馬の重賞勝利に期待がかかる。
相手は残りの中央馬でいいだろう。地方馬は今回は手薄。

◎ドリームバレンチノ 4
○キタサンサジン 10
▲ブライトライン 2
△レーザーバレット 8
△ダノングッド 5
ワイド各100円 4-10 2-4 4-8 4-5
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 20:44| Comment(0) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

皐月賞&アンタレスS&中山GJ結果

ファンディーナとカデナは早いペース、スワーヴリチャードは右回り、レイデオロは休み明け。人気馬が何かしらの不安材料を抱えていたが、その不安を克服できた馬はおらず、人気どころが総崩れ。
そんな荒れた皐月賞の主役に躍り出たのは、アルアインだった。毎日杯という例年では目立たないローテーションから駒を進めてきたこの馬が、その前走毎日杯で見せたしぶとさを存分に発揮。3コーナーで手ごたえが悪いと思ったものの、その後再び盛り返して見せた。不安材料と考えられていた距離延長も、高速馬場が味方したこともあってか、それとも本当に距離の壁がないのか、見事に克服。鞍上松山も待望の中央G1の初タイトルを手に入れた。
2着にはペルシアンナイト。こちらはアーリントンCからのローテーション。今年の牡馬は低レベルという前評判があったが、それは弥生賞やスプリングSのクラシック路線の重賞が低レベルだったために、例年ならレベルが劣るはずの毎日杯、アーリントンCなどのマイル路線の馬に今年はチャンスがあったということなのだろう。
3着にはダンビュライト。1、2着馬はまだ納得がいくが、この馬はどう考えても狙えない。ユタカマジックの一言に尽きる。
他に、ウインブライト、アウトライアーズのスプリングS組や、コマノインパルスあたりは今までと違った高速決着に対応できなかったか。これまでは中山の時計のかかる勝負で、外から上がっていき最後までしぶとく脚を伸ばす競馬で結果を残していただけに、時計の早い勝負でそれを差し切るような切れる脚はなく、通用しなかったのだろう。去年も皐月賞はすごい時計が出たように、最近の中山は開催が進むにつれて馬場が硬くなって時計が早くなるという、かつては考えられなかったような出来事が起こっている。
これでダービーが難しくなった。上位2頭は距離が2400mに伸びるのはマイナス材料に思えるので、スワーヴリチャードあたりの巻き返し、サトノアーサーあたりの別路線組も十分にチャンスがありそう。
ファンディーナは、好位からレースを進め直線で一度抜け出しそうな勢いがあっただけに、最後の切れ味では牡馬相手でも十分通用しそうな印象を受けた。ダービーがスローの上がり勝負になるようであれば、この馬にもチャンスがあっていい。

6枠11番アルアイン松山57
1:57.8
4枠7番ペルシアンナイトデムーロ57
1:57.8
5枠10番ダンビュライト57
1:57.9
8枠16番クリンチャー藤岡佑57
1:58.1
3枠5番レイデオロルメール57×
1:58.2
1枠2番スワーヴリチャード四位57
1:58.2
4枠8番ファンディーナ岩田55
1:58.3
8枠17番ウインブライト松岡57
1:58.3
2枠4番カデナ福永57
1:58.3
5枠9番プラチナヴォイス和田57
1:58.3
7枠13番サトノアレス戸崎57
1:58.4
3枠6番アウトライアーズ田辺57
1:58.4
8枠18番トラスト柴田大57
1:58.6
2枠3番コマノインパルス江田照57
1:58.6
7枠14番キングズラッシュ柴田善57
1:58.7
1枠1番マイスタイル横山典57
1:59.6
7枠15番アダムバローズ池添57
2:00.3
6枠12番アメリカズカップ松若57
2:00.5

結果:-500円


マリーンCのワンミリオンスもそうだったが、斤量2キロ増というのはそこまで影響があるものなのだろうか。グレンツェントが全く見せ場のないまま9着でレースを終える波乱の展開に。
そんな中、勝ったのはモルトベーネ、2着にロンドンタウンと、新興勢力のワンツー。内でロスなく立ち回ったとはいえ、モルトベーネは最後に1頭だけ脚色が違った。スッと抜け出す早い脚は、今後の活躍を期待できそうに思えた。
実績のあるロワジャルダンが3着に入ったが、こちらもロスなく立ち回ったおかげという印象で、4着にリーゼントロックが来ていたりと、世代交代を感じた。
アスカノロマンは5着。マーチSのようにもっと積極的な競馬のほうがこの馬には合っているのではないか。
ミツバは横山典弘の気分が乗らなかったのか、4コーナー最後方の競馬で11着。

1着:モルトベーネ
2着:ロンドンタウン
3着:ロワジャルダン △
4着:リーゼントロック
5着:アスカノロマン ○
結果:-400円


オジュウチョウサンがまたまた楽勝。これでJ・G1を3連勝。障害重賞を6連勝。去年の中山GJで初タイトルを手にして以降、この馬に付け入る隙は全く無く、誰も寄せ付けないこの強さは、歴代の障害馬の中でも5本の指に入るのではないか。
2着には今日は早めに動いたサンレイデューク。昔から末脚は素晴らしい馬だったが最後に差し切れないような場面が多い馬なだけに、襷コースで上手く立ち回って位置取りを上げられたのが大きかった。
アップトゥデイトは3着。かつて見せた、圧倒的なスタミナで後続を寄せ付けない競馬が徐々に影をひそめ始めた。こちらはそろそろ衰えが見えてきたのかもしれない。
タイセイドリームは4着。中山コースはそこまで合わないと思っているのだが、それでも4着に来たのだから今後はどのコースでも軽視はできない。
ルペールノエルは5着。中山大障害3着よりはメンバーが強化されたここでも再びの活躍を期待したが、大生垣前の襷コースで位置取り少を悪くしてしまったのが痛かった。
メイショウヒデタダはスタートから逃げて行った分、オジュウチョウサンらが上がってきたときに太刀打ちできなくなってしまい、そのままずるずる失速しまさかの最下位。立ち向かってはいけない相手に立ち向かってしまったというような印象を受けた。

8枠12番オジュウチョウサン石神63
4:50.8
4枠5番サンレイデューク難波63
4:51.4
5枠6番アップトゥデイト63
4:52.7
4枠4番タイセイドリーム平沢63
4:53.8
5枠7番ルペールノエル高田63
4:54.2
7枠11番アイティテイオー浜野谷63
4:54.8
2枠2番ウインヤード大江原63
4:55.3
3枠3番ワンダフルワールド森一63
4:55.7
7枠10番クリノダイコクテン植野63
4:55.7
8枠13番トーセンハナミズキ小野寺61
4:56.4
6枠9番ラステラ五十嵐61
4:56.7
1枠1番ティリアンパープル山本61
4:57.6
6枠8番メイショウヒデタダ熊沢63
4:58.0

結果:三連複1500円的中 +1100円
posted by ナイト at 21:10| Comment(0) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

皐月賞予想3&春雷S&福島民報杯裏予想

急に今になって、サトノアレスが怖くなってきた。人気薄の戸崎は何をやらかすか分からない。
ファンディーナ、カデナ、アルアインのディープインパクト産駒が怖いと思っていたが、もう1頭のサトノアレスももしかすると、という気がしてきた。ただ、スプリングSの内容を見ると買う気は全く起きないので、不安はあるが変わらず捨てることにする。
前走共同通信杯の馬が3年連続勝っているということでスワーヴリチャードは怖いものの、小回り適正が不安なうえ、内枠に入ってしまい、鞍上四位なら直線で大外に出して届かずのシーンが容易に想像できてしまう。評価を下げる。
カデナは、福永がおそらく末脚を活かす競馬をするために最後は外に出したいだろう。そうなると、この2枠というのもあまり良い枠ではない。直線で上手く外に出せればいいが、内で詰まってしまうか、それとも外に出すために後方から外を回す競馬をするしかなくなるかもしれない。どちらにせよこの馬にとっていい形になるとは思えない。ただ、同じ馬主のクリンチャーがおそらく飛ばして逃げるだろう。それがこの馬へのアシストになる可能性は高い。そういう意味で、後方一気を決めてしまうシーンも想像はできる。直線だけの勝負になれば、スワーヴリチャードよりはこちらが上だろう。
レイデオロはなんといっても仕上がりの不安。ダービーに向けての叩き台が皐月賞というイメージ。
前走のように早め抜け出しで最後まで粘り切ってしまうかもしれないという気がするのはアルアイン。ただ、サンデーレーシング、ディープインパクト産駒、池江厩舎の組み合わせで、本気でクラシックを取りに来るならば鞍上松山はないだろう。
ファンディーナはスローの楽な競馬しかしていないことが不安だが、それは牝馬だから捨てたいという感情が入っていることは否めない。レース内容を見ると相手が弱いかもしれないが圧倒的に強い競馬をしているのはこの馬。正直、ウオッカのダービーのようにここで圧勝してもなんらおかしくないと思っている。ただ、馬主ターフ・スポート。これを見るとどうしてもG1、しかも皐月賞のようなクラシックを勝てる気がしない。
そういう意味では、本命にしたウインブライトも、所詮はウイン。こちらもクラシックを勝てるかというと怪しいが、マイネルがマイネルキッツで天皇賞春を勝ったくらいなのだから、ウインがクラシックを勝ってもおかしくはないか。

1枠1番マイスタイル横山典57
1枠2番スワーヴリチャード四位57
2枠3番コマノインパルス江田照57
2枠4番カデナ福永57
3枠5番レイデオロルメール57×
3枠6番アウトライアーズ田辺57
4枠7番ペルシアンナイトデムーロ57
4枠8番ファンディーナ岩田55
5枠9番プラチナヴォイス和田57
5枠10番ダンビュライト57
6枠11番アルアイン松山57
6枠12番アメリカズカップ松若57
7枠13番サトノアレス戸崎57
7枠14番キングズラッシュ柴田善57
7枠15番アダムバローズ池添57
8枠16番クリンチャー藤岡佑57
8枠17番ウインブライト松岡57
8枠18番トラスト柴田大57

ワイド各100円 8-17 4-17 2-17 11-17 5-17
自信度★★☆☆☆


ひどいメンバーや。勝ち上がりの勢いだけでキングハートが本命や。オウノミチが前走3着で復活気配やが、内ラチ沿いの立ち回りがよかっただけでまだ信用できん。
他には時計勝負で通用せんフィドゥーシアはもしかしたら中山でチャンスあるかもしれんな。
あとはコスモドーム、アルティマブラッド、サザナミあたりやろか。
決めきれんからたまには違った買い方するで。

◎キングハート 7
○フィドゥーシア 10
▲コスモドーム 1
△アルティマブラッド 15
△サザナミ 4
馬連BOX各100円 7 10 1 15 4

結果:馬連5620円的中 +4620円
こんなわけのわからんレースで、大本線的中で、しかも上位4頭まで当たっとるがな。自分でも信じられんわ。そのくせして実際の馬券は外したんやから意味が分からん。


シャイニープリンスが津村やったら買う気せん。
前走信じられん末脚使ったトルークマクトは、信用してええんやろか。馬主ミルファームの時点で胡散臭いが、この馬はようわからん。昔は1200mで勝って、そのあとはローカル巧者やと思っとったのに、最近は東京の長距離でしか勝負になってなかったんや。それが前走はディープ産駒の庭のはずの阪神の1800mでものすごい脚見せたんや。さっぱり分からんわ。
それやったら、ケイティープライドあたりやろか。マイネルミラノは雨降らん限りは、北海道まで様子見や。
あとは、サンデーウィザードや。前走は小倉で最後方からの直線一気や。最近の小倉であの競馬する馬はなかなかおらん。小回り巧者かもしれん。

◎サンデーウィザード 14
○ケイティープライド 11
複勝各300円 14 11

結果:複勝570円的中 -30円
シャイニングレイが途中から暴走してマイネルミラノが大得意のハイペース2番手追走の形を作り上げてしもたんやで。北村友一は反省せえ。
posted by ナイト at 00:50| Comment(2) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする